忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

名探偵モンク5 #5「「恋のレッスン」

夜中に侵入した強盗が妻を撃ったので犯人を殺したと通報したシャーマン。警察は正当防衛の主張を受け入れる方向だが、強盗なのに靴の裏を拭いているとか搬送される妻の遺体に無関心、シャーマンが犯人と直感するモンクさん。

ジュリーのBF騒動がどう結びつくのかと思ったら、遊園地でとったジュリー&ティムのラブラブ写真付きTシャツに狂言強盗の密談中のシャーマン&強盗役が映り込んでいたからとは。ラブラブTシャツを捨てさせなければ!と二人を別れさせることを画策したということだ。密談はもっとすみっこでやりなさい(笑)。
シャーマンは寝返ったのではなく、いくら高価とはいえ絨毯の盗難保険よりも奥さんの生命保険の方が高額だからでしょうか。愛人もいるし。
突き止める方法が、二人の接点を探って~だったけれど強盗役を撃った後、シャーマンが絨毯を汚さないように死体を動かしている痕跡とか見つけて欲しかった(笑)。ほとんどお目にかからない捜査陣の靴カバーもシャーマンが要求したのではないだろうか(笑)。
ディッシャーはビデオで裁判所で二人が話しているのを発見しお手柄。フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの裁判所での密談に本気で理由を探すほどの捜査熱心さも披露。テレビに丸を書いた事くらい何でもない。
こんなに活躍したのに次回のタイトルは「ディッシャーの大手柄?」だ。もっと活躍するのだろうか。最後に「?」がついてるのは予告にディッシャーの姿が一切映ってないことと一緒に気にしないでおこう。
でも今回の本当のヒーローはジュリーのBFティム。飛び込み選手であることがとても役に立ち、ジュリーの心も取り戻せましたとさ。
主役のモンクさんは人のことにはかかわれないのを自覚しているのは結構ですが「義務は果たしましたよ」とばかりにジュリーじゃなくてナタリーに向けて話してるのはどうかと思う(笑)。
でもそれがジュリーの心に響いたようで何が味方してくれるかわからない世の中というものを感じました。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Anne
  • URL
  • 2008/05/02(Fri)12:15
  • Edit
たびたびこんにちは。
>密談はもっとすみっこでやりなさい(笑)。
本当ですよね~。人がいっぱいいるところのほうが、却って目立たないと
思ったのでしょうか。もっとちゃんと周りに気を配ればいいのに。
おかげでティムはTシャツ燃やされちゃってかわいそうに。
テレビに思いっきり丸を描いているディッシャーは「らしかった」ですね。
次回の大活躍がどんなものなのか、期待しています。
TBさせていただきます。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/05/03 08:55
人がたくさんいるから遊園地を選定したまではいいですが、その中の場所取りに配慮が足りないです。
少なくとも写真屋さんのそばは離れるべきです。
それだけの知恵だからこういうことになるのでしょうけれど。
ジュリーの重要性は思いつかなかったのでそういった意味では新鮮なことをしてくれる犯人でした(笑)。
そしてこちらも1回休みでディッシャーの活躍を予告しておきながらのおあずけです。
NHKはわざとやっているのでしょうか。

TRACKBACK

Trackback URL:

名探偵モンク5 第5話 恋のレッスン

  • URL
  • 2008/05/02(Fri)
Monk 5 #5 Mr. Monk and the Birds and the Bees originally updated on May 1, 2008 ある家に盗みにはいった男デューイ(ドルー・スターリン)は、そこで家主と鉢合わせる。 家主のロブ(ヴィンセント・ヴェントレスカ)が保険金を目当てに、高級じゅうたんを、 デューイに盗んでくれと頼んだのだ。ところがデューイと共犯者だったはずのロブは、 懐から銃を取り出し、デューイを射殺。銃声を聞いて驚いて階下に降りてきた妻の、 パム(ラリサ・ミラー)...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]