忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

REX #10「殺人鬼」、(再)だと思う。

こんな時だから、あえて「REX」を見てみました。
ハードディスクにあるのを順番に時々見ていましたが、なんと偶然にもアレックスが犯人として登場するエピソードでした。

「HIV陽性と書かれたカルテを見てしまい、仲間を殺していく患者のヤツ」と聞かされ、「ああ、あれね~」と思い出せるくらいに印象的なエピソードでもありました。
今回見直してみて、「こりゃあ印象に残るわっ!」と再認識いたしました。
不治の病と聞かされて自暴自棄に、とは、ありそうなことです。
が、もうちょっと見てみるとランツ(アレックスの人の役名です)が自暴自棄になった理由は少し違うように思えます。
ヤングエグゼクティブな彼らは、週末になると仲間で集まって大人のお楽しみパーティーを繰り広げているのでした。
ルールは、「このパーティーの仲間以外との交渉は持たないこと」でした。
それなのにHIVになったということは、誰かがルールを破ったに違いない!と犯人を突き止めるべく病院を脱走しました。
最初に会いに行った男友だちに「お前、ルールを破ったんじゃないだろうなっ!」と問い詰めると「みんなやってたよ」という答えが!
自分だけがバカ正直にルールを守り、みんなは好き勝手に遊んでいたことに対して彼の怒りが爆発した、そう見えました。
だって、ランツはその後ずっと「浮気しやがって!」と言ってましたよ。
感染したことよりも、浮気が重要だったような気がします。
なんやかんやで逮捕されて、「HIV陽性じゃなくて陰性だったよ」と聞かされて、さらに収まりがつかなくなるのは気の毒でもありました。
病気であると信じていたのに、それが間違いと言われても、それまでの自分は何だったのか?と、心のやりどころを見失うという話も聞きますからね。
でも、ランツのはやっぱり診断間違いというよりも「浮気」が強いように思えてなりませんでしたよ。
それに、あの看護師です。
「連続採血には意味があります、疑ってください」って感じの視線で採血ですよ。
あれじゃ、カルテを盗み見たくなるというものです。

モーザーとレックスは、といいますと、出勤前にかくれんぼです♪
刑事部屋では、こっそり匍匐前進でシュトッキーに近づきパンをゲット!です。
相変わらず、食い意地の張ったウィーン警察でどこか安心いたします。
そして、この匍匐前進こそが犯人逮捕シーンへの伏線でした。
でも…ランツはガソリンまいていたのに、銃って危なくなかったのかな…と、そんなところにもウィーンらしさが感じられて、よかったです。

レックスは、後にアレックスに会った時、このことをどう思っていたのかしら?
「あ、知ってる臭い♪」ということで早々に仲良くなれたのでしょうか、と虚実入り混じった疑問が止みません、って「虚」だけだけどもね。

ちなみに初見の感想はコチラ
ほとんど同じこと書いてて笑った。
























自分には直接的にできることは何もありません。
東日本大震災以降そうであるように、その地方の物を買うというのは微力だけれども続けていけることとして心に留めておきたいことです。
ただただ、揺れがおさまること、ひとりでも多くの方が生還され、日常と呼べるものが戻ってくることをお祈りするばかりです。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]