忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「デクスター」の記事一覧

デクスター #6「嵐の予感」

デクスターが呼び出された現場はなんとカスティーヨの秘密工場。捨てたはずのカスティーヨ妻を冷凍庫キラーが元に戻してくれたようだ。さらに現場の車のトランクには難を逃れた少年が隠れていて(冷凍庫キラーじゃなかったのね)犯人を目撃したかもしれない。デクスター、絶体絶命のピンチ!

デボラは冷凍庫キラーの模倣犯とプロファイリング、あげられた特徴はデクスターそのもの。白人男性、30代半ばで独身なんて絞り込めたとはいえないけどデクスターにはそれで十分。
容疑者候補から逃れるために仕事道具を捨てるが、ふと「ピンチの逃れ方を試している」冷凍庫キラーの目的が頭をよぎり証拠の捏造に切り替える。
功を奏して妻殺しの犯人はカスティーヨ夫説が再浮上。
少年が見た犯人の似顔絵が完成するも、なんとキリスト様。少年には悪人を懲らしめてくれた人だから神様同然だったみたい。
確実に嵐のやってくることは覚悟しながらも、とりあえず追っ手を振り切ったことに安堵するデクスターでした。

自分が逮捕されることによってリタが苦しむのを想像するデクスターが新鮮。感情を推測するだけとは違った何かを感じるのは間違いかしら?
デボラは警官としての勘はあるけれど行動が伴ってない。ハリーの「妹に知られてはならない」は勘の鋭さの警告と身近な人を困らせてはいけない、両方の意味なんだ。
今回のラゲルタ、情にあふれた警部補だった。デボラの「何故私を嫌うの?」の質問にも行動が伴ってないことを指摘してあげたかったのかも。答えを待たずにその場を去ることも含めて(笑)。
少年に懐かれて養子を考えてみたりと彼女、ちょっとキャラクター変わってきた気がするけどネイサン先生はこの方がいい。

拍手

PR

デクスター #5「自由というワナ」

目覚めたトゥッチに事情聴取をするも、何も覚えていないという。
監禁されていたのと同じ状態になったら思い出すかも、とのデボラの提案はドークスからお叱りを受けるが他に手がかりがないとなるとドークスから再提案。
そして得られたものはメントールの飴を舐めながらの作業の記憶。
現場のネズミの巣を探ると飴の包み紙が見つかり、指紋の一部も検出された。記録に残っている指紋と一致するのを願う捜査本部。

デクスターの標的はキューバ人不法入国者から搾取しているコヨーテのカスティーヨ。
リタの同僚の婚約者が直接被害にあい遺体で発見される。
カスティーヨを犯行と結びつけるための捜査で睨んだとおり以上の証拠を発見。早速処刑の準備を始めたところへ奥さん登場。
未亡人にするのを忍びなく思っていたが「思った以上にお似合い」の夫婦だったので急遽計画変更。
二人分には時間が足りず、適当なところで手を打つしかなかったが何とか処刑終了。
あれ、冷凍庫キラーは今回はお休み?と思っていたらカスティーヨ秘密工場の廃車トランクのキー部分から覗いていた眼は…!

デクスターはリタとの関係を続けるためにも、エンジェルが自分を気に入ってくれている理由が知りたいと思っていたが、ひょんなことからカスティーヨ夫妻から関係を続かせる秘訣を聞き出せた。
それは共通の「夢」。
デクスターがリタに語った夢は静かに暮らせる平凡な生活。リタの望むものも同じ。おそらく推理からだろうけど。
これでセックスが絡んで関係が気まずくなっても「夢」でつながりがもてる。好きなのは孤独だけれどハリーはそれを望んでないから。

デボラには教育係が必要だと思う。あのままではラゲルタになってしまう。
そしてカスティーヨは働き者だ。一人で集めてきては溺死させ海に捨てに行く。子分はいないのか?あれじゃ金持ちにもなろうというものだ。

デクスターは周りが明るいのに何かを海に捨ててますが、大丈夫なのですか?
誰も疑わないほどにさりげないのでしょうか。

拍手

デクスター #4「切断された手足」

ビーチで切断された手が発見される。そこはデクスターの想い出の場所。これも冷凍庫キラーから彼へのメッセージのようだ。しかし、何故か今回は男の手。疑問は残るものの鑑識結果で指名手配のトゥッチのものと判明する。しかも生きたまま切断されたらしい。対応がわからないまま、今度は足首から下、そして足首から膝まで、とトゥッチのものが発見される。それがことごとくデクスター想い出の場所。冷凍庫キラーからのメッセージであることは間違いないが考えあぐねる。リタの何気ない言葉からヒントを見つけ行った先に殺さない程度に生かされているトゥッチを発見。デクスターを知り尽くしている冷凍庫キラーの「トゥッチを殺せば?」の誘惑。しかしハリーはいつも影となって見ていてくれる、ハリーの喜ばないことはしないと決めているので匿名の通報でデボラに花を持たせるお兄ちゃんでした。

ああ、集中できなかった…。
前回は気がつかなかったけれど、ドークスを勝手に囮にしてたのってシリルじゃないの!
シリルみたいだ…いやまさかそこまでOZにしないだろ…が頭の中でぐるぐるしてましたよ。で、最後にScott William Wintersの名前を確認。
どこまでOZ度をアップさせるんですか?(笑)
マフィアVS警察はとりあえず集結でもう出番がないようなのは幸いです。

誰に向けてなのかライバル心丸出しのラゲルタが、トゥッチのお母さんに犯人と誤解したことを謝罪すると「息子を捜して救ってくれる人」と感謝され戸惑う。
彼女の傍若無人ぶりは力のないことを知っているが故の虚勢なのでしょうか。ドークスとは仲良しみたい。

特筆すべきは健気なエンジェル。家庭を省みない行動で奥さんに家を追い出されたらしい。結婚10年の記念日に贈り物をして仲直りのきっかけにしたいと懸命。
でも奥さんへのプレゼントの相談相手がデクスターというのは失敗だ。
結局はデボラの「いいんじゃない」で腹を括ったものの、奥さんはエンジェルを受け入れずがっかり。
それでもデボラには「気に入ってもらえたよ」と気遣った言葉。こんな繊細な人が奥さんの怒りを買うような何をしたっていうんですか!

拍手

デクスター #3「指先のない死体」

冷凍庫キラーは次なる被害者娼婦のチェリーをホッケーリンクに放置。監視カメラに警備員トゥッチがバラバラ遺体をセッティングしている様子が映っている。が、デボラやエンジェルが観察するとトゥッチが誰かに指示されながらやっているのが明らか。それなのにラゲルタは容疑者としてトゥッチを指名手配。
デクスターの今度の標的は少年時代に殺人を犯し、少年院を4年で出てきた少年。観察すると改心は見られないので接近開始。

ラゲルタの無能ぶりがでてきました。
刑事としての才能はないが、政治力に長けているという設定だったと記憶してるので、論理的な判断よりもデボラ憎しを優先させる捜査方針が物語っているかも。ラゲルタの上司が匂わせているのはその点なんだろうな。
今回はデクスターの最初の「仕事」が明らかに。入院した養父ハリーの看護師は「患者を楽にさせてあげる」という勝手なポリシーを持っていた。
「僕と同類だ」と気付いたデクスターの恐怖と「やれ」というハリーの表情、みんなのためにならない犯罪者を処刑するデクスターができあがった瞬間か。
で、この理念に反していたのが今回のターゲット。
彼は人殺しであるがそれは被害者が身を守った結果だった。
そうと知ったら殺すわけにはいかず、「この前のは違うだろ」という軽いお説教で解放。教えは守られたのでした。

哀しみがわからないから葬式は苦手、というように感情とは別の生活をしてきたのに守りたいものに出会ってしまいちょっと混乱気味。
ハリーが教えてくれなかったことをちょっぴり恨みに思ってるみたい。
だから平気であんな車を借りちゃうんだな(笑)。
それでもリタや子どもたちが喜んでくれるのなら満足のデクスターなのでした。
リタの旦那の借金取立て野郎が徒歩で来たのは最初っから車をもらっていくため。
自分がリタだったら追い返してくれなかったことを責めるかも。警察に勤めております、と匂わせるくらいしたっていいじゃない!とか。
どっちも無意識に「そうでないこと」がパートナーである理由なのかもしれない。

ドークスが仲間に不倫を見透かされていて、罪を着せることも辞さない態度に出られたことにショック。
「憂さ晴らしなら酒にしようぜ」と真っ当な警察官だったことにこっちもショック(笑)。
ということはデクスターへの態度はやはり警察官としての勘が鋭くて「激しく悪を憎む」ドンちゃんタイプってことか。…ドンちゃんに勘を分けてあげて下さい。

拍手

デクスター #2「空涙を流す男」

18日からのS1ベルト放送に滑り込みセーフ。これから大事にちょっとずつ見ます。

そういえば、本デジにしてチャンネル増加にばかり興奮して画像のことにまったくスルーしてました(笑)。
このデクスターはFOXで第1話だけ放送されたのをもう1回さらっとおさらいしておいたので違いがわかります。
ふだんから画質にこだわらないので違いなんてわからないと思っていたら大間違い。色合いが深いというかメリハリがあるというか。こんなにくっきり見えていいのでしょうか?
生画面をはじめて見た時に、目の奥までずーんと衝撃を感じたので録画して見るのが調度よいかも。

マフィアに潜入していた警官が殺される。お悔やみを告げに家へ行くとそこでは妻も瀕死の状態。結局死亡。潜入先のボス、ゲレロの仕業と思われるが実行犯の証拠のみ。しかもゲレロの指示で拘置先で殺される。証拠がなくなって警察大弱り。
この警官事件の鑑識作業をしながらデクスターは快楽のための次なるターゲットを見つける。「独自捜査」から悪人であることを確信し、お楽しみの時間へ。
そうこうしていると妹デボラが冷凍庫キラーのトラックと新たな「お土産」を発見し、捜査に加わることになる。

マフィアVS警察は小説にはなかったと思うけど(すでに記憶にないくらい○○だったからか?)、殺された警官の妻とドークスが関係があったのにそれを確認とっただけで見過ごすラゲルタって。ちょっと怒ってはいたけど。
さすがマイアミだ。「捜査に私情を挟みます」というホレイショ魂はマイアミに染み付いているのだな。

今回のツボは、高速道路から投げ捨てられた警官の死体の口から吐き出された血を顔面に浴びたこと。
洗って(ますよね?・笑)ラボに戻って、一人になってこっそり薬品を顔にかけてルミノール反応を楽しむ。恍惚状態だ。

デクスター、忙しいなあ。恋人と(その子どもたち)の優しい時間まで加わるのだから。
それに警察では鑑識作業だけだが、自分警察では捜査から裁判、処刑(後片付け)までひとりだもの。
そこへ冷凍庫キラーからの個人的なメッセージ。それでも裏の仕事を止められないのに悲哀を感じる。
まだ導入部、マフィアがらみと冷凍庫キラーがどう広がっていくのか楽しみ。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]