忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「サード・ウォッチ」の記事一覧

サード・ウォッチ6 #17(126)「帝王の逆襲」 Kingpin Rising

前回の「M.I.」とのクロスオーバー、不安が的中。カルロスが感染した伝染病の部分は「M.I.」側で話がまとまったようだ。冒頭のおさらい部分でレヴィーンの看病するカルロスの容態が落ち着いていた…まあ、クロスオーバーエピソードとはそういうものだ(泣)。

ギャング事件の続きは、実行犯の少年のお母さんの供述でマーセルの関わりがわかり逮捕。物証なくて勾留できる理由もなさそうな気がするけどクルーズは譲らず。そこにマーセルの「戦争は起きていない」という言葉が無気味に関わる。実際、マーセル逮捕後、ストリートではギャングの諍いに少年が巻き込まれて死亡する。自分がストリートにいないと戦争が起きると、このことを訴えていたのだろうが。これって、仕切るものがいない間に暴れているのか、それとも逮捕されたら暴れるよう部下に命じているのか、判断微妙。こんなこと考える自分が一番歪んでますか(笑)。とにかく、クルーズは巻き込まれた少年の死亡事件とマーセル逮捕のつながりに眉を顰めて…とこの話はまだまだ続く。

そして今回のメインニュースはボスコの復帰ですよ。モンローがインフルエンザで休みなので(本当かな?)、復帰早々ボスコがサリーのお目付け役だ(絶対逆)。長いお休みでみんなが忘れているといけないから、サリーがボスコのまっすぐな警察官ぶりを説明してくれました(笑)。汚れた世界に足をつっこんだ警察官には、まっすぐな心を持ち続けるボスコが鬱陶しいと。好きではないけどまっすぐなところは認めているというボスコの役割確認ですよね?(笑)私がボスコを好きなのもそこのところなのですよ。生活からはみ出した人たちにも、悪態はついても人として認めているのがボスコだからですよ。
しかし、そんなボスコには今射撃テストの不正疑惑が…。私はボスコが頑張ったのだと信じたいが、病院で書類を書く姿勢とか、射撃テスト受ける以前の問題のような気がする。フェイス、射撃テストを調べるな!ボスコは刑事としてのフェイスをからかうことなく認めてたぞ(と思う)。吸血族のリーダーに噛み付き、エミリーを狙われ始めたことでそんな余裕はなくなるのかもしれない。

拍手

PR

サード・ウォッチ6 #16(125)「闇を継ぐ者」 In the Family Way

どうやら「M.I. 緊急医療捜査班」とのクロスオーバーエピソードらしい。
宝石店の店主を撃ち殺した強盗二人のうち、一人は車をぶつけて逮捕。怪我以外にも体調が悪く、インフルエンザのような症状を見せる。ERの医師は、先に中国人医師の同じような症状を見ていたため、SARSの可能性を疑い国立衛生研究所に応援を要請。それが「M.I.」の人たち、というわけですね。もしもSARSだとしたら、逃げた強盗の片割れはウィルスを撒き散らし続けていることになり、緊急な身柄の確保が必要。そして接触した警察官や救命士、特に顔面に咳と唾液をかけられたカルロスが心配…と思ったら、ラストでかなり体調が悪そう。レヴィーンと再会し気持ちの確認ができたろころなのに。

前回逮捕したギャングのリーダー、マドックスを刑務所に護送するため警察内を連れて歩いていると、少年がいきなり発砲し、マドックスは死亡。名前も住所も理由も何も言わない少年に、ギャングのNo.2マーセルが弁護士を連れてくる。父親をマドックスに殺された少年をマーセルが「子どもはたいして罪にならない」とそそのかしたと思われる。マーセルはマドックスのやり方に不満を持っていたため、この逮捕を自分の改革のために利用したようだ。「クリーンなイメージにドラッグは合わないから、シマを分割してくれてやる」と敵対する三つのチームを呼びつけておいて一気に爆破で三つのグループを亡き物に。クルーズに負けず劣らず強引だっ!

伝染病とギャングの爆破事件、両方とも続きは次回か?伝染病騒動は本当に見られるのか少し心配。「続きはM.I.で!」だったら気持ち悪くてかなわないよ。

拍手

サード・ウォッチ6 #15(124)「死刑宣告」 Revelations

葬儀社の車の交通事故で、飛び出した棺をあらためると一つの棺に死体が二つ。ギャングの手下の運転手が、死体の始末をしていたらしい。報復を恐れ白状しない運転手に、いつものように強行手段に出るクルーズだが「あんたが俺の家族に死刑を宣告したも同じ!」と責められ、さらに強行な手に出て運転手とその家族を保護。部下の「上司への意見ではない、友だちとして無茶は止めて!」の訴えにも「友だちなんかいらない」と返すクルーズ。今までの無茶も病気に対しての気持ちの表れということなのだろうか。一体、どんな深刻な病気なんだか。この様子だと、無茶な捜査は加速しそうだ。

退院したボスコは、毎日訓練しているものの、眼の照準が合わず射撃がイマイチ。フェイスに射撃テストの替え玉を依頼するが、正義感に溢れたフェイスは(えっ・笑)断る。ボスコのためを思うなら断って当然。でもパトカーに乗れない自分が想像できないボスコには裏切りにしか見えないようだ。「命を助けてやったのに」なんて恩を着せるような言葉は、ボスコの口からは聞きたくなかったなあ。それだけ今の深刻さと焦りが伝わってくるというものだけど。

ゲストのHelen Mirren は意外な役所。ジェーン・テニスン警視(「第一容疑者」)がホームレスですよ(笑)。薬物中毒で家出した、グレイスのお母さん。戦地での立派な看護婦=苦しまないようクスリを与え続けただけという葛藤に耐え切れず薬物中毒となったようだ。せっかく出会えたのに、話をしたいだけとのグレイスの願いも空しくまた姿を消してしまう。…添え木の仕方で「これは…お母さんっ!」というのは多少強引かと(笑)。

出てくるエピソードのどれもがタイトルとつながる境遇で、生き方とは、と考えてしまうものでありました。
そんな中、モンローの妊娠を知ったサリーの気遣いはいいですね。罪を憎んで人を憎まずというサリーの心がデイヴィスにも伝わるのだろうか。って、関係が壊れた二人の子どもであるということも肝心だけど。

拍手

サード・ウォッチ6 #14(123)「至上の愛」 The Kitchen Sink

以前、ブレンダンが病院に付き添った少年ベンに電話番号を教えたのはこのエピソードへの布石でした。
ママは離婚して再婚、本当のパパは精神の病気で薬物治療中。しかし薬が切れてしまったため、ベンに会いたい一心が攻撃性を生んでママをナイフで刺し、ベンを連れて逃走、というお話。
ベンはママを刺したパパを恐がりながらも、「パパはパパだよ」と大好きな気持ちは変わらないのです。ブレンダンは自分の境遇と重なり、自分に言い聞かせるようにベンに間違ったことをしてもパパはパパだよね、というところが泣かせます。やはりブレンダンはそういうキャラクターなのだ。そりゃ、グレースも彼の真摯な態度を見ていれば受け止めるよね。…本当はこれ、ボスコの役だと思うんだけどなあ(笑)。

モンローはまだこの分署で頑張っている。必死でデイヴィスと話し合いたがっていたのには理由があったのですね。そりゃ話さないといけません。命の問題ですから。妊娠検査薬を使ったのが誰なのか最後まではっきりしませんでした。実家に帰ったレヴィーンが、検査薬の結果を見てカルロスに会いに戻るのかなとも思いましたが、更衣室でのモンローの必死さに「もしかして、こっち?」と思ったらそれが正解。
モンローの妊娠、クルーズの病気、救命士の人手不足、ボスコの苦悩の日々、と本当の終盤へ向けて山がたくさんありそう。
ところで、「世界一の刑事」ミラーはどこへ行った?(笑)

拍手

サード・ウォッチ6 #13(#122)「新たなる門出」 The Other "L" Word

The Wireだけでなく、12月からスパドラは通算とシーズンごとの話数を併記することにしたらしい。今後は私もそうしよう。

放射能汚染された男の扱い、あれでいいんですか?可能性があった時点で救命士には伝えるべきではないのかしら。
取調べ中の男は病院へ搬送中に死亡、カフェ爆発の現場にいた男も病院で死亡、手がかりがなくなったと落胆したところに、爆発事故で死んだ偽名の男の車から手がかり発見。事件は一気に解決に。
事件に関わった人たちに放射能汚染の兆候も見られず、テロ犯罪課の刑事が撃たれて怪我をしただけというのは不幸中の幸い。しかし、クルーズは彼に特別な感情を抱き始めていたので緊急事態に駆けつけた奥さんの存在にショック。ダブルでショックなのは、放射能はセーフだったが進行している病気があるようだ。できれば検査を避けたかったのは彼女自身病気のことを知っていたかららしい。元気そうなので突然な気もするが、そういう病気なのだろうか。守秘義務を負わされたドクターも気の毒だ。ということは少なくとも伝染性のものではないということか。

フィニーの自殺を事故と処理したまま通夜は進行。ブレンダンはデイヴィスを責めると思った。というか、あの役はそういう役だと思った。しかし思った以上にブレンダンは大人で、事故として処理してくれるデイヴィスに感謝し、通夜に来てくれたことにも礼を言う。普通、あなたが過去の事件を蒸し返さなければ!と怒りをぶつけてもいいところ。見方が浅くてごめんね、ブレンダン。逆に荒れたのはデイヴィスだった。パパ事件はこのままになりそうだし、そうした原因も自分にあると葛藤中。

あとは、ようやくボスコ退院。最終シーズンだというのに、半分以上寝たままだったなあ。ドクターも想像以上の回復振りらしいが、警察官としてどうかというと疑問。ここからボスコのドラマが始まるのだ。

カルロスとレヴィーンの喧嘩は続行中。というか、勘違いで続行中。カルロスは、放射能汚染の可能性があるから「そばに来ないで」と言ったのに、レヴィーンには拒絶の言葉に聞こえてしまったらしい。時期が時期だけに。だいたい肝心なことで言葉が足りないよ、カルロスは。あの場で放射能のことを言っていれば実家に帰るとまではならなかったろうに。グレースもグレースだよ!彼女だって言ってあげられたのに(笑)。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]