忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サード・ウォッチ#76「崩壊」

建築現場で正規の労働者とスト破りで働く者の間で揉め事が起き、仲裁に呼び出されたサリー&デイヴィス。しかしその目の前で足場が崩れる。ドクが新人と組むためカルロスはキムと組み腕を怪我した女子高生の処置にあたるが、後に「身体に触れられた」と訴えられ逮捕される。

サリー復帰おめでとう!
前回までの濁った顔つきとは違い、純粋に仕事のできるありがたさを感じているよう。もちろん、友だちのありがたさも。
「かまわないでくれ、大丈夫だ」をその通りにとらえてはいけないことの見本。
デイヴィスが実直なだけでない、篤い心をもった男でよかった。
足場の下敷きで救出待ちの男の語る他愛もない夫婦喧嘩の話に時折見せる複雑な顔は気になるが「電話するか」と気遣えるから大丈夫か。
下敷きさんは搬送中に心停止になったらしいが助かったかな。サリーの心が彼の生死にかかっているようで…。

人の心にまで考えは及ばないが仕事はできる救急新人の話もあるが今後尾を引きそうなのはカルロスの逮捕。
女子高生の腕をつる処置時に身体に触れた、これをセクハラと訴えられる。
一度そう思うと勇気付けるための肩たたきも触るためとしか思わないんだろうな。
テレビで見る限りでは(笑)この時カルロスに下心があったとは思えない。
でも現場到着時「女子高生だ~!」って喜んでるし、日頃の女性とお付き合いしたい病を見ているキムには不愉快かも。
その一方で「カイリーと動物園に行けるんだ」と喜ぶ顔もあるわけだけど。

ボスコとフェイスは久しぶりに正規コンビ。
救急新人に犯人を逃がされるというピンチはあったがなんとかセーフ。
手錠を自前で買うというのはびっくりした。
しかもボスコは高級手錠を買ったようでフェイスに呆れられてた。
何もかもが犯罪防止課譲りのようで。かぶれてるとも言う?(笑)
一方のフェイスはエミリーの「撃った人の人数は?」に悩むが正直に接したことで信頼をえられたよう。ヨーカス家はこのまま落ち着くのかな?

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

セクハラカルロス

  • by Garoto
  • URL
  • 2008/01/17(Thu)20:11
  • Edit
そんなこともありましたね・・・しみじみ。
怪我の治療をしただけで訴えられるなんてたまらないと思いましたが
カルロスにとっては自分を見つめなおすいいきっかけになったわけで
だんだんカルロスの暴言が減ってきてしまうので寂しいんですけどね(苦笑)

Re:セクハラカルロス

  • by カクテキ
  • 2008/01/18 10:29
Garotoさん、
>だんだんカルロスの暴言が減ってきてしまう
それは残念。ドクがカリカリしないですむのは朗報でしょうけれど。
ああいう時は女性が担当するとか、治療する側も気を使わなければならないのでしょうか。
予告、消防のみんなからの冷たい視線にさらされているカルロスが不憫です。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]