忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

HOUSE2#19「ハウスVS神」

見終えて優しい気持ちになれました。
正しいお父さんに出会えてよかったです。

教会で歩行器の女性をひとりで歩かせた直後に倒れ病院へ運ばれた15歳の少年ボイド。
彼は神と話ができ、奇跡の治療を行っているという。
病院でもキャメロンのフォアマンへの怒りを見透かしたり、ハウスのポーカーの予定を知っていたり、と不思議なことが起こる。
最たるものはボイドがウィルソンの患者に触れたら腫瘍が小さくなったこと。
彼は本当に奇跡を起こせるのか?

原因は性行為で感染したヘルペス。
世間に触れすぎていて普通の15歳よりはおませさんだったのか。
幻覚も幻聴もそれで説明がつくらしい。
ヘルペスが伝染して患者の腫瘍を一時的に小さくしたとか。
この可能性に思い当たった時に「子宮頸癌の患者に狂犬病のウィルスを与えたら腫瘍が小さくなった」とか言ってたけれど、どうしたらそんなことしてみようと思いつくのですか?(笑)

心霊相談、予言、占いといったものは高度な観察力&リサーチのうえに成り立っていると思うので信じてない。
ボイドがやっていたような神の名の下での治療も効果が出る人は仕込みの人だと思ってる。
「サイキック・マフィア」なんて本を読んだせいでしょうか。
歩けなかった人が歩けるのは催眠や気分の高揚で、ということはあるかもしれないけどその場だけのこと。それは治療ではない。

ボイド父子も拝金目的でやってるんだろうな、と思った。
でもなんと、お父さんは本当に信仰心の篤い人でした。
息子のヘルペス感染の可能性を聞いたら途端に正しい父親として「服を脱いで見せなさい」、
回復した息子にも「先生に謝ってきなさい」。
救われた想いがしました(笑)。
ボイドが水を飲みたがる時にも、ペットボトルに病院の冷水機の水を入れて飲ませてる。
これも拝金主義ではないことをうかがわせる(笑)。
子どもを平気で食い物にする親が多い中(そんなのばっかり見てるとも言う)、毅然としたお父さんに出会えたことが嬉しかった。
でもボイドは5歳の頃からこうらしいけれど、それは何だったのだろう。
感受性の鋭い子どもだったということかな。

ボイドがハウスのポーカーの予定を知っていたのは、
ボイド←ウィルソンの患者(女性)←ウィルソン、という図式。
本人たちに細工の意識はなく、ただの会話から。
ボイドが観察力に優れているということは確かだな。
ウィルソン→患者(女性)というのは…。
早くそこを出てハウスの家に戻りなさい!としか言えません。

4872335678サイキック・マフィア―われわれ霊能者はいかにしてイカサマを行ない、大金を稼ぎ、客をレイプしていたか
M.ラマー キーン M.Lamar Keene 村上 和久
太田出版 2001-03

by G-Tools

ちょっと紹介。
人気霊媒だった著者が実態を告発するという本。
人を信用させるための組織力はまさにマフィアのそれ。
そんなところに何かに縋りたい人が飛び込んでくればもうあとは思いのまま。
それまでも信じていたわけではないけれど、衝撃を受けた。
今回、amazonで探してみてさらに衝撃が。
1600円で買った(珍しい・笑)本が、ユーズド価格がすごい!
5490円が最安値!
私のも保存状態良好なので売るか?(笑)

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by rosedale
  • 2007/11/02(Fri)12:56
  • Edit
やっぱり金目当てのインチキ親子だと思いましたよね(^^;)。何でもお見通しな部分は、ボイド本人はどう思ってたんでしょうか。細かく観察した上で得た情報ってこと、自覚してたんでしたっけ?お父さん、信仰心は強いけどちゃんと現実も見える人で良かったです。

サイキックマフィア、面白そうですね。でも、アメリカ密林でも25ドル弱する(--;)

無題

  • by josetangel
  • URL
  • 2007/11/02(Fri)14:08
  • Edit
私はそんなに金目当てには見えなかったです。やる人はもっとそれらしい格好をしていたり、言動があったりするでしょう。
お父さんそこそこ信仰深くて、きっと疑いながらも息子の奇跡を否定しきれなかったのだという感じがしました。どこか弱みがあったのかな。
どちらかというと、医者としてウィルソンがあぶなっかいしい印象でしたね。ハウスから追い出されたから?
こちらからもリンクを張らせていただきました。どうぞよろしくお願いします。

無題

  • by yasishi
  • URL
  • 2007/11/02(Fri)14:12
  • Edit
◇rosedaleさんへ
どうしたってインチキ親子ですよ。
でもお父さん、本当に信じてたんですよね。
なんて素敵なお父さんなのでしょう。
娘に手を出したりとかそんなのばっかり見てたので、今回は見てよかったなあとしみじみしました。
そういえば、ボイドは観察力を自覚してやってましたと告白してましたっけ?
こっちの想像だけで決め付けてしまいました。
サイキック・マフィア、よかったですよ。
発売間もない2001年の誕生日記念に買いました(笑)。
細かいことは忘れてますが、衝撃を受けたのは覚えてます。
ちょっと読み返してみようかな。
それにしても何故こんなにユーズド価格が高いのでしょう?
状態もよく帯もついたままだし、売ることを本気で考えてしまいそうです。

無題

  • by yasishi
  • URL
  • 2007/11/02(Fri)14:36
  • Edit
◇josetangelさんへ
お金目当てに見えてしまったのは私が歪んでいるからなのかな?(笑)
とりあえず、立派なお父さんだったということでボイド君もこの先の希望が持てます。
ウィルソンはどうしてしまったのでしょうね。
「病気の人を好きになっては健康になったら離れられてしまう」というハウスの言葉も気になります。
リンク、ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いしますね♪

無題

  • by suubi
  • URL
  • 2007/11/02(Fri)22:37
  • Edit
冒頭、「医学は主の力には及ばない」
なんて説教しときながら、倒れた途端
「パパ、病院へ連れてって」と言ったあたりで
すでに普通の子な感じもしましたね(笑)
yasishiさんのおっしゃるように、パパが良い人で
良かったです…。

ところでyasishiさんは、スピリチュアルな
江原さんは信じてますか?

無題

  • by yasishi
  • 2007/11/03(Sat)11:01
  • Edit
◇suubiさんへ
冒頭はつっこみどころでしたよね(笑)。
自分は医者に行くんかい!って。
インチキじゃないけれど真実ではなかった、と擁護したいのはやはりお父さんのおかげでしょうか。
最近のテレビドラマの中では珍しく正しい父親で気持ちよかったです。
それもそのはず、rosedaleさんのブログで読みましたが、お父さんの人はアメリカンヒーローのウィリアム・カットだそうです。
正しい人で当然です。
>スピリチュアルな江原さんは信じてますか?
文面からお察しいただけると思いますが、信じませんね。
何かが見えるのではなく、リサーチが基本だと思ってます。
でも、それに頼りたい、縋りたい人を否定はしません。
それが支えになって前向きになれるならいいと思います。
許せないのはそうと知りながら食い物にするやつらです。
そういったことが紹介した「サイキック・マフィア」に書かれてます。
発売された頃に買ってるくらいなので、ブームを否定しているわけではないということがおわかりいただけるかと…(笑)。

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2007/11/03(Sat)14:08
  • Edit
Wiliiam Kattもずいぶんオヤジ化したなと思いましたが、ここで元祖アメリカン・ヒーローが正しい父親像を見せることが大切だったんでしょうね。
サイキック系ドラマを観すぎているせい?で、ボイドの能力も信じかけてましたが、ヘルペスのウィルスが腫瘍を小さくするという部分には驚きました。
しかしウィルソン、患者とはやっぱりマズイと思いますよ。ハウスの家に戻って正解でしょう。

無題

  • by びち
  • URL
  • 2007/11/03(Sat)21:15
  • Edit
胡散臭い親子だなぁと、はなから思ってみてしまったので、この親子、得にお父さんの心の清らかさには、全く気づけませんでした。
そう言われれば、そうですね。。。
私はどうもお父さんが、子供の異変に気づかなかった事の方が問題に思えて。
いつも一緒にいたみたいなのに、息子は普通の子だと知って、さぞかし失望したかなぁとか、そんな事を考えました。
私は、ひどく勝手な信者ですので、調子が悪くなると、ひたすら神様の存在を信じます。爆
TBさせていただきます。

無題

  • by yasishi
  • 2007/11/04(Sun)10:07
  • Edit
◇びちさんへ
>お父さんが、子供の異変に気づかなかった事の方が問題
本当だ!普通の家庭よりも密な生活をしていたはずですよね。
それなのに気づかなかったのは問題です。
アメリカンヒーローなのに。
…自分の間違いに気付いて正しい道に戻れたということで大目に見ます(苦笑)。
>調子が悪くなると、ひたすら神様の存在を信じます
みんなそんな感じですよ、きっと。
普段から意識しているような熱心な人はこういったところには出向かないだろうと思いますよ。
私なんかふだん何も信じてないくせに困ると「ああ、誰か助けて!」ですよ。
「神様」じゃなくて「誰か」ですよ。おバカ加減にもほどがあります。
TB、だめだったみたいです。
seesaaの気まぐれかも。

無題

  • by りり・か
  • URL
  • 2007/11/06(Tue)15:38
  • Edit
こんにちは!
信仰治療って何かからくりがあるんだろうと思いつつ、なんだか分からないもどかしさがあるのですがそれをすっきり今回は医学的にハウスが説いてくれたのでとってもスッキリ気分でした。

ハウスも洞察力すごいですよね。しっかり、がん患者の自宅へ出向いているチェイスに彼氏は戻らないっと彼氏はウィルソンと見抜いてしまいましたものね。
ハウスvs神はハウスの勝利ですね。
TBさせていただきました。

無題

  • by yasishi
  • 2007/11/07(Wed)11:39
  • Edit
◇りり・かさんへ
信仰治療は信じてないので、ハウスの勝利は信じてましたよ。
観察力の鋭さからいえば、ハウスもボイドのようにやれるんじゃないかとさえ思いますね。
ウィルソンは意外とまめなんだな、と評価をあげさせといて患者の部屋へ、とか落差の激しい人です。

TRACKBACK

Trackback URL:

HOUSE S2-#19 House vs. God

  • URL
  • 2007/11/02(Fri)
アメリカン・ヒーローも立派なお父さんになりました(笑)。 医学より神の力の方が上だと教会で演説している最中に倒れた「奇跡の少年」ボイド。何でもお見通しだし、ヒーリーング力も持っているらしいボイドだが、自分は幻覚を見たりして悪化していく一方。ボイドが触れた患者の腫瘍は縮小。彼の「奇跡」はどこまで本当? 医学<神って言った次の瞬間、自分が倒れたら「医者呼んでくれ」って(爆)。即、インチキ伝道師だと思っちゃう私って夢がないね(^^;)。何でもお見通しなのは、人のことをよく見て、細かいところまでしっかり聞いているから。奇跡の少年を引退しても、その観察力はどこかで役に立つことでしょう。...

『HOUSE』 シーズン2 第19話 “ハウスvs神”

  • URL
  • 2007/11/02(Fri)
信仰治療師である15歳の少年ボイドが、教会でけいれんを起こし、 病院へ運ばれます。 神と話ができるらしいボイドに、ハウスチームは戸惑っている様子─ 前回から引続き、微妙な...

House M.D. 「ハウスvs神」

  • URL
  • 2007/11/03(Sat)
神の声を伝え、病んでいる人を治す力を持つ15歳の少年ボイドは 教会で歩けなかった人を奇跡的に歩けるようにした後、 自分が痙攣して倒れてしまいます。 腎臓機能に問題があるかと...

Dr.HOUSE2 #19「ハウスvs神」

  • URL
  • 2007/11/04(Sun)
 神からのメッセージが聞けると布教活動をする15才のボイドが、体の痛みを訴え病院に運ばれてきた。彼には特別な力があるといい、倒れる前も歩けなかった老女を歩かせるという奇...

HOUSE2 第19話「ハウスvs神」

  • URL
  • 2007/11/06(Tue)
今回のお話はタイトルどおりの神と話が出来ると言う信仰治療師の15歳の少年とドクターハウスの戦いでした。医学VS信仰治療。なかなか面白いお話でした。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]