忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

第一容疑者「裁かれるべき者 前編」

マンチェスターに赴任して10日のテニスン。事件捜査ではなく学校での講演をこなしていた。バリンジャー警視正に不満を訴えているところへ立て籠もり事件の報が届き、赴任後初の事件を担当することになる。
団地の一室の前に撃たれて死亡した男、室内には怪我をしている男(マイケル)がいるが犯人が立て籠もっているとの情報から警官は踏み込めないでいた。そこへ街の有名人田口トモロヲストリートが現れ、室内へ入り怪我人を救出。犯人はいなかったようだ。ストリートは捜査に協力を申し出るが、彼は地元を取り仕切るギャング。真意のほどはわからない。

事件のポイントはテニスンがどうでもいいと考えていた学校での講演活動にあった。
そこで「望むものは法と秩序」と吐き捨てたキャンベルが「撃ったのは自分」と名乗り出る。理由は語らないし、ギャングとのつながりもわからないので帰宅させるとその直後にキャンベルの指紋だらけの銃が発見される。
呼び戻さなければ、と思ったが時既に遅く、キャンベルはストリートの手に渡っていた。
お姉ちゃんのBFのマイケルは優等生ぶってるけれどストリートの一味、お母さんにも麻薬を売りつけてだめにした、これがキャンベル少年の犯行動機。
本当に殺したかったのもマイケル。でも間違ってストリートの一の子分を殺してしまったのでストリートが制裁を加えたがっている、というのが真相。
拉致されたところで前編終了。さてキャンベルは助かるのか?そして警察内部情報がストリートに伝わるのが早過ぎることの理由は?

冒頭、講演に向かう途中窃盗事件を目撃しても車を走らせるテニスン、嫌だったなあ。「私は警官です、すぐ人を寄越します」くらいのこと言えんかね。
捜査本部でも寄せ付けたくありません、という感じだし。北部では女性のトップは珍しいという言葉も影響しているのかな。
テニスンだけでなく極秘で捜査進めてる女性刑事もいるし、どっちもどっちだな。でもバリンジャーから「彼女は進んでテニスンの下でやりたいと言ってきた」と聞いたら途端に雪解けだ。
またもや違う男性とそういう仲になるのもなあ…。上司だし不倫だぞ。
ここらへんが彼女を好きになれないところだな。今回はハスコンズもいないし。
それにしてもストリートはトモロヲさんによく似てる。

第一容疑者のページを見にLaLaのHPへいったら
クローザー、第3シーズン8月放送との情報が!
第1・2シーズンの2話ずつ再放送が終わったらか?と思っていたので8月では遅い気もするけれど(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]