忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「ウォーキング・デッド」の記事一覧

ウォーキング・デッド2 #5 Chupacabra

勝手に馬を持ち出したダリルはソフィアの手がかりを見つけたものの怪我して抗生剤が底をつく、
農場サイドのジミーの捜索の申し出はハーシェルの知るところではなかった、
マギーとグレンに何があったかは最年長同志の知るところとなる、
等等、二つのグループの間で些細ではあるものの軋轢が生じてきましたね。
仲良くしたいリックたちと農場の若者、あくまでもリックたちの滞在は一時的なものとして線を引きたいハーシェル、というのがよりはっきりとしてきました。
で、それに歯向かうのがハーシェルの娘マギー。
グレンともう一度、と思ったのはお父さんへの反抗ですよね。
しかし、グレンが密会場所に指定した納屋、なんですかあれは?
ウォーカーたちをどうしたいの?
今まで誰も気付かなかったのはどういうこと?
ダリルが連れてきた馬はどこにいたのさ?
これがハーシェルがリックたちを遠ざけたい理由のひとつなのかもしれないですね。
井戸に落ちてたウォーカーさんはここから脱走したのかしら?
あれだけ集まっててあの納屋ですから今まで壊されなかったのも不思議だ。
最大のが出たところで続きは次回。
うまくのせられてしまいますね。

で、今回の主役のダリルですよ。
単独捜索が災いしてヘビに怯えた馬から転げ落ち川に転落、
なんとクロスボウの矢まで刺さってます。
「この壁面を上るのか…」と見上げた絶望感がよかったですよ。
メルル兄さんが出てきた時には「死んじゃう?」と一瞬よぎりましたが、
こんないいキャラクターをそうそう殺すわけがないですね(笑)。
「リックの下僕になんかなってんじゃねえよ、お前なんか真っ先に見捨てられるぞ」と暴れん坊への復帰をそそのかすメルルは悪魔、
「あなたはリックやシェーンと同じ」と感謝のキスをおくるソフィアのママは天使、という役どころでしょうか。
よく、ちびまる子ちゃんでまる子の頭の上でやってる、あれみたいな。
回復した時、どちらのダリルになっているのか楽しみでもあります。
「暴れん坊への復帰」と書きましたが、私たちが見ているダリルは悪いところなどありませんよね。
「みんな一度はダリルを撃ちたいと思った」とデールが言ってましたが。
本当に撃ちたかったのはメルルでダリルはその子分にすぎないのでしょう。
兄ちゃんの下でやりたい放題って主犯よりも嫌な奴度高いけど(笑)。

それにしてもアンドレア、危険だよね、「撃つな」って言われたのに。
リックやシェーンたちも駆けつけてそばにいるのに撃つ根性はどうかしてる。
一時サラに諭されて落ち着いたように思ったのに。
もう一度頼みますか。
あ、ファーストレディ(笑)は今それどころじゃありませんでしたね。

拍手

PR

ウォーキングデッド2 #4 Cherokee Rose

カールは峠を越え、留守番部隊も農場に合流。
しばらくはここを起点にソフィアの捜索を続けることになるが
ハーシェルは「ソフィアが見つかってカールが回復したら出て行ってくれ」と。
いつ終わるともしれないこの生活ですからもっともな言い分でしょう。
「みんな助けを求めてくるが自分もいっぱいいっぱいである」というリックの言葉ももっとも。
ハーシェルも理解できないわけではないので「期待しないでいてね」と実に正直。
問題が起きなければ…ということですが
一緒にはいられなくなる何かが起きるのだろうな、と期待しちゃいますね。
それは、当初の暴れん坊担当であるダリルではなく、きっと他の人だ(笑)。
だって、見ましたか?ソフィアのママへの心遣いを。
精神状態が危険なシェーンではなく今確実に支えになる男だ、って真面目に語ってますが
井戸のコントを忘れちゃいけない(笑)。
あのウォーカーはどのくらいの間、井戸に嵌ってたのかしら?
あれ、ふやけちゃったのですよね?
トーチウッドに出てくるウィーヴィルみたいになってたよ。
身体が真っ二つになるところ、グロかったですねえ。
「井戸に落ちちゃうよっ!」ってとっさに口にした自分もどうかと思いますが(笑)。
でも、引き上げる前から傷だらけだったようにも見えたよ…?

というわけで、こんな状況下でローリには新しい命が宿ったようですね。
さらっと言うがこれ大問題になるんでしょ?

拍手

ウォーキング・デッド2 #3 Save the Last One

何もかもネタバレということになるのでちょっと空けます。








確かにそういった状況がいつかは出てくると思いながら見ていましたよ。
しかし、今回のこんなところでとは…ってその時が来ればいつでも思うのだろうけど(笑)。
この前、「いなくてはならない人」と書いたシェーンが難しい決断を迫れたわけですよ。
二人一緒に帰ることが大前提だったわけですが、行った先はウォーカーだらけ。
そうなると「ここに何をしに来たのか」で選択しなくてはならないですよ。
ショーンは足を挫いてしまい、オーティスに後を託そうとしますが
オーティスは「置き去りにできない」と拒否。
しかし、残りの弾がお互い一発となった時
シェーンは自分を見捨てなかったオーティスを犠牲にすることを選んでしまいました。
この希望のない世界で(今のところ)人情に応えるなら互いに撃ち合うという選択肢もありますが
ここに来たのはカールのため、手術備品を持って帰らねばならないのです。
この時シェーンの脳裏にあったものは、生への執着?カールを救いたい一心?事故とはいえオーティスへの複雑な心境?、どれか一つなわけもないし、言葉で説明できるものでもないですね。
縋るオーティス、振り切ろうとするシェーン、迫るウォーカー、緊迫したシーンでありました。

冒頭、頭を丸めるシェーンを見て「ああ、彼らは戻れるのだ」と、思った自分は甘かった。
鏡に映る自分の身体にはオーティスの爪痕がくっきり残り、頭にも髪の毛を毟り取られた痕跡が。
シェーンに残された傷跡の意味に誰か気付いてしまうのでしょうか。
さらなる地獄を体験して、それなのに誰にも話せず、大丈夫なのでしょうか。
やっぱり彼はいなくてはならない人となりました(ええ、鬼ですよ)。

で、カールはシェーンの持ち帰った医療備品のおかげで安定を取り戻したようです。
「この世界で生き続けさせることが幸せなのか?」とローリが安楽死を望むような風でしたけれど
わずかの間に覚醒したカールが「鹿がかわいかった」と生の喜びを口にしたことを信じての手術決断でしたね。
ここもですね、子役に対する自分の鬼の見方が心苦しいですわ(笑)。

お留守番組ですが…
ダリルとデール、怒ってもいいよね(笑)。

拍手

ウォーキング・デッド2 #1&2

疾病対策センターでの望みが絶たれ、車で移動する彼らでしたが、放置車の列に阻まれてしまいました。
車の修理を兼ねて物品を調達しているとウォーカーの群れが!
車の下で息をひそめてやり過ごそうとするも
隠れることに我慢できなくなったソフィアが出てしまいウォーカーと対面。
森に逃げ込み、「迎えに来るまで隠れていろ」というリックの言葉にも我慢しきれずに飛び出してしまい行方知れず。
翌日の全員での捜索中に、リック、シェーンと行動を共にしていたリックの息子カールが間近で見る鹿に興奮して近づくと鹿を狩ろうとした銃に撃たれてしまう。
銃の男の「この先の農場に手当てできる人がいる」の言葉を信じてリックはカールを抱きかかえて走る。
治療の心得はあるものの圧倒的に物資が足りず、シェーンと銃の男が近くの病院に手術道具を調達に出かけるがそこはウォーカーが大挙しているのだった。

そんな出だしの2話です。
我慢のできない子ソフィアは行方不明、カールは撃たれる、心の汚れた大人である私は「子役をシリーズで使うのはたいへんだからかな?」と二人の離脱を期待覚悟してしまいました(笑)。
そんなことはいいのです。
S2では新たな登場人物が加わるようです。
それがカールを担ぎ込んだ農場の人たち。
ここの主が手当の心得があるらしく、一緒にいたみなさまもてきぱきと準備にあたります。
開業医?と思ったらなんと、獣医さんでした。
獣医に息子の命を預けたのだと知ったリックがふらついた姿は実にいいシーンでした。
でも歯医者より絶対にいいよ。
歯医者は「口に麻酔するところしかわからない」って言い訳するから(「ボードウォークエンパイア」より)。

ソフィアの行方不明だけだともしかしたらデールの言うように先へ進むという選択肢が強くなったかもしれませんが、
リーダー各であるリックの息子が動けないということはリックも母親であるローリも動けない、
Tドッグも手当てが必要となればしばらく舞台はあの農場となるのでしょうね。
リックが駆け込んだ時のあの建物は実に穏やかで、
ウォーカーたちの襲撃を奇跡的に避けられたのかな?という感じ。
ということはこれから…?

人数減ってきたせいもあって、キャラクターがわかりやすくなりその分見甲斐を感じます(これからまた増えるみたいだけど)。
S2#1で、シェーンは頃合いを見てこのチームを離れるつもりと話していましたが、当分お預けかな。
ちょっと荒れた面もあるけれど、彼は必要な人ですよね。
原作コミックだと早々にいなくなってしまうらしいですがなんてもったいない(笑)。
保安官であるリックが、気持ちを引き締めるような行動の時は制服に身を包むのも好きだし、
乱暴者だけれども協調性もあるダリルも好きであります(Tドッグに兄貴の薬をあげるのなんてさりげないぞ)。
妹を自分の手で葬り、死ぬなら自分で死にたいとひねくれ気味のアンドレアがローリにきつく諭され、
そのローリのシェーン批判はちょっとひどかったりと、個々は多少問題でもまとめて見た時のバランスが好みだな。

さて、次回はシェーンと銃男がどうやってあのウォーカーだらけを切り抜けるのか見ものであります。
早く脱出しないとカールも危ないし!

拍手

ウォーキング・デッド S1

1話見て、今は見られん!と思いましたが少し落ち着いている今しか見られないかも…と思い直して視聴完了。
以前だったら反応しなかっであろうところで過剰な想いが盛り上がってきたりしましたが
たいへん好みのドラマだったと思います。
同じショッキングな出来事に直面しているのに想いは様々、
個々の選択をそれぞれもっともだと支持してしまいます。
一番揺れ動いているのは見ている自分だった、ある意味これもショックな出来事かも。

主人公が病院で目覚めると町が大変なことになっていて…という始まりは映画「28日後…」でしたが
あちらは動物愛護団体が実験施設の被験動物を解放したことが原因。
こちらの原因は何だったのでしょうか。
ここまでくるともう発端などどうでもいいですが。

保安官リックと嫁ロリー、リックの同僚シェーンの関係が軸なのでしょうがまわりも十分濃い。
私が注目しているのはダリル。
兄メルル(ケロロ軍曹に出てきそうな名前だ)想い、乱暴者だけれど話は聴ける、
止める余地を残して暴れる、といったところが注目理由。
S2以降も見られることを期待します。

拍手

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]