忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「フランスドラマ」の記事一覧

ゾディアック2 ~十二宮の闇~ 視聴完了

途切れ途切れながらもようやく見終えました。
すごいぞ、ゾディアック!(笑)前作を上回る複雑な相関関係に脱帽だ。

サンタンドレ家とダゲール家は親戚だった。ガブリエルがダゲール家の妾の子で学院長と腹違いの兄弟、ルシールとアレクシはいとこになるから交際に反対だったというわけか。法的には問題ないはずなので(フランスは違うの?)反対の主要因は怨恨だろうな。妾の血筋とか外に子どもをつくったくせに世話しないとか。
引き裂かれたうえに死に切れなかったアレクシは人格的に破綻。
そのバカ息子ロイックは支配者に操られて別人格ファウストが妹と姪っ子を殺害。ロイックの内の別人格ってのもとってつけたような(笑)。マティアスやエステル同様、操られていたでいいんじゃないの?
そう、ゾディアックの支配者とは…なんとエヴァ!
誘拐事件の被害者なのに犯人と目される男が関係している事件に一線で関わるのはどうか?と思ったけれど、そんなの序の口。
マティアスと双子なのはエステルだけど、本当のエステルはエヴァ(笑)。
ガブリエルの別荘で遊んでいるところを誘拐され、助け出されても公表されずダゲール学院に連れて行かれたんですってよ。実験教育が失敗した結果誘拐犯人を作り出してしまったことを隠すためらしい。貧しい子にも門戸を開く学院は身元もわからん子に怪しげな実験を施すための口実だったらしい。ひどいな(笑)。
ここでダゲール家に恨みを持ち、誘拐された時隠し子が明らかになることを恐れ捜してくれなかったとガブリエルを恨み、復讐殺人鬼ゾディアックを支配するエヴァができあがったのでした。
エヴァがエステルならエステルは誰?となるけれど話の流れて予想つきますね。ルシールとアレクシの娘。
本当のエステルが誘拐された後、ガブリエルはこっそり産ませたルシールの娘をエステルとしてグラースに育てさせいたのでした。
どいういうことだ?今までのエステルが言うように小さい子の3つ違いは大きいぞ。日影の身だからこそ隠し通せたということなのか?
となると、マティアスと双子だから運命が同じってその気になってたエステルって…占星術もアヤシイな(笑)。
学院の加担した怪しげな実験+エヴァの私憤=ゾディアック、でいいのかしら。
こうしてみると、ガブリエルって酷い人だな。
婚約者を捨てて人の奥さんを奪って、娘には従兄弟との交際を止めさせるために睡眠薬を飲ませ(しかも息子にやらせてる)、誘拐された娘は捜さない、戸籍のない子をこれ幸いにその穴埋め、恨まれてもしょうがないんじゃないの?(笑)それを思うとジェロームって立派に育ったな。
両家は親戚、とほのめかし始めてからまたもや家系に秘密があるのは覚悟していたけれど手が込んでましたね。

怪しげな実験装置にとりあえず納まってみるエステルは迂闊、エヴァの資産、前作のおばあちゃんの復讐人形として育ったはずのマティアスの立場、ピエールがマティアスに毒を盛った方法、電極催眠(?)の効果はいつまで続くのか、とってつけたように先が見えるカンタン、ベティがルシールに似ているようには見えない、等疑問は残りますがこれにはかないません。
マティアスとエヴァ、どうやって脱出したの?
車が爆発炎上したとはいえ、人間の形跡は残るはず。警察は何をしていたのだ?あの状況で替え玉が用意できたとは思えないぞ。
ゾディアック事件は終わらないのだろうか、お腹いっぱいなのに(笑)。

そして、話が濃すぎてマティアスの魅力はやっぱりよくわかりませんでしたよ、りり・かさん!(笑)

拍手

PR

ゾディアック2 ~十二宮の闇~ #1

サンタンドレ家を襲ったゾディアック事件から2年。FBI顧問としてNYで働いているエステルはゾディアック裁判のためフランスへと戻る。しかし待っていたのは母グラースの死。遺品としてゾディアックのペンダントと見知らぬ少女の写真が残されていた。失意のエステルを優しく迎えた兄ジェロームだったが、二人は見知らぬ少女の写真が元で公安警察に拘束されてしまう。

今度はジェロームの婚約者のダゲール家が悲劇に巻き込まれるようだ。
「あなたが戻ったらまた事件が始まる」とグラースが言うくらいなのでまたもや事件に少なからず関わっていたのだろうが、今度は死んでしまいました。これも薬の事故にみせかけた殺人かもしれない。ただ、ジェロームの婚約者の家というだけでなく、グラースとの関わりがポイントなのかしら?このお母さん、図書館で働きながら地味に暮らしていたようだっのに結構波乱万丈な人生だ。

そして最大のびっくりはマティアスが生きていたこと!
「1」を見終わってゾディアック死亡で事件終結と書いたけれど大間違い。
りり・かさんのご指摘で急いで冒頭だけ見てマティアスの人をオープニングの登場人物紹介で確認。
私が驚いたのは正常な反応らしく、裁判所前でリポートしてる女性記者も「奇跡的に助かったゾディアック」と言ってますよ(笑)。
きっと想像より人気が出てしまった故の続投なのかもしれない。

ある意味マティアスの生存以上にびっくりなのがその後のエステル。
あんなに大騒ぎの恋愛で「子持ちだけどサンタンドレを名乗らないから結婚して」とケレールにラブラブ・プロポーズしておいてさっさと姿を消していたらしい。
「あなたと一緒だとつらいことばかり思い出してしまう」って最初からみんなそう思ってましたよ!
そして仕事は占星術から犯人にアプローチするFBI顧問(笑)。
「クリミナル・マインド」のBAUのようなプロファイリング部門のアドバイザー的立場なのだろうけれど、この人弁護士だったはずだし、占星術に関心を持ち始めてまだ2年でしょ。師匠のアシスタントか?それにしても「やっぱり射手座だったわ!」のハイタッチに唖然(笑)。

本筋に戻ると、グラースの持っていた写真はダゲール家の孫娘ルーシー(8歳)。
彼女は行方不明で捜索願が出されていたからエステルたちは関係者とみなされて警察に拘束されたのでした。
ダゲール家は貧しくても優秀な生徒に門戸を開く歴史ある学校を経営しているらしい。
この学校に半年間だけマティアスが在籍していたという新事実。
サンタンドレ養護施設でお姉さんが突出した才能を見出して推薦したのだろうか。
半年とはいえ関わりがあったことで学園長は孫とジェロームの結婚を許さないと喚く。
とにかく事件はまずルーシーの行方を捜すのだが、来ましたよ、ここでカンタン君が。
ルーシーの描いた絵を見せて「もう息をしてない、下の方にいる」とか見えたらしい。
何か特殊な力を期待したものの、周知の事実として使われてるってのはちょっと…(苦笑)。
またその言葉通り、地下室捜しに行っちゃうからな。
しかしこれがハズレでもなく、なんと秘密の扉を開けるとそこはゾディアック結社!(笑)
ゾディアック(マティアス)を崇め奉る地下組織のアジトのようだ。
教会のようなつくりで蝋燭の炎が一面に焚かれているのですが、また始まりなのね…と帰って行ったぞ。
その火の管理はいったい誰が…(笑)。電気だったのか?
あ、別々に探していた時にエステルを襲った男が関係しているのか?
そういえば新メンバーの女性刑事、最初から何か含みすぎな表情で気になってしかたない。

と、かなりのつっこみポイントと共に、今度のゾディアックは一方的な信者なのか?はたまたマティアスの遠隔指示なのか?と先が楽しみです。

拍手

ゾディアック~十二宮の殺人~

ようやく視聴完了。初のフランスドラマはとにかく新鮮!
あちこちにつっこみたいところが見つかって楽しかった!というわけで以下つっこみポイント(笑)。

繰り返される銀行強盗、現金の乗せ換え場所のなんと見晴らしのいいこと!情報でその場所もつかんでいたのに取り逃がした警察もプリズン・ブレイク並み。
本当の息子ではないと知ってしまった長男ピエール。脱税(だったかな?)で勾留されるが後に保釈。しかし心の傷は深く、帰宅祝いの食事会を抜け出し書斎で自分に銃を向ける。その姿を見たカンタン君が「来て!」とただならない様子で食事席のエステルを呼びに行く。書斎に戻るとまだ銃を自分に構えたままだ!カンタン君に見られたと気付いたのに同じ姿勢だったぞ。
ここでのつっこみはさらに続き、ただならない様子のカンタン君を見ておきながら誰も後を追わないですよ。意外と薄情だ。
ケレール警部も仕事に私情が絡みっぱなし。自分の父親の恨みもあるから不正絡みも銀行強盗もゾディアック事件もサンタンドレ家のことには何でも首を突っ込む。そのくせ「私が追っているのはゾディアック事件だけだ」とさ。さらにエステルのことも好きになっちゃったから注意散漫で、重大なポイント(犯人の殺害方法)を見過ごして事件から外される始末。そういえば「自分は彼女にふさわしくない」とか言いながらマティアスと親しくしてると嫉妬の炎を燃やし「事件が解決したらプロポーズする」と宣言してみたりと複雑な恋心だったな。
微妙なポイントとしては、自分がヨットで縛られているのを見てしまったカンタン君。いちいちな思わせぶりの登場だけれどその能力の深層には触れず。「2」でその能力が明らかになるのなら許す。やりっぱなしならつっこみポイントに変更かな(笑)。
そしてローラースケートパトロール隊?警察署のロビーみたいなところをふつうに通り抜けてましたよ。配達かと思ったら背中に「警察(もちろんフランス語で)」って書いてあったし。これはなるほど便利かも。

肝心のストーリーですが、脅迫者の目的と富豪一家の秘密も明らかになったが、星座表でクロスを完成させるとかよくわからなかった(興味なしだから)。FBIの顧問の占星術からのプロファイリングってのも怪しすぎる(本当にあったらごめんなさい)。
相関関係は実に複雑。
エステルのお父さんガブリエルは元々エステルのおばあさんの婚約者だったが、戦争から帰ったら子持ちの金持ち(ピエールのお母さん)と結婚。彼女の婚約者(ピエールのお父さん)が戻ったら邪魔だからガブリエルは殺してしまう。そのピエールのお父さんというのがエステルのおばあちゃんのお兄さん。もう図でも書かなきゃわかりません(笑)。
その後何の因果かガブリエルとおばあちゃんの娘(エステルのお母さん)が親密になり妊娠。ガブリエルが憎いおばあちゃんは産まれた子どものうち一人を死産だったと嘘をつきサンタンドレ家の復讐人形に育てたのでした。
エステルの双子の弟がマティアス。ケレールとエステルを取り合ってたと思われた彼ですよ。実際精神が破綻しているようで姉さん以上の目で見てたな。そりゃ、産まれた時から育ててくれたおばあちゃんにサンタンドレのあることないこと恨み節を聞かされていれば歪んでも不思議はない。
真相にたどり着いたケレールとマティアスの対決は警察側の勝ち。犯人死亡でゾディアック事件は解決となりました。あの時こうやって、この時こうやって呼び出して殺したとか脅迫状を置いたとかの説明は映像も含めて一切なし。
ここも変だったな。胸に傷を負ってケレールが倒れてるのに駆けつけた警官は銃持ったまま棒立ち、何の処置もしてやらなかったぞ。エステルも泣きながら迎えたはずマティアスが倒れたら跨いでケレールの方に行くし。ちょっと人に対するケアが不十分なみなさんでした。

カンタンの能力を引きずるかどうか興味があるしつっこみドラマとしても非常に気になるので「2」も見ます!

拍手

ゾディアック #1

南仏の富豪ガブリエル・サンタドレは「親の犯した罪を子どもが償う」と書かれゾディアック(黄道十二宮)の印された脅迫状を受け取る。これを機会に27年間隠し続けてきた娘エステルを認知し公表することを決意する。そのお披露目パーティーに招待され、その場でそのことを告げられたエステルは気後れしてしまう。そんな華やかなパーティーの最中ガブリエルの孫カンタンがプールで溺れかけエステルの機転で助かる。しかしもう一人孫で16歳のバルバラが行方不明であることもわかり、母親は警察を呼ぶことに。が、捜査も空しくバルバラは遺体で発見された。

こんな導入部であります。
ミステリチャンネルを見られるようになり嬉しいので何か変わったものをと思い、フレンチミステリ特集のベルト放送に手を出してみました。
フランスのテレビドラマはおそらく初めて。タイトルからミステリというよりも不思議系の話かと思ったら富豪一家をとりまく骨肉事件のようだ。
試しに1話見たけれどこれは続けて見るぞ。だってちょっとへんてこりんだ(笑)。
エステルは店で会ったとはいえ、知らない男(腹違いの兄さんらしい。当人気付いてないけど)が自宅に届けたドレスを着てパーティーに行くんですよ。アメリカからの飛行機で2年前の交通事故の悪夢にうなされているくせに迂闊じゃないですかね。脅迫状にも負けず、バルバラの死にも協力しようという姿勢は立派だけど。
バルバラ行方不明で駆けつけた警察の登場の仕方も「ギャング」のようだった。しかも指揮を執るケレール警部は行方不明も扱えば、現金輸送車襲撃現場にも登場。どこの所属なんだ?サンタドレ家に関連した事件だから情報収集に行っただけなんだろうけれど。
ケレール警部に聞き込みに行かせて自分は車で居眠りしている部下のスパニョーロ刑事もどうかしている。「飯」と聞いて起きるんですよ。
脅迫状がエステルにも届けられたと知ったガブリエルの反応もマンガのようだ。
ガブリエルの妾(?)だったエステルのお母さんはいつも洗濯物をとりこんでいる。しかも端から順番にではなく、あっちを取ったらこっちを取って、そうかと思うとまたあっち(笑)。エステルの質問「どうして結婚しないの?」とか「私のお父さんのこと誰かに話した?」に動揺しているってことなのか、それとも乾き具合の確認なのか(笑)。
きっと本当に見るべきところは脅迫者の目的とか、富豪一家の秘密とか、ゾディアックに込められている意味とかなのだろうけれど、つっこみどころ満載でそれどころじゃない。
オープニングの文字での煽りを含め全てが新鮮なフレンチミステリ、少なくとも「1」は見届けます。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]