忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「ザ・シールド」の記事一覧

ザ・シールド7 #81「究極の解決策」

アセベタが司法省へゆすりファイルを提出する前に、ペズエーラを社会的に葬り、アルメニアギャングから家族を守り、レンの仇を討つ、と全てに決着をつける計画を思いついたヴィック。ロニーも賛成。
着々と準備は整うが土壇場で「できない」とヴィックが!
「やったらシェーンと同類になってしまう」だと思いたいが、仲間だという気持ちも皆無ではないでしょ。
とりやめようと必死で電話するも通じず焦っているところへ発砲事件の通報、向かった先ではレジアン以下の射殺体。ヴィックの「他には!」は意味深。
「変更になったから何度も電話した」という言葉をシェーンは信じてない。変更はウソだけど止めようとしたのは事実、でも新たな溝は今度こそ修復不可能かも。
シェーンはかつてマーラがアイロンで殴ったテイボン(誰かわからなかった。アイロンで殴った、で思い出した)に「あれが何度目の尻拭いだ?」とバカにされて微妙なところだっただけに逆に火がつきそうな予感。
でも作戦気付くくらいにはシェーンも刑事だってことなのだ。
昔担当した被害者少女への態度はテイボンが言うように優しかったし。
でもあの少女、何故にそんなにシェーンを頼る?(笑)まだ汚れる前だったのか。
ヴィック&ロニーVSシェーンの冷戦再開か…。でもロニーは?ロニーの気持ちはどうなるのさ!シェーンのプレッシャーだけでなく、仕事面でもクローデットに睨まれ益々負担増。ちょっとばかりヴィックは心配りが足りないなあと思ったりしないでもない。

ダッチ担当の全裸男。
夢遊病で意識がないことを楯に人殺しをしているというのがダッチの見立て。
しかし全裸男は本当に無意識に犯してしまったかもしれない犯罪に苦しみ、人殺しの可能性を突きつけられて取調室で自殺、というショックな結末。
クローデットなら仮説を信じないので証明しようとあらゆる可能性に探りをいれたのに、今のパートナーは…ここでビリングスを非難するかと思いきや、パートナーとして助けてと懇願。二件続けての失態がこたえている様子。ビリングスがうっかり「いいよ」と承諾してしまうくらい。

あ~、きっとシェーンとマーラは余計な企みするんだろうな。この二人が合わさるとある意味凶暴。
比較的、右往左往で静かだったといえる前半から一転するかもなあ。

拍手

PR

ザ・シールド7 ♯80「オリヴィアの涙」

オリヴィアとペズエーラのつながりを知らなければ、彼女が持ち込んだ事件なんて得意中の得意、顔を見合わせることもなく「よし!」の一言だったはず。
ゆすられる原因となった弟も今は立ち直っているらしく地に落ちた人ではないようだ。
持ち込み事件もペズエーラは関係なく成功(ジュリアンのギャングは失敗・笑)、クローデットに「失敗したらあなたに責任」と言われたからとは思えない。
オリヴィアの告白に「俺なら助けられる」とヴィック。自分たちにも関わることとはいえ、また背負い込んじゃいましたよ。
こういう時、ヴィックは本当に助けるつもりだけどシェーンは切るよね。
そのシェーン、治まりつかなくなってるこの状況に「ゆすりファイルを渡して楽になろう」とロニーからヴィックに話すよう唆す。ロニーもこれだけは同意見。しかし肝心のファイルはアセベタの元で手出しができない、と。それでもがいてるのか!と合点+落胆のロニー。
吹替えの方の技だと思いますが、シェーンと一対一で話してるロニーの奥歯に力の入った感じがステキでした。そう思って見ると俳優さんも奥歯噛み締めているように見えるから不思議(笑)。

もやもやのまま集結しそうな同級生殺人事件。
ダッチはロイドが絶対初犯でない、これからも繰り返すつもり、とプロファイラーに相談。
偽カウンセリングの結果は明らかにPTSD。でもダッチの出した結論は「PTSDを演じている」。
FBIよりもホンモノの殺人者にロイド評を頼るのもすごい。
「俺とお前(ダッチ)とコイツ(ロイド)は同じ」という言葉は重い。
しつこいですが私はダッチを見るとどうしても猫殺しを思い出してしまう。それだけインパクト大きかったということ。
ダッチがプロファイリングを頼んだ殺人者は警察にクローデットの証言録取に来ていたのでした。
クローデットが階段から落ちたってことで思い出した。
自分で弁護をするということでやって来たのにはクローデットの家のゴミ箱から病気治療のステロイドを見つけたことを取引に使うため(逮捕される前に見つけたの?)。
公的な場では「副作用なんか出ていません!」と突っぱねられないところにつけ込まれ、なんと死刑回避。
ミス防止とつけ込まれないガードの必要を強く感じたクローデットはダニーさんに病気を告白して直属のアシスタントにスカウト。ダッチが世話焼いたとおりだ。

キャシディがランジェリーパーティーで停学になり、主催者男子を問い詰めたらドラッグを含めたお膳立ては全部キャシディと知り愕然。
パパを困らせたいだけなのでしょうが。こうなると訴えを受け付けなかったビリングスにも責任とってもらわないと(笑)。
こんな時に親権放棄の話は逆効果。署内であんな大きな声で「俺の子だ」って言ってもいいんですか?みんな承知でしたっけ?

拍手

ザ・シールド7 #79「迷走する謀略」

ヴィックはゆすりファイルをチェックしたわけではなかったんだ。
自分たちとは関係ない方面からペズエーラをぶち込む情報が欲しかったからのオリヴィアの協力、しかし彼女もゆすりファイルに名前が記載されていたとは。
もしかしたらペズエーラに筒抜けかも?と焦るヴィックとアセベタ。
オリヴィア、ペズエーラに便宜図るとは思えないが、ゆすりファイルに名前があるとわかった以上疑ってかからないとならないのか。
「巻き込まないでくれ!」とアセベタは言うけど自分から巻き込まれてるよね(笑)。監査の人の情報流したの自分だし。
もう、ゆすりファイルは両刃の剣どころか、かなりの多面体で傷つかない人いないよ。

前回、弟から目を離したことでキャシディをきつく叱ったヴィック。
きつすぎた、と謝るがキャシディは謝られて当然という態度でまたもや叱りつける。
難しいお年頃+パパの悪事の噂、物事がわかるお年頃なだけにつらいのだろうな。
しかし、ダニーさんのところでどうしたかったんだろ?今彼女の行動に理由なんてないか。
でもダニーさんがヴィックに親権放棄させようとしているのはこれが原因かも。ヴィックは絶対自分の子の面倒みたがるものね。

家に強盗が押し入ってきたので発砲したら同級生だった、という事件は連携プレーができるようになってきたダッチ&ビリングスが担当。
ビリングスはダッチの勘を揶揄しながらも望むように協力! 勤務時間内だからか?(笑)
きっと、あのロイド少年はダッチの想像どおりだよね。あと数話登場するようだし。

4人中3人が裏で忙しいからストライクチームはジュリアン一人状態。
危険な部署のはずなのに、一人でがんばらせてるのか?
いっそ、ジュリアンを引き込めたら多少楽なのに。真面目さを知ってるから敵が増えるだけなので無理だ。

拍手

ザ・シールド7 #78「3つの願い」

今までも遅い時間や早朝に放送されているのを録画して夜9時台や10時台に見ていたのだから自分の視聴時間にはそう変化はない。
なのに今回初めて追いかけ再生で見て「本当に夜9時に放送してるのだな」と不似合いな時間帯であることを実感(笑)。

ロニーがまいってますよ。レンを吹っ飛ばしたアイツの前でふつうでいることは耐え難い苦痛だし、シェーンの尻拭いに奔走するヴィックを欠き、その理由を隠しながらのストライクチームリーダーとしての責任、そのせいで犬に噛まれて18針も縫う始末(私は1針・笑)。
挫けそうになっても仕方ないかもと思う。でも「悪い」とヴィックに正直に話せるからやっぱりロニー株は高値安定。
早く解決しないと心が持たない、でももう家族の安全だけの話ではなくなっている、ああなんとかしなくちゃ!なのに元凶のアイツは仲間としての手打ちが最優先課題(怒)。
ヴィックの悪行ファイルを「写しはない」と差し出し、「実際にレンと会って判断したことを信じよう、今すぐとはいかないが元に戻れるよう努力する(大意)」ってヴィックの言葉を聞いて安心して帰る顔にムカッ!
しかーし、シェーンがドアを閉めた後一拍置いてヴィックはふっ!って鼻で笑いましたよ!なんかすごくすっきりした(笑)。
シェーンは写しはないって言ってもあの嫁が何かしてないわけないじゃない(笑)。

「銃を寄越せ」というレジアンの取引申し出をそのまま引き受けるシェーン、引き受けたと見せかけてレジアンの仲間の裏切りと信じ込ませる作戦を手配済みのヴィック。
上っ面だけヴィックを真似てるというのがよくわかる例だった。
一般人に被害が及ぶかもしれないことをヴィックが受け入れるわけないじゃない。
ヴィックが巻き込むのは進んで足を踏み入れた同類だけだよ~。

ギャング絡みでない事件で、必ずビリングスかポイント稼いでるのが腑に落ちない(笑)。
今回もやる気なかったのに急に熱心になってクローデットもびっくりだ。
自分の娘と同年代の娘さんの事件だからだろうか。
事件とわかるまで腰を上げないところに彼らしさを感じなければならない。
しかしこの事件、同性愛者の妹への治療としてのレイプって…。

ダニーさんが襲われた経験を話すのを聞いた気遣いダッチは、クローデットに「ダニーは身の安全を望んでいるから内勤は?」、ダニーさんには「クローデットは病気で助けが必要だから内勤を手伝ってみない?」と両方に真実を隠した円満作戦。
それぞれに「提案してみただけだから、考えてみて」と決断を託すのがずるいニクイ。

ところで「3つの願い」って何でしたっけ?(笑)

拍手

ザ・シールド7 #77「無法地帯」

なんて今さらな日本語エピソードタイトル(笑)。
さらなる無法地帯にしてしまったのは市長だし。ギャングのランキングって何よ(笑)。
「うちが載ってない!」、「うちよりあそこが上はおかしい!」と暴走すること想像しなかったのかしら。さすが現場を知らないお方の考えることは違う。
このせいで少年二人がランキングアップを目指しての白人殺しで逮捕。
これも本当なのかなあ?グループ内でランキングアップできるかも、とヴィックがたきつけたような気がしないでもない。
連行されながらステップ踏んで浮かれてる様子が悲しいですよ。

ヴィックたちの作り上げたメキシコとアルメニアの対立は続く。
シェーンのとっておき、拘置所のレジアンはメキシコから命を狙われ、消されちゃってもしょうがないかな~と思いかけたところへ「俺が死んだらお前たちの家族に手が伸びる」と保険のお知らせ。慌てて拘置所がシマ(笑)のギャングにレジアンの身辺警護を頼み命だけは助かりましたとさ。
ペズエーラも連続攻撃は諦めたようなので少しの間は安心できるのか?

前回ロニーには「シェーンに昔に戻ったと思わせよう」と言ったヴィックだったけど、家族を守っただろう~と仲直りを求めてきたシェーンに「恩を売ってる暇があったら嫁の口を何とかしろ!」と一喝、気持ちいいですわ(笑)。口止めなしに真相話してしまうところに問題あり、嫁の態度は十分予測つくだろうに。

バンド練習に向かった女性がアパートの上階からブロックを落とされて死亡した事件。
省エネ勤務宣言はともかく、ビリングスのだらけた勤務態度(ナンパ&子どもに自販機商品すすめてるよ!)に我慢ならないダッチだけど彼の素質を認めないわけにもいかない事態に。
なんと、ビリングスはアパート住人が誰一人として口を割らないのは犯人を知っていて、それがみんなの味方で、今ここにいるからだ!との名推理&大正解。
前回の素晴らしい取り調べ術、そして今回のヒラメキ、ビリングスは瞬発力刑事だった!

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]