忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

CSI:NY3 #22「暴かれたコールドケース」

「コールドケース」のスコッティ登場。
これはCSIシリーズ同士のクロスオーバーエピソードとは違い、ただスコッティがフィラデルフィアから事件を持ち込んでまいりました、という感じ。
身も蓋もないことを言えばスコッティでなくてもよかったような(笑)。
これはステラという人を知るためのエピソードだもの。
里親のもとで育てられたとは聞いていたが、男親のほうはこういうドラマでよくいるタイプのろくでなし。
「今日は親友として来たけれど、明日は刑事として来なければならない」
マックが聞いたらどういうかな?
そのマックの窮地は、ジュリアーノの息がかかっているせいだったとは。
現市長の派閥とは違うのね。
現場の捜査官なのに根絶やしにしたくなるほどの実力者なのだろうか。
スコッティが持ち込まなかった純NY事件は今回も…(苦笑)。
命懸け投稿ビデオでの賞金を得るため無茶をしすぎました。
事故だったわけですが、例によって取調室のドンちゃんは友だちを責め立てました。
彼は紐も切ってないし、ビデオを投稿したのもネットセレブになりたかった彼への精一杯のお弔いの気持ちから。
最後に彼が喜ぶことを歯を食いしばってしてあげたのでした。
彼は本当に親友だったのかもしれない。でも止めてあげるのも親友にしかできないんだよ…と思う。

見当違い捜査のドンちゃん♪と喜んでましたが、もしかするとわざとやってるのかもしれないと思えてきました。
強気に見当違い案を押し付けることで、ちらつく逮捕を恐れて真実を話すのを期待しているのかもしれません。
少なくとも今回はそう感じる部分もありましたが、やっぱり大抵は本気かも(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Jasmine
  • URL
  • 2008/06/04(Wed)14:00
  • Edit
スコッティが登場したのに、ステラがメインのストーリーだけに
見せ場もなく、帰って行きましたね。
マックの方は単なる嫌がらせだけでなく
政治まで絡んで来て、大変そうです。
TBさせて頂きました。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/06/05 09:18
あまりスコッティを登場させた意味が感じられませんでしたよね。
コールドケースのほうでは一切この件には触れられてないですよね、きっと。
同じ声のはずなのに、まわりにいる人が違うと違って聞こえたのは私だけでしょうか?
あ、スコッティも緊張していたのかしら(笑)。
そして警察の政治絡みはリアルなことなのかな、と唸ってみたり…でした。

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2008/06/04(Wed)17:30
  • Edit
本当にわざわざスコッティが来なくても・・・
きっとフィラデルフィアに居辛い何かが起きたので、息抜きに来た!と勝手に思い込んでいます。
であの事件は結局コールドケースのまま?
空飛ぶ天使は、どうせならもう少し美麗お兄ちゃんにしていただきたかった(笑)

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/06/05 09:28
>フィラデルフィアに居辛い何かが起きたので、息抜きに来た!
女性陣にいじめられたのかもしれません(笑)。
そう思うと納得(?)できます。
>結局コールドケースのまま?
だからクロスオーバーではないのかしら?
>空飛ぶ天使
私も何か違和感があったのですよ、そうか、美しくなかったのでした。
どんなかっこうするのも自由ですけど(笑)。

TRACKBACK

Trackback URL:

CSI:ニューヨーク3 #22

  • URL
  • 2008/06/04(Wed)
「CSI:ニューヨーク」と「コールドケース」のクロスオーバー・エピソードとしてヴァレンズが登場。 教会で天使のような羽を付けた男が天井のステンドグラスを突き破って死んでいるのを発見。 被害者は18歳のトビーと判明し、どこからかバンジージャンプしたと思われたが ロ..

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]