忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

今度は字幕。チェブラーシカ



この前は吹き替え版しか見られなかったけれど、今回字幕版を逃さずに視聴できました。
圧倒的に字幕版の方が親切です。
果物屋、動物園とか看板の字幕も、「動物園はおしまい」とかシャパクリャクのカード&貼り紙へのイタズラ書きも何て書いてあるのかがちゃんとわかったし。
まあ、だいたい想像してたけど、そんなところを考えながら見るものでもないでしょうし。

吹き替えで、チェブラーシカの絶望感のすばらしさにやられましたが、見直してみて、ゲーナはさらに何割か増して絶望感に秀でている(なんだ、この日本語・笑)と感じました。
「次で降りて」の列車のシーンのチェブラーシカ、うつむいてる印象だったけれど違いました。
言われたままの姿勢で一点をしばらく見つめ、それからのまばたき。
これが切なさを強く物語ってます。
そして並ぶゲーナの目ですよ。
あの出っ張った目、涙が盛り上がってると錯覚するほどです。
「モスクワまで〇〇キロ」の案内板を見た後のゲーナもいいです。
見た目何も変化がないのに、そこからは絶望が滲んでます。
ああ、絶望はチェブラーシカだけでなくゲーナとふたりで共有されていたのですね。
こうやってこの映画は私の心に刻印されたのでした。
どんなにかわいいグッズを見つけたって、かわいいだけじゃないチェブラーシカたちが頭から離れませんよ。

かわいいグッズといえば、スライスチーズでサンドイッチケース、〇ップスターでおやつタイムセットorピクニックセットのプレゼントを見つけてしまいました…。
チーズの方は応募すればもらえるので応募してしまいました。
これを機会に、チェダー、モッツァレラ、カマンベール、ゴーダ等、ふだんそれほど食べないチーズを試してみましたが…
私はごくふつうのスライスチーズで十分だ、ということがわかりました(実験か?)。
これから新作公開に向けて、こういうキャンペーンを目にするのが増えるかもしれませんね。
どうしましょう。
できるだけ注意しますけど。

余談
4話で、字の読めないチェブラーシカが学校に行く話がありますけど…
1話で、ゲーナの「友だち募集」を読んで訪ねて行ったよね?
友だちの家が出来上がった時も、シャパクリャクからの「もうイタズラしません」っていうお手紙読んでたよね?
そんなこと言ったら、チェブラーシカがまた固まってしまうかしら?

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]