忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

CSI:マイアミ3−3「愛の奴隷」

マイアミの人事権を握っているのは誰なの?
制服警官、そのままCSIへ異動(笑)

新メンバー、ウルフ登場。
ホレイショに会いに来てちょっと面接らしきものをして
「少し待ってくれるかな」
1〜2日かと思ったらそこに座ってだと。そんなに即決?

前回ホレイショ自ら仕事をしていたように
人手不足なのは明らかなので増えるのはいいけれど、
指導する立場の人もつけないで放り出すのはどうなんだろう?
カーリーがついていたようなものだけれどさ。
頑張って捜査に励むウルフを微笑で見つめるホレイショは…(苦笑)
いきなり一人で仕事を任されたりしたら勘違いしても仕方ない。
生意気君に見えたよ。

ウルフの事件は、カーリーのお父さんが起こしたかもしれない飲酒人身事故。
結局は殺された直後の人に車で乗り上げていたというもの。
しかし半年振りに飲んだという酒の話は嘘。
飲酒運転は追及なし?
カーリーが飲ませたことで事実は証明できないということか。

もう一つはストーカー操り男。
知っている人が殺された部屋に平気で住んでるってのが変。
死亡事件がありました、というのを承知で住むにしてもせめて知らない人であってほしい。
平気なはずだよ、住みたいがために自分で殺したんだから。
そこまでついて来ていたストーカー女性の心理を利用しつくして地位も部屋も手に入れるという堕ちた男。
脅迫される恐れがないからいい気なもんだ。
弁護士を雇ってあげたのは罪の意識じゃなく、感謝の気持ちなんじゃないの。

人員が補充できて安心してサングラスの着脱に励める、と胸をなでおろすホレイショでした。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 道産子
  • URL
  • 2007/09/22(Sat)07:02
  • Edit
シーズン3スタートからド派手な展開が連続しましたが、今回は通常エピという感じでした。

新メンバーのウルフはキャラがまだわかりませんが、だるそうなスピードルが懐かしいです。

無題

  • by yasishi
  • 2007/09/22(Sat)10:03
  • Edit
◇道産子さんへ
S3はスピードルの死というショッキングなスタートでしたからね。
ウルフの初捜査ということで、極普通の事件だったのでしょうか。
私は残り1話でS3が終わるのですが、ウルフはずっとこんな感じといった印象です。
思うに初捜査で全部任せちゃったホレイショのせいではないでしょうか。
ホレイショに対する微妙なため口がスピードルの魅力だったので、物足りないシーズンだった気がします。

TRACKBACK

Trackback URL:

CSIマイアミ:第51話「愛の奴隷」"Under the Influence"

  • URL
  • 2007/09/22(Sat)
店からおびえた様子のカトリーナという女性が出てくるが様子がおかしい。人ごみを掻き分けるように進み、バスへ突き飛ばされて死んでしまう。 デパートの警備員が万引き犯を逮捕したところ、被害者の女性の財布を持っていた。 ホレイショとイエリーナが尋問するが、エレベータでレーザーポインターを背中に押し当てて財布は奪ったが、殺してはいないと主張する。 現場で聞き込みを行なったパトロール警官のライアン・ウルフがCSIに売り込みに来る。優秀な警官であるためホレイショは拳銃の手入れの様子を見て採用する事に...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]