忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

楊徳昌監督

今朝の新聞で知りました。
59歳、結腸がんによる合併症とのこと。

最近どうしているのか知りませんでした。
病気と闘われていたのでしょうか。
最後の作品も2000年の「ヤンヤン 夏の想い出」のようです。
中華圏の映画に関心を持ち出し、侯孝賢監督に魅せられ始めた頃に期待される監督としてよく取り上げられていました。
作品リストを見ると、どうやら私が見ていないのは「ヤンヤン〜」だけのようです。
楊監督は「クーリンチェ少年殺人事件」で張震を私たちに教えてくれました。
この時まだ少年だった彼が後に本格的に俳優となるのはこの映画あったからなのではないでしょうか。
もちろんお父さんの影響もあったのでしょうが。
見知った名前の方が亡くなるのはなんともさみしいものです。
ご冥福をお祈りします。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Garoto
  • 2007/07/02(Mon)20:12
  • Edit
とてもショックです。
監督の作品は全然DVD化されてなくて、台湾でも必死でソフトを探してましたがやはり見つかりませんでした。
私は「カップルズ」で衝撃を受け、あの映画は何度も観返しました。
これはビデオで持っているんだけど、もうボロボロです。
「ヤンヤン」は劇場で観たけれど、あれが最後の作品になってしまったんですね。
もう一度じっくり観たいな。
というわけで是非全作品のDVD化を望んでいます。

無題

  • by atsumi
  • URL
  • 2007/07/03(Tue)20:30
  • Edit
偶然考えてたんです、新作聞かないなあどうしてるのかなぁって。そしたら訃報が。ショックです。
私はヤンヤンがとても好きでDVDも持ってます。
エドワード・ヤンを教えてくれた友達もガンで闘病中で、二重に哀しくなってしまいました。

無題

  • by yasishi
  • 2007/07/04(Wed)09:58
  • Edit
◇Garotoさんへ
この記事を書いた時よりも今の方が喪失感というかぽっかり感が強い気がします。
DVDになっていないとは意外でなりません。
すごく好きだったというのとは違いますが、観たい監督でした。
結局好きだったということでしょうね。
もう一度観たくなるきっかけが訃報だなんて。


◇atsumiさんへ
映画は主にDVD、テレビという私でも一応新作情報は気にしたりするわけです。
ドラマは米国派ですが、映画はアジア派、さらに傾倒するきっかけになった世代の監督さんの作品は特別な想いで待ってたりします。
それがどうしてるかなあ、と思ったら訃報が、なんて。
atsumiさんもお好きな「ヤンヤン〜」を私は観ていないなんて。
観なければ、という気持ちと今はまだ…が同居してしまいました。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]