忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サード・ウォッチ#79&80「コラテラル・ダメージ 前後編」

前編
手を尽くしたもののエミリーの意識はなかなか戻らず。手を握るしかできないフェイスは自分と母との確執を思い出し輪をかけて落ち着かなくなる。 見舞いに来てくれた母親にも不満を吐き捨てるようなことしか言えず自己嫌悪にはまる。ようやく目覚めてくれたエミリーの謝罪の言葉を遮り母親として娘の無事を心から感謝するフェイス。
ドク&キムが搬送した薬物中毒患者は犯罪防止課のクルーズの妹だった。行動を共にしていたボスコは妹かわいさから捜査とは思えない立ち回りに振り回され当惑。それでも何とか妹からドラッグ工場の場所を聞き出し、一掃しようとするが妹が土壇場で寝返る。工場に飛び込み警察が来ることを告げると主は薬品を投げクルーズやボスコを巻き込んで家は爆発。

娘死亡でごたごたするのは嫌だし、安易な人死にも嫌だからエミリーが目覚めてよかった。
目覚めた時の「謝らなくていいよ」はこの後も続いてくれるのだろうか。
自分の母親や医者に啖呵を切ったようにエミリーの言葉を信じて守ってあげられるのだろうか。ここのうちは不安定だからな。
もうひとつ不安定な家族(姉妹)が登場したのも心配だ。
警察官のヤク中妹、姉妹共爆発に巻き込まれどうなることやら。
クルーズの強引な捜査に熱血とは違うものを感じたボスコは戸惑い気味。
でっち上げ捜査(未遂)や虚偽の臨終の宣告を目の当たりにしているだけにね。

後編
燃えるドラッグ精製工場に消防や警察が到着するが、通報したボスコの姿が見当たらないことに不安を感じるデイヴィス。中にいるのなら崩落の危険があるため放水ができない。火の手の中、なんとか安全な場所を確保したボスコはようやく外との連絡がつき地下室にいることを告げ救助される。

スパドラのエピソードガイドによるとサリーの人が監督。気分が悪いからお休みではなかったと判明(笑)。
サリーの天敵チェフチェンコのRoy Scheiderが2月10日に亡くなられたとか。

火災の中、ボスコの活躍はさすが。やはりこの前の「クリミナル・マインド」は気のせいだったんだ(笑)。
病院へ搬送されたあと見舞ってあげるのもボスコらしい。事件で妹を亡くすことになってしまったクルーズの家を訪ねるのも実にボスコらしい。
フェイスのことが心配だったらそうしてるもの。
だらかこれもヨーカス家を訪ねることと違いはない!と思ってたのに。ああ、そうですか。他の女性には感じなかった嫌なものを感じるのは何故だろう?
オープニングにクルーズの人の名前も登場するようになったのでこれが続くのかね…。

意識の戻ったエミリーは退院。一揉めあるかと思ったが「差し出されはしたが、ドラッグをやったのは自分」の素直な告白を真摯に受け止める大人のフェイスだった。母親への暴言も悔いてるし。本当にヨーカス家は落ち着いてしまったのだろうか。
フェイスの回想で警察学校時代が登場。ボスコと同期だったんだ。
初日から「母ちゃん」呼ばわりで何も変わってないボスコが微笑ましい。
お互い苦手分野を助け合いながら卒業に至った「友」と呼ぶのにふさわしい相手。
ただ、フェイスの警官志望の理由がフレッドとの離婚を前提にしていたとは。それを聞いても穏やかでいてくれるフレッドでようございました。
しかし回想シーンのカツラは…(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]