忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「ウォーキング・デッド」の記事一覧

ウォーキング・デッド5 #8「人質交換」CODA(前半終)

銃声を聞きつけてやってきた警官を人質にし、ベスとキャロルと交換するよう病院を仕切るドーンに交渉をもちかけ、何事もなく交換が終えられようとしていたが…。

やっぱり、ここで一旦区切った方がいいですかね。


拍手

PR

ウォーキング・デッド5 #5 Self Help&#6 Consumed

博士がウソ博士だったとは!
DCに行きたがってないみたいなので、何か手段があるというのはウソかも?とは思いましたが、博士であることそのものがウソだったとは。
エイブラハムのことを、博士を護衛するための軍の生き残りだと思っていたので、そこまでは考えなかったなあ~。
何かに憑りつかれたようにDC行きを主張するエイブラハムにも、そういった理由がありましたか。
家族を守るためのことで恐怖感を抱かせてしまったのですね。
もう目的がないと生きていけない焦燥感なのだと思うと、頷けるような気がしますよ。
さて、このバス組はどうなるのでしょうか。
ユージーンのウソが与えた失望感は半端じゃないです。
もう教会に戻るには遠すぎるのでしょうか。

白十字の車を追ったダリルとキャロル。
病院から脱走したノアに武器を奪われたものの、再会後彼が白十字の病院から脱走してきたとわかり、ベスがそこにいる確信を得ました。
が、彼らの車に撥ねられたキャロルは即行で連れ去られてしまいました。
これで、この前運ばれてきたのがキャロルだったとわかりました。
ノアの手引きで病院へと向かい、ベスとキャロルを奪還するのがダリルの仕事となりました。

刑務所を追放されたキャロルは、そう遠くないところにいたのですね。
追放の原因と、一緒に逃げた子どもにしたことで「もう人を助けられない」と言ってますが…
タイリースの支えになったのも終着駅の窮地を救ったのも彼女だし。
リックを恨んでいるわけでもなさそうなので、その葛藤がどうなることやら。
他の人よりも通じ合っているダリルと一緒であることが、気持ちの落ち着きどころに向かうといいですが…

さあ、次回は久しぶりに教会に残ったリックたちのエピソードも見られそうです。
そろそろ、道端で拾った車が即動くのには問題アリだと思うので、移動手段にも注目したいと思います(笑)。


拍手

ウォーキング・デッド5 #4「朽ち果てた街で」Slabtown

ベスのいる場所がわかりました。
病院で、傷の手当をされていたようです。
病院を仕切るのは警官(?)たちで、そのリーダーはドーンという女性。
彼らはベスに「助けてあげたのだから、借りを返すように」と告げてます。
借りを返すとは、病院での仕事を手伝えということでしょうか。
どれくらい働いたら解放してもらえるのかは不明。
仲良くなったノアは一年いるっていうし。
人身売買の手引きしたところが、働いて借りを返せば自由になれるというのと似ている気がします。
つまり、自由にはなれない、と。
それに、ベスに対して、道端に転がされていてウォーカーにやられそうなところを助けてあげたというのも「?」ですね。
ベスをさらった車が病院の表にありましたものね。
ノアのお父さんが助けてもらえなかったというように、若くておとなしそうで使えそうな人を救助という名を借りて誘拐しているのかも。
誰かが助けに来てくれるまでの人員が必要ということで。
共に脱出しようとしたノアはなんとかフェンスを抜けていきましたが(彼、すごく細長いなあと思ってましたが、このためだったとは!・笑)、ベスは連れ戻されてしまいました。
でも、何かやる気です。
そこへ運ばれてきた人は…もしかしてキャロル?
IMDb見ると、他のいつもの人たちは credit only ですけど、キャロルだけ書かれてないですからねえ。
男性のようにも見えたのですが、前回ダリルと一緒に戻ってきてはいないみたいだったし。
キャロルであるほうがベスも脱出しやすくなるというものです。
終着駅でもそうだったように、微妙にキャロルがキーとなっていくのでしょうか。

今度の病院も、この前の終着駅も、リックたち以外の生き残りの人たちの作った共同体が興味深いです。
ゾンビの呼び方も、ウォーカー、バイター、腐人、と様々だし、生きていくことへの姿勢もそれぞれです。
生きていくためには食べなければいけない、いつになるかわからない助けを待つ間に人員が必要、それが共同体の性格であるわけですね。
改めて、主役グループたちは健全だったなあと思いますよ。

ベスの行方がわかり、新たなグループの存在があったりで、いいのですけれど、贔屓のお方が見られないのはちょっと不満。
私の場合、CM明けに姿が見られるだけいいのかしら?(笑)
 

拍手

ウォーキング・デッド5 #3

神父は何をしたのか?がわかりました。
「何もしなかった」のでした。
教会の扉を閉め、信徒が助けを求めても開けなかった。
よく、窓を割られたりドアを壊されたりしなかったものだ。
そんなことしたら、ウォーカーたちから身を守れないとわかっていたからでしょうか。
人を助けない神父など「地獄で焼かれろ」ということだったのですね。
あの、怯えた小動物のような目は、そのせいだったのか…彼はもとからああいう目でしたけども。
リックたちと出会い、この状況での仲間の大切さを受け止められたのかしら?
教会もあんなことになってしまえば、行動を共にしないわけにもいかない気がするし。

ターミナルの残党からあんなことをされたボブ。
拉致される時、ひとりで泣いているように見えたのは噛まれたせいだったのですね。
彼は仲間ができたことをとても喜んでましたからね。
リックに感謝の言葉を述べてましたが、彼が本当に感謝しなければならないのはダリルだと思いますよ。
酒瓶一本のためにみんなを危機にさらした!とのひどい叱責が思い出されます。
で、死期をさとったボブは教会の前に放置されました。
自分が噛まれて「汚染されている」と告げたのはせめてもの仕返しでしょうか。
これを宣戦布告と受け止め、成敗しに出かけますが、ヤツラは裏をかいて教会を襲撃に来ました。
が、その裏をかいていたリックたちに包囲され…
別々に生きていくことを提案されても、「別の人たちがまた同じ目に遭う」と聞き入れず、そういうことに。
先に書いた「教会もあんなこと」とは、そういうことです。

一緒にDCへ行くことにしたけれど、危険人物たちに襲われる恐怖、一刻も早く博士に対応策に着手してもらいたい、でもダリルとキャロルがいない、との理由で分裂することに。
博士、護衛のエイブラハム、ロジータ、タラ、グレン&マギーが先発隊。
リックをリーダーとした残りは、ダリルとキャロルを待ってから後を追う、と。
意見はぶつかったものの、地図にリックたちとチームであることを書き残すエイブラハムの演出はかっこよすぎ。
でも、博士、あんまり行きたがってないみたいだったけど(笑)。

戻ってきた姿を見せたのがダリルだけというのも気になりますが(何か他にも連れてきちゃったのかしら?)、次回はようやくベスがどうしているのかがわかるようです。

拍手

ウォーキング・デッド5 #1「食うか食われるか」No Sanctuary & #2「暗闇からの視線」Strangers

もう始まってますよ、S5。
開始を記念して、2話連続のスペシャルバージョンにしてみましたって、ためてしまっただけなのですけども。

終着駅の人たちは、やっぱりそういうことでしたか。
こんな世の中になって2年くらいにはなりますよね。
だとしたら、彼らのような人たちが現れても不思議はないかも。
というか、リックたちのグループはかなり健全だとも言えますよね。
ああいうことをしていたとなれば、友好的であり攻撃的でもある二面性に説得力さえ感じます。
生きるために必要だとはいえ、今まで触れることもなかったであろう行為に疑問がないはずはないでしょう。
そうであるからの攻撃性かも?と思えてきます。

とりあえず、追放したはずのキャロルの機転でみんな脱出でき、増えた仲間で解決策を持っている博士を連れてDCに向かうことになりましたが…
終着駅の人たちが、リックたちに恨みを抱え、食料を取り戻すべく追ってきたようです。
脱出&再会直後に皆殺しを提案したリックが正しかったということですか?
ボブの表情が穏やかで、サシャといい感じになっていたので「この人…」と心配したら、やっぱりな展開。
あれはないよな…いたぶられているだけじゃなく、新鮮さのためなのかと思うともう…うぇ~!!

そして怪しげな神父登場。
缶詰寄付作戦の直後だったから食べ物に困らなかった、食料が尽きて初めての遠出でウォーカーに襲われているところを助けてもらった、と言ってることは納得できるレベルですが、とにかく怪しい。
とりあえず信じてあげていたカールでさえも、教会の周りを調べたら、少なくとも隠し事はあると推理できてしまうくらいに怪しい。
そもそも、本当に神父様なのでしょうか。
逃げ込んだ先が教会で、そこを乗っ取ってしのいできただけで、デスクの手書きの創世記は学んでいる途中だったとか…?
予告によれば、次回リックに追及されるようなので、お楽しみに♪ってことでしょうか。
それにしても、神父の登場で「The Wire」度が上がりましたね(笑)。

早くDCに向かうべきという博士の護衛に、ほとんどの人がリックに従うと告げているのがいい感じでした。
そのリックも以前のような意固地ではなく、ボブの助言も聞いてDC行きに反対ではないとみんなの前で言えるのがいいですね。
そう、私は相変わらずリック押しなので、かなり満足なシーズンスタートでした。
こういうドラマでリーダータイプの人を応援するなんて、私にしてはたいへんに珍しいことですけど。
壊れているリックでも応援するけどね(笑)。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]