忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

デクスター8(終)

シーズンファイナルであるだけでなく、デクスターというドラマが終わってしまいました。
でも…なんですかねえ…。
家族を意識しだしたところから、感情がみえるデクスターに違和感もっていたともいえるので、本人もそれを抱えたままだったとでもいいましょうか。
家族を意識しだした、というのは具体的には今回挿入されていた親になるところかなあ。
わざわざ入れてるくらいだし。
でも、終盤にいくにしたがってハリソンのことをジェイミーに任せっぱなしだし、家族意識はどこへ?という感じ。
デボラとの関係修復にやっきになっていたからなのでしょうか。
そこがS1で強調されていた、「ふつうの人間だったらどうする?」と意識しなければならなかったデクスターがそのままだったということなのだろうか。

ハンナと惹かれあったのは「ふつうの人間」の愛情ではなく、同じ考えに囚われている者同士だから惹かれるのだと思えてならない。
ハリソンがハンナのことを大好きというのも、自分に流れる血の意味を知っているからのような気がする。
バスに乗るハンナとハリソンとのお別れシーンは、そんな感じでちょっと納得もしてしまった。
が、そうはならない。
犯人以外命を落とさずに終わるのかと思ったら、デボラが合併症でもとには戻れないと。
それを目の当たりにしたデクスターが自分を取り戻すというのも皮肉なような。
S7の最終回を見終えて、デクスターにとって何がハッピーなのかわからないと書いた通りの終わり方だったかも。
目覚めたエルウェイは、アルゼンチンを手がかりにハンナを探すだろうし、クーパー保安官が何を追ってたか同僚が知らないわけないし、まったく安全ではないのに、自分と関わらないことを最優先にするあたりが、デクスターらしいというのでしょうか。
サクソンを刺したのだってデボラがあんな目に遭っていなかったらもっと追及されてしかるべしだろうし。
エンジェル、優し過ぎるぞ!

エンジェルが優し過ぎるついでに、気になったことを。

マスカの娘、彼女は何のために登場したの?
身内に対しては道徳心やら倫理観が強いマスカをいまさら強調するためか?

現場での手癖、女癖の悪かったクインが今シーズンかなりいい人でしたよね。
ジェイミーにも正直だったり、巡査部長になろうと頑張ってみたり。
彼は殺されるのだな、と覚悟しましたよ。
そしたら、真面目になったクインとヨリを戻すデボラが…でした。
最後の最後には病室のデボラにすごく真っ当な言葉をかけてたし、改心とは!と考えさせられるシーンであったのも確か。

FOX CRIME で放送が始まった時はまだデジタル契約していなかったから見られずに悔やしい想いを原作にぶつけてみたり、ようやくデジタルにして見たオープニング映像の鮮やかさにやられたのを思い出します。
シーズン1のような食いつきはなかったものの、やっぱり見たいドラマであったのは確か。
でも、ハンナが出てきてからはちょっとつらかった。
彼女はまだチャックのサラだったし。
チャックが完全に終わってからのハンナだったら違っていたかもなあ。
エルウェイや保安官の追跡に、どうして得意のコスプレしないかなっ!とイライラ気味だったですよ(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]