忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「REX ローマ編」の記事一覧

REX10 #5「母さんは最高」&#6「マスカレード」

母さんは最高
ロレンツォのママって、医師である夫の愛人殺して、ニキが潜入捜査した刑務所の女牢名主で、ベビー・レックスでは犯人匿ってた人ですよ。
ロレンツォ、ママはウィーンで何してるかわかったもんじゃないぞ!

ふだんはウィーン暮らしのロレンツォのママが別荘滞在中に親しくしている隣人が殺された。
管轄違うけど、ママには頭が上がらないロレンツォが地元警察の元恋人と捜査にあたるというお話。

この前のエピソードよりも、私は好きです。
レックスが野菜を残したり、ヤキモチ焼いたり、アクションもありましたし。
ミステリ部分も、柵越しに杖で車のトランク開けて胸像放り込むとか、強引に押し通す感じもごちゃごちゃ入り組んでいるよりは好感が持てます。


マスカレード
モデルのロザリオが撮影中に倒れて死亡。
死因は毒殺で、楽屋にそれらしきものを発見。
これを置いた人物が犯人だ!と捜査するわけですが…。

ロレンツォが足をすべらせて負傷、レックスはモリーニとコンビを組んで捜査にあたるわけですが…モリーニの指示では車に乗らず、勝手に家に帰ったりとわがままっ子です。
レックスはそんなわからず屋じゃないですからっ!
試すような、利口故のちょっとしたイジワルをすることはあっても、ああいうのはなしですよ。
でも、4~5段下にいるロレンツォがわからないモリーニなら、レックスもちょっと懲らしめたくなっても仕方ないかも…。
警察で姿が見えなくなって、食べ物を買ってひとりでバスで帰ったということですけど、私たちが期待してるのはそこです。
レックスが買い物して、ひとりでバスに乗ってる姿です!
ローマはウィーンほど寛容ではないのでしょうか(撮影に関して・笑)。
病院を脱走して夜警を見ながらバスに乗って警察に向かってたレックスを思い出してしまいましたよ(何回もいうけど、大好きなシーンです)。

事件は、バーチャルな世界での恋人に会いに行ったら、自分が恋人であることに気づいてくれないうえに、ドラッグで乱れていたから憎くなったと、身も蓋もないものでした。
しばらく職がないらしい、決まった時間に薬を飲まなければならない、お母さんが心配性等々、犯人は何かしら抱えているらしいのに、最終的には「ハッカーだから」。
ハッカーだからバーチャル世界の恋人やロレンツォの住所が簡単にわかった、とか残念すぎ。

残念なことが目立ちましたけど、その残念さを妄想に変えて楽しめたので合格エピソードです(笑)。
何って、レックスがローマのバスに乗ってる姿ですよ。
あ~、バスが無理なら、買い物シーンだけでも見せてもらいたいです。

拍手

PR

REX10 #4「名家のスキャンダル」

4話まとめて先行放送の時は、第4話がNHKのシャーロックと重なっていたので(ダブルチューナーじゃないので)、未見でした。

親日家の伯爵が部屋から出て来ないので、ドアをぶち破ってみたら、切腹自殺!
しかし、手順がおかしい、前日にあやしい女が訪ねてきた、と殺人が疑われ…。

娘婿が若い女に手を出し、スキャンダルに怒った伯爵様を、親日ぶりを利用して自殺に見せかけた、そんなエピソードでした。

筋はともかく、今回も細かいことですが気を取られてしまい、後もそれが尾を引いて、とても真面目になんて見られませんでした。
何かって、伯爵の部屋のドアですよ。
鍵がかかっていて開かないから、執事に斧を持ってこさせましたよね。
まず、その斧の小ささにがっかり。
そんなんでこのドアがぶち破れるのか?と。
そしたら、結構簡単にぶち破ってしまいまたがっかり(笑)。
っていうか、伯爵の御屋敷のドアがあんなに薄いのか?と、そればかりが気になりました。
あんなドアだから酔っぱらい執事、あんなドアだから弟は自宅コソ泥、あんなドアだからメイドもヨコシマ、あんなドアだから雑誌社も写真の名前に敬意を払わない…全部が「安普請ドア」のせいに思えて、ほとほと困りました。
きっとドアだけでなく、他も安普請だろうとも思えてきてたいへんでした。

レックスは、馬で逃げ出したバカ息子を追いかけるというかっこいいシーンがありましたが、最後追い抜いちゃいましたっ!
先回りして進路をふさぐ戦略だったのでしょうか。
 他には、犯人が嫁を盾にしているのをカーペット引っ張って倒して人刑事たちに捕まえさせる、というお手柄です。
このカーペット引っ張るのをロレンツォはレックスに指示を出したつもりになっているようでしたけども、レックスは自分で判断してできますからっ!
 
モリーニはS10第一話「命の危機」で、とんだ失態をやらかしてましたが、今回は日本のマンガが好きだとかで、切腹の作法を解説して、偽装自殺を見破るお手柄でしたね。

さて、次回からは週2話ずつ録画することになります。
が、こんな風なら一日に見るのは1話にしておいた方がいい気がします。
疲れちゃうから。

拍手

REX10 #3「捕らわれの教室」

男が小学校に入り込み、子どもたちを人質にして休暇をとっている担任女教師を連れてくることを要求。
男はどういった素性なのか…?というエピソード。

確かにこのお父さんには同情しますわ。
裁判で校長が弁護士と喜びの握手を交わしたことで、許せない心に火がついたのでしょうね。
でも、この担任の先生はお墓参りに行くために休んでたんだよ。
お父さんは命日だからと報復を決行したのでしょうが。
先生は法的に責任はなくても、学校の対応に誠意を感じられなかったから異動したと思われるし。
校長は?
きっと最初に犯人が訪ねた先が校長宅だったのでしょ?
「校長の安否の確認を」なんて言っていたけれど、報告なかったよね?
あんたたち、見てたんだから知ってるでしょ?ってことか。
でも、ロレンツォは「誰も殺してないんだから罪も重くはならない」みたいな説得をしようとしてました。
…やっぱりまだ報告が上がってなかったってことか。

立て籠もり犯の素性を調べて話してくれるあたり、ウィーンからの性格を引き継いでますね。
説明会話よりも「調べて報告いたします」という形式のほうが親切だと思えば問題ありませんよね?
立て籠もってる教室に、どうやってレックスを突入させるか楽しみでしたが、通風孔でしたか。
ロボットに酸で吹き出し口の止め具を溶かさせ、あとはレックスが突撃すればよしというお膳立てでしたけれど、工具持たせておけばレックスならちょちょいのちょいで開けちゃうような気がしてました。
タイミングを計って犯人の背中にアタックしてたのに、警官が突入したらレックスは仰向けの犯人を抑え込んでました…逃げようと体勢変えたのを抑え込んだのですよね、そうに決まってますよね。

#1&2で、今シーズンは主役の事件と小さい事件が並行か?なんて思ったのに、もうありませんでした…(笑)。
さすがに毎回は大変なのかしら。
まあ、たまには見せて欲しいな、とかすかに期待しつつ本放送を待ちたいと思います。
先行放送は4話まででしたけど、私が録画したのはここまでですから。

他の先行放送では(モンタルバーノは見てないけど)その日の紹介エピソード話数が終わってから、「このドラマは〇月から放送です」とお知らせが出ましたよね。
でも、REXは3話終了時にこのお知らせが出ましたよ。
そのまま視聴にしろ録画にしろ、ここまででNHKに変えてしまう人が多いとふんだのでしょうか。
考えすぎですね♪

拍手

REX10 #1「命の危機」&2「悲しみのイルカ」

シャーロックのせいで(いや、見たいのですけどね)、先行放送4話中、3話分のみ録画。
録画した分を見てしまってからにしようと思いましたが、つい…(笑)。


命の危機
S9最終話の続き。
てっきり元気になったレックスから始まるものとばかり思ってましたけど、そういえば金持ちの令嬢誘拐事件が未解決でしたね。
犯人は逮捕できたものの、狂言誘拐のせいで多くの犠牲者が出てしまい、ロレンツォは金持ちパパを締め上げるのでした、めでたしめでたし。
「警部に責任はない」ってモリーニは言うけれど、冒頭のおさらい見るとやっぱりロレンツォがよくないです。
なんか、すぐ犯人の言いなりになって銃手放しちゃうし、救急車呼ぶの遅いし。
で、救急車はどこまで行ったのですか?
動物専門の病院が遠くだったってことですか(ウィーンで夜に病院抜け出したレックスが警察に着いたら朝だった、ってのを思い出しました)。
それにしても救急隊員たち、親切さんでしたね。
このエピソードで、一番気になったのは、モリーニ。
アキーレが仲間を殺しましたよね。
そこで警察が部屋を調べてるんですが、そこに来たモリーニ、死体の首で脈をみてましたよ。
それ、もう先発隊がやってるはずだからっ!
すでにみんな、部屋調べてるじゃんっ!
とりあえず警察ドラマらしい雰囲気を入れてみました感が漂って、ナイスでした。


悲しみのイルカ

水族館夜間警備のモニカがイルカのプールで死体となって発見された。
不法入国をつけこまれた果てに…という様相ですが、警備主任は本当にモニカと交際していたのでしょうか。
私にはちょっと信じられません。
見た目で判断してはいけないと思いますが、警備主任もモニカの素性を知っていてのことだと思った方が納得できるような気がします。
このエピソードは、動物好きなレックスが見られてよかったです。
CMでよく映っていたのはこのエピソードだったのですね。
ところで、バイクや懐中時計買ったり、モリーニにだけボーナスでも出たのですか?
あ、ロレンツォも引っ越してましたね。
テレビを見るのが好きという、ウィーン時代を引き継いでいるのはいいですね。
でも、ウィーンでは動物番組が好きだったはずなのに…。
 
 
S10は、本事件と小さい事件の二本立てで進むのでしょうか。
#1では動物病院のモルヒネ紛失事件、#2では水族館の光物盗難事件でした。
どちらも殺人課がついでにやるには…な気もしますけど、気さくな警察のアピールでしょうか。

とにかくむっちりレックスが見られるのは、たいへんに喜ばしいことです。
早く本放送にならないかしら。
AXNミステリーのREX掲示板が荒れているのが、レックスにつける敬称についてというのも他の掲示板に比べてたいへんに平和だなあと思います。
ドラマの性格のせいでしょうか。

拍手

REX、早く見たいな♪

5月、AXNミステリーは先行放送月間のようですね。
ミステリー in パラダイス、ブラウン神父、リッパー・ストリート、モンタルバーノの新シーズンはとても楽しみです。
ヤング・モンタルバーノっていうのもあるのですね。
若いカタレッラも見られるかしら?
ちょっと話がずれますが、ミステリー in パラダイスについて、局側が番組サイトに新シーズンのストーリー紹介としてひどいネタバレを書いてしまったらしく、掲示板で叱られてました(笑)。
早速当該箇所は訂正されたらしいですが、何を書いてあったのかしら?
見なかったことを感謝したいけど、野次馬的には見たかったような(笑)。
話を戻します。
せっかくの先行放送祭りですが、HDDが消化不良気味なので17日が近くなってみないとわかりません。
今のところ、本放送まで待つのがベストかなと思っておりますが。
しかし、待てそうもないのがREX(笑)。
5月31日土曜日18:00から、S10の4話分が放送されますね。
撃たれたレックスがあのままではかわいそうなので、回復とつなげるためにも見なければなりません。
私が上司ならロレンツォを降格処分(左遷)しますが、引き続き出るのですね、けしからんです。

ところで、AXNミステリー、REXの番組ページの写真ですよ。
警察のベスト着てますが、そこにセッティングされているのはカメラでしょうか?
これはコンパクトにまとまっていて、犬刑事レックスの機動力を生かせる素晴らしい備品だと思います。
同時に、ウィーンでモーザーが発明した「盗聴器」と「監視カメラ」が懐かしくなりました。
盗聴器は、携帯電話をレックスに咥えさせてターゲットのそばを歩かせてましたよね。
レックスの息ばっかりで会話は聞こえんだろっ!と楽しくつっこめました。
監視カメラは、レックスの身体にカメラを縛り付けていたように記憶しています。
スマートでかっこいいレックスもいいですが、超アナログな手作り捜査のウィーン時代も忘れられないですよ。
とにかく、犬刑事レックスが活躍してくれてかわいければ、それだけでもかまいません。
先行放送も4話だけなので、本放送が待ち遠しいです。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]