忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「NHK」の記事一覧

ダウントン・アビー S1(終)

時代モノとか得意でないけれど、話題作なので見てみたかったのですよ。
でも、放送時間が見つけられずにあたふたしており、得意分野でないからとあきらめるには心残りで…といった顛末は以前書いた通り
結果、見てよかった!
たいへんに楽しめました。
苦手分野かもと思いつつも、気になっていたのはこういうことだったのか、と思いました。

タイタニック号の悲劇が伯爵家の運命どころか、それまでまったく関知していなかったマシューの運命までをも変えてしまうとは。
それだけではなく、S2以降は戦争という要因も加わって、これまで以上に想像つかない出来事が待っていそう。
素直に続きが楽しみですよ。
それはNHKさんも同じらしく、最終話に「S2は秋に放送決定!」とかテロップ出してました。
こんなの、見たことないですよね?

伯爵様のお人柄がたいへんに好ましく、「金持ち喧嘩せず」って言葉はこういうお方から生まれた言葉なのだろうな、と納得してしまいました。
マシューが「モールズリーさんは不要」と語った時の、彼らの仕事の大切さや尊さを戒めるでもなく納得させる物言いにはぽ~っとしちゃいそうでした。
また、これを受け止めたマシューの振る舞いもよかった!
意図的に新しいカフスを選んで「慣れてないからやって♪」って感じで(笑)。
「私たちの名前を知ってるかもわからない人たち」と口にする使用人もいますが、ここの伯爵家の人たちは彼らが思っているよりはみんなのことを知っているかと思います。
でも、そんな伯爵様にもひとつ気に入らないことがあります。
コーラには「オブライエンを解雇しても一向にかまわんよ」と言うくせに、トーマスの解雇には消極的なところです。
「トーマスには油断ならない」とか言ってるのに。
よほどのことがない限り、自分から辞めたいと言い出さない人を辞めさせたりはしないお方ということなのでしょうが、コーラにはすすめておいて…と伯爵様を支持するからこそちょっと解せないような…。

お母様のバイオレット様もまたかわいいお方です。
お高く留まって他の人を見下すタイプかと思いきや、ただ他の生活を知らないというだけですものね。
「週末って?」とか、マシューの事務所で回る椅子に座って驚く姿とか、かわいらしいです。
マシューのお母さんと張り合っている中でも、モールズリーさんの皮膚炎の原因をズバリ当てるのもよかったです。
ふつう、ああいうところではマシューのお母さんの方に軍配上がると思うのですが、バイオレット様を勝たせるあたり、ニクイです。
バラの品評会では、みんなの声を聴いてモールズリーさんのパパに花を持たせたり、話の分からない人ではないことがよくわかります。
バイオレット様と伯爵様が親子であることを納得させてくれるエピソード続きだったと思いました。

それなのに、その伯爵様の娘、メアリーときたら。
メアリーがマシューを好きになるのはわかるとしても、マシューメアリーを、というのはわかりませんねえ。
伯爵家の娘の結婚は難しいのでしょうが、それにしても…です。
まあ、妹の結婚も自分の結婚も、壊しているのはメアリー自身ですから、やってることに一貫性があるともいえますが(?)。

というわけで、大特集というので買ってみました、ムービースター。
相変わらず、文字がぎっしりな雑誌ですね。



「ダウントン・アビー」と「ゲーム・オブ・スローンズ」のリバーシブル表紙なので、「ゲーム~」の方も人物紹介というか相関図くらいあるかしら?と。
ほら、「リッパー・ストリート」のあの人の姿が手元におけるかも♪という期待があったわけですよ。
そしたら、ありませんでした。
もうちょっと立ち読みして調べればよかった…。
でも、いいです、読むところいっぱいあるしっ!
あの人のお姿は、スターチャンネルのHPで確認してきましたっ!

拍手

PR

SHERLOCK3(終)

まずの注目はシャーロックが生きていたとわかった時のジョンの反応。
ジェレミー・ブレット版も、ロシア版も、ワトソンが卒倒して気が付いたら抱きしめてという感動を呼ぶものだっただけに期待しちゃいますよ。
いや、同じ路線ではないという意味で。
ロシア版なんて、ワトソンの感激が伝播してホームズまで涙ぐんでましたが、そんなのは期待しておりません(笑)。
やはり違いましたね。
あの、パンチをくらわすたびにレストランからカフェ、カフェからもうちょっと小さい食堂って店の格が下がっていくのが気に入りました。
僕がうれしいんだからジョンもうれしいはず♪ってヒゲかいたり変装してるシャーロックのおめでたさと対になってる感じもよかったです。
レストレード警部の無言のがっちりハグ的なことをシャーロックは思ってたのかしら。
ついでに、建物屋上からの落下の真相がはっきりしないのもシャーロックらしいといいますか。
正解を知りたいですけれども、ドラマファンとしては煙に巻かれるのがいいのかもしれませんね。
もしかしたらラストのモリアーティと関係あるのかもしれないし。

ジョンとメアリーの結婚が今回のシーズンのキーだったのですね。
とばし暗号、記憶力、射撃の腕前等、メアリーの過去を推測させるものが小出しにされて、それが最後のマグヌセンとの対決の意味となっていくという。
恐喝王の登場する「犯人は二人」だと、エンディングにはコミカルな印象があったのですけれど(私だけですか?映像とごちゃまぜのせいかしら?)、これはなんともまあ…。
確かに頭の中が書類保管庫じゃそうするしかないですねえ。
それにしても、マグヌセンのハートマン議員(キリング)の人、やっぱり悪い役の方が似合うお顔立ちです(笑)。

ジェレミー・ブレット版は全話見たといっても、小説は未読なものがあるので、まだホームズ初心者なわけです、私は。
それでも、このネタはあれだな!と楽しめるのがこのドラマの好きなところのひとつです。
初心者なだけに気付けないところがあるのも承知の上ですけど。
このシリーズが終わった時には、小ネタもすべて気付けるような、そんな人になっていたい(笑)。

拍手

実験刑事トトリ2(終)

トトリの超人的思考に圧倒された先輩が自信を失くし、退職届を懐に忍ばせながら捜査を続ける中、トトリの意外な人の子ぶりにふっきれてコンビ再出発、というエンディング。
「安永さん」、「都鳥さん」なんて呼び合い方がしっくりこなかったので「先輩」、「トトリくん」に戻ってよかったですよ。
ということで、S3も一年後くらいと思って待っていていいのでしょうね?

3話「偽りの断崖~写真家の仕掛けた罠」。
強請っていた理由に思い至りませんでしたよ、そっちか!って。
4話「秘密~ある小説家の死について」。
絶対殺人だと思い込んでいたから最後に「あっ!」って言っちゃいましたよ。
と、ボンヤリした万年初心者ミステリ好きだからこそ味わえたのかもしれませんけれど。

トトリと先輩の掛け合いが楽しかったのはもちろん、まこりんが実はトトリの妹だったり、嫁が仕事で海外にいるからトトリは寮住まいとか、私生活が盛り込まれたのも見所だったでしょうか。
大切な人を亡くした男の復讐の物語(4話「ビリヤードが終わったあとに」)で、トトリが犯人の独白に涙するところに嫁の秘密(というか趣向)を織り交ぜてみたり、こっちの誘導も楽しかったですよ。
でも、まこりんのストーカーの話は、よくわからんかった…。
私が望んでいるのがそっちじゃないからか?
そうだ、トトリの教え子「羊田」が出て来なかったじゃいですか。
トトリを取り合う、先輩と羊田の枠をストーカー話に盗られたような気がするのだっ!
とうわけで、S3では羊田が登場することを強くお願いしておきます。

拍手

実験刑事トトリ 2 #1「罪深き建築家の肖像~実験刑事ふたたび」

トトリのシーズン2が始まりました!
都鳥はもちろん、先輩・安永、部屋長、マコリンも健在、
不思議な新人婦警・川中弥生も加わりました。
シーズン1を見ていない方にもトトリの着眼点を披露すべく、
「部屋長のペットボトルお茶減少事件」の解決からスタート。
部屋長の名前が三船とか、初めて知ったよ(笑)。

そして本事件は…
建築家コンビ久保&内藤は、世界的な建築物を手がける有名人。
内藤の方が結婚を機に独立するが、内藤の嫁が久保の仕事を内藤のもとに引き入れるやり手。
内藤も仕事も奪われた久保が嫁を殺すのだが、
トトリはどうやってそこに辿りつく?そしてその方法は?というもの。

言葉の端々やちょっとした物の配置にヒントがあって、トトリと同じところが気になっていれば一見突拍子もなさそうな実験も合点がいきます。
同じところが見えていなかったとしても、実験の様子からどこに目を付けたのか探れるのもいいですね。
今回は、家の周りの測量と内藤の言っていた「同じ長方形の部屋が~」がポイントでした。

忘れてならないのがトトリは動物科学者であったということ。
事件に隠された真相を動物の生態になぞらえて語ってくれたりします。
ヤドカリとイソギンチャクの話と重ねた今回、「そうりきょうせいという言葉を知ってますか?」と犯人に語りかけた時、同席している先輩が「総理強制?」と反応したのを視覚的に見せてくれたのは新手法でしょうか(正解は「相利共生」)。
私はすごく納得できましたよ。
反応早いけど、言いたいこととはちょっとずれてる先輩という人が実によくわかるシーンだったと思います。
総理強制も、風刺を孕んでいるようで素晴らしい言葉だし。
大声実験も、携帯電話で結果報告じゃいけなかったのかな?と思いつつ、この二人だからこそあれでいいのだ!と思い直せましたよ。

トトリと先輩のやりとり、楽しみですわ。
でも…久保の気持ちを熱く代弁するトトリはどうだったんだろう?
認めない久保の女心を強調するためだったのかなあ?
まあいいや。
トトリの部屋が広すぎるような気がすることに比べれば大したことないや。
だって、あそこ、警察官の寮みたいなところでしょ?
持ち込んだ植物に圧倒された私の錯覚かしら?

拍手

リゾーリ&アイルズ~ ヒロインたちの走査線~ #1「宿敵」 See One.Do One.Teach One.

NHK BSプレミアムで始まったので見てみました。
ちなみにうちはWOWOW契約しています(笑)。
心待ちにしているドラマというわけでもなかったので(ケイトの人がどうしているかはちょっと見たかったかも)、再放送でいいや、再再放送でいいや、としているうちにとうとうNHKに。

で、見てみた第1話。
リゾーリが過去に担当した事件の犯人が弟子を従えての犯行というエピソード。
過去ひどい目に遭った時のフラッシュバックの挿入に、少し心配になりましたよ。
何がって、S1の放送をNHKでも逃してたのかな?ってですよ(続きものを途中から見るのはキライなタイプなので)。
でもどうやらこれはどの視聴者にも初めてのことのようでほっとしました。
こういう因縁事件って、まず出会いの事件があって、シーズンエンドとかクリフハンガーで再登場させがちじゃないですか。
なのである意味新鮮だったように思います。
元相棒がコンビ解消に納得していないところとかも。

そして何よりも大事なところ、ワンコですよ(笑)。
リゾーリは犬アレルギーらしいですが(これがコンビ解消理由だというが…?)、元相棒コーサックが拾ったワンコを彼が怪我したら家に連れ帰って世話してますよ。
コーサックは、捨てられたワンコを放ってはおけないタイプのようで、見た目とは関係なく私の中では好感度アップ。
怪我する前に張り込み車内でそんな会話していたじゃないですか。
この時に「コンビ解消はリゾーリがいけない」と私の中で決まったのですけど、彼女もワンコをかわいがっているので、別の已むに已まれぬ理由があるのだなと思えてきました(笑)。
ワンコ、このまま出続けてくれるのでしょうか。
この子、REXが拾ったチビちゃんにちょっと似てましたね。

とうわけで、犬好きコーサックがレギュラーのようなのでもう少し続けてみることにします(笑)。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]