忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「サード・ウォッチ」の記事一覧

サード・ウォッチ6 #115「世界一の刑事」 The Greatest Detectives in the World

グレイスを人質に取った男を射殺したブレンダンは、消沈している様子だがカウンセリングを拒否。ブレンダンの父、フィニーもカウンセリングはいらないと、息子を英雄扱いして内務の形式的な調査へ渡す。
ミラー警部を追ってきた、血液を抜かれた連続殺人は犯人と名乗る男が現われ、「ミラーと話したい、今誘拐されている少女の命は明日朝6時までだよ」と無気味な挑発を繰り返す。

血液抜き事件は、犯人の意図がよくわからず。
世界一の刑事であるミラーに自分ではコントロールできない犯罪を止めて欲しかった、ということらしい。
しかし、「ミラーと自分は同じ」と言ってることから、一度も捕まったことのない自分に酔っているのかも。
ミラー一流の片鱗は、忍耐強く時間錯誤を焦点に、初取り調べであるフェイスを信じきったところか。
「自分(ミラー)だと殴りかかってしまうから」というのも作戦の一部だったのか(本気を利用して・笑)。
時計のない部屋での12時間となれば、人の言うことだけが頼り。
聞かれるたびに少しずつ少しずつ時を早め、タイムアップとなり少女を救えなかったことに落胆するミラーを目にして勝ち誇った犯人は、監禁場所を告白、聞き出したミラーは笑顔で現場に急行、少女救出というお手並み。実際はまだ4時なのでした。
騙されたことに今度は犯人が大落胆。ミラーが一流の刑事だったんだからいいじゃない(笑)。
この犯人、フェイスのトイレの心配はしてたけど自分は12時間も平気だったの?
それこそ、看護師なんだから自分の膀胱の許容時間で推測できなかったのか?
「トイレに行きたい」って部屋を出て時計を探すのも作戦に入れておかなくちゃね。そこがミラーとの違いだ。

前回脳震盪を起こしたカルロスは、ERで「意識もはっきりしているので帰っていいよ」と言われる。
脳震盪の危険性を本で読んだばかりなので、「え~!!」と思ったら、ドクターは「頭を打つのは慣れている」というカルロスの言葉を聞き逃さず、頭部CTと24時間の経過観察入院を支持。
よかった、本で読んだとおりの対処だ(笑)。
一回、見てもらったほうがいいよね、カルロスは。でも、何故そんなにおめでたいのか?まではCTではわからないだろうな。

誘拐監禁事件も解決し一息ついたところへ、フィニー警部がやってくる。
まだ息子を褒めたりないのか?と思ったら、ドナルド・マン殺害容疑でフェイスの目の前でクルーズを逮捕。
モンローが何かを掴んだというようなことはなかったと思うのですが、別ルートで何か見つけたの?
でもクルーズ逮捕って、事件の真相とは違うので勇み足逮捕となりそう。フェイスが口を開けばですけどね。
真相と離婚・親権裁判への影響の間で悩んだりするのか?後先考えないで射殺しておいてなにさっ!
いや、まだ悩んでないけど(笑)。

拍手

PR

サード・ウォッチ6 #114「 血塗られたメッセージ」 The Hunter,Hunted

警察署前のゴミ箱から「ミラー警部補のために」のメッセージと共に発見された遺体は、フェイスとミラーの担当となる。ミラーはブルックリン署で、同様に血を抜かれて捨てられた連続事件を担当していたが、連続殺人と認めたくない上層部と対立し、55分署に異動どなったらしい。犯人がミラーを追いかけてきた理由は何なのか?

ミラーの突然の異動がスパイではなく、左遷だったことが判明して、クルーズだけ嬉しそう(笑)。
しかし、それは他にスパイがいることでもあるので浮かれてる場合ではない。
「気をつけないとね~」と話している相手がそうなんだけど。
明らかにモンローの様子がおかしいのに、それに気付かないのは警察官として少しまずくないか?

ミラーは新人刑事フェイスを相手にしない風だったが、事件に対する熱意を受け入れて一緒に捜査開始。
それほど無茶苦茶な人ではないのだと思えたが、ゴミ箱の空き缶にあった指紋の主の言い分を認めないのは問題あり。
確か、犯人は医療技術に長けているようなこと言ってたのに、目の前の男はどう見ても…(笑)。
そんなところに「あの娘の命はあと24時間」とかミラーと事件を知っている男が自ら警察へ現れる。
誤認逮捕に歯噛みをした犯人がアピールしに来たのだろうか。
ニュースを映してたテレビをなぎ倒すほどお怒りのようだし。
このままじゃミラーは気付いてくれない、なら娘の命を賭けてやる!というところか。
この事件は少女の命と共に次回へ続く。

カルロスとグレイスは通報場所に駆けつけると、それは救急車を狙った麻薬強盗だった。
グレイスを助けようとして殴られてカルロスが倒れたところに、デイヴィスとブレンダン(グレイスに会いたかったが優勢)登場。
銃を突きつけられるグレイスを助けるため、ブレンダンは犯人に向け発砲。
事件としてはとりあえず収まるが、ブレンダンの様子がおかしい。
前日は腐乱死体、今日は早速犯人射殺(生きてたっけ?・笑)では、受け止められなくて当然だと思う。
ボスコがいない間は、彼に真っ直ぐ警官の役割を果たしてもらいたいので応援しておこう。
これブレンダンこそふさわしい若者の役だよね。でもこれはボスコのなのっ!!

「頭を打つのをやめなきゃ」としきりに反省するカルロス。
消防署のポールで遊んで落ちたりしたからね(先日読んだ「日本のスポーツはあぶない」に書いてあったが、アメリカのスポーツ界では脳震盪の申告は重要らしい。ちょっと頭を打った程度、と思っているととんでもないことも起こり得るのだとか。2回目は特に心配とも)。
飼っている鳥の話には、おバカさんだけど彼の人柄が感じられてホロリとくる。確か名前はバードだったはず(笑)。
レヴィーンの作戦にすっかりのせられてしまっているのなんか帳消しだ。

拍手

サード・ウォッチ6 #113「セルフ・ポートレート」 Obsession

刑事昇格セレモニーに来てくれなかったと不満を漏らすと「空いてる席にがっかりする気持ちがわかったでしょ」とエミリーに言い返されショックを受けるフェイス。刑事としての初担当事件は、孤独な男の拳銃自殺とみられたが残されたビデオテープからはある女性に恋をして、失望し、彼女を殺して自分も死ぬつもりでいることがうかがえた。彼が恋していたのは誰なのか?

フェイス刑事の初事件ということで、焦点は彼女にあたりっぱなし。
自殺と思われた事件の背後の爆弾郵送事件を見つけ出したのはさすがだったのかもしれない。
「彼女」をつきとめ、爆弾を離れたところまで置きに行くのも確かに勇敢。
でも爆弾だってわかってるんだから、当然爆弾処理班も同行していると思ったんだけど(笑)。
しかし、この爆弾、本当に爆発したかなあ?だって、作ったの「マイネームイズアール」のランディ(Ethan Suplee)だよ(笑)。
あのビデオ日記は、恋をしてから、恋人と思われる男性とキスする姿を見て裏切られた想いがし、それが絶望から殺意へと変わっていく様子が、哀しかったなあ…。

サリーとモンローが夫婦喧嘩の仲裁に向かった家に、上階から血の雫が伝ってきてこの自殺を発見したのだけど、元となった夫婦喧嘩もなかなかよかった。
奥さんがたまたま早く帰ったら、夫が奥さんの服を着てうっとりしているのを発見したというもの。
「最近、服が伸びてるから太ったんだとだと思った!きぃーっ!このオカマ!」と毒づけば、「女性の服を着ることが好きなのとオカマは違う!」と返す夫。
こういう小ネタ、最近なかったので楽しかったなあ。笑いの中に真理もついてるし(笑)。

フィニー警視とサリーとお父さんが一緒に仕事をしていたというのを、ブレンダンから聞かされたデイヴィス。
フィニーの悪口を言いまくり、ブレンダンにも何かと因縁つけてるのに、一度も聞かされなかったことに不信感持っても当然だ。
宝箱のようなものから新聞記事など広げてみていたので、何やら新聞沙汰になるような事件に関係していたのか?
デイヴィスのお父さんは二重生活やら、汚職疑惑やら、いろいろあったのですね。
サリーが話さず、箱に封じ込めていたいほどのこととはいったい何?
ブレンダンの頑張りを認め、二度と不正をしないことを誓ってモンローとよりを戻したデイヴィスに心配のタネが降ってきそうだ。
最後にはモンローと一緒にゴミ箱の中に「ミラー刑事へ」と伝言付きの女性の全裸死体を見つけちゃうし。
ここ、モンローがゴミを捨てに行くのが不自然な気がして、「内務との連絡手段か!」と余計な勘繰りをしてしまい、死体が出てきてどっきりだった。
考えてみれば、フェイスと話してないから送るような情報ないですね(笑)。

拍手

サード・ウォッチ6 #112「生命の証」 Last Will and Testament

警察学校を卒業したばかりの新人警官ブレンダン・フィニーがやってきて、デイヴィスが彼の教育係となる。パトカーの運転をしたがったり、他への応援無線を横取りし急行中にパトカーと接触未遂、現場では爆竹と銃声を勘違いして銃を抜き、サリーから咎められると暴言を吐くという始末。反省も見られないまま、待機中に目の前で交通事故を目撃。運転していた被害者女性は自らの死を悟り、ブレンダンに最期の言葉を託すのだった。

始まった頃、新人警官だったデイヴィスが教育係になるとは。いつの間にやら時は流れていたのですね。
父を尊敬して警官になったのに悪い噂にショックを受けている様子のブレンダンに絆されてデイヴィスは運転を譲ったのに、こいつがとんだ食わせ者で「オヤジはオヤジ♪」と気にしてない風。
デイヴィスは厄介者を背負い込まされたようだったが、その後の交通事故で警察官の仕事とは…と考え直さずにはいられなくなったようだ。女性の最期の言葉を書きとめた本を渡し、涙を堪えながら伝言もしっかり伝えたのでした。
警察官でなければそう立ち会わないであろう人の死に、これから毎日出会いその生活まで知ることになる難しさ、厳しさが身に沁みたようだ。
「サリーに早く謝らなくちゃ」と言えるのは素直な証拠。
デイヴィスの時には感じなかったけれど、きっとボスコの新人時代もこんな風だったのだろうな、と思わせる。…ということは応援しちゃうのかな?(笑)。だってボスコは昏睡状態との情報しかないんだもの。
このブレンダン(Josh Stewart)、クリミナル・マインドでJJの恋人の人だ。やはり警察顔?
ついでにブレンダンが立ち会った交通事故の女性、The Wireのビーディー(Amy Ryan)でした。11月から始まるThe WireのS4に登場するかな?ビーディーの生活感がチラ見えするところが結構好き。
サリーはフィニーが嫌いなだけでなく、フィニー父とデイヴィス父の間に何かがあったようだ。それを知った時に二人の関係に変化が起きてしまうのかしら。せっかく上手くいきそうなのに。

刑事昇格のフェイス、フレッドに「式典に子どもたちを寄越して」と頼むが「行きたがったら行かせる」と返される。「刑事になった」の報告も「自慢か?」と言われるくらいだもの、修復は不可能か。
フレッドって病気後、すごく穏やかだったのにどうしたものかね。あんなことがあっても家庭優先の努力を見せなかったフェイスが許せない、というならそれも正当な理由だけど。
またフェイスが、負け惜しみでもあるだろうけど「式典に子どもたちが来れなかったのも寂しいけど、ボスコがいないのがね…」なんて言い出す。う~ん、ここらへんが彼女を応援できない理由かも。
フェイス昇進で、クルーズが内務のターゲットというのはどうもへんと思っていたが、二人ともに罰則下したら結託するからあえてフェイスを昇進させたということらしい。家庭は傷だらけなのに仕事では昇進というアンバランスさにモンローを入り込ませて、クルーズのことを探ろうという腹積もり。モンロー、なんで内務に志願なんかしちゃったのだろうか。フェイスが喋ろうが、クルーズがどうなろうが、それはかまわないけど(え?・笑)、何故モンローが?というのはひっかかる。

と、警察内は話題盛りだくさんなのに、消防は交通事故の対処に登場しただけ。
救命はカルロスが霊媒師に呪いにあたふたしているところに、レヴィーンがお祓いと称して車内恋愛スタート宣言。カルロスはレヴィーンよりもグレースが気になっていたようだったのに、どうなる?

拍手

サード・ウォッチ6 #111「すれ違いの代償」 Alone Again, Naturally

ドナルド・マンへの発砲について型通りの調査で終わるかに見えたが、クルーズに目をつけていた内務のフィニー警部が現われ「証拠を見つけてやる」と宣言する。さらに3日間の休暇を追え出勤したクルーズは、防犯課の部屋を取り上げられ、転属してきたミラー警部補の指示でしか仕事できなくなっていた。対象的にフェイスには、小さな子どもを救ったこと、クルーズを守ろうとドナルド・マンを射殺したことが評価され刑事への昇進が待っていた。デイヴィスとモンローが止めた自動車泥棒の常習娘たちは、今度に限って逃げ出し一人が車に撥ねられる。事件になってしまったために調べると車の持ち主が殺されているのを発見。彼女たちは老婆を殺して車を盗んでいたのだった。

いや、よくない。フェイスが刑事に?それも今回の発砲事件が加味されているなんて信じられない。
フィニーは「死体を調べたら手錠の痕があった」と言っているではないですか。それでも不問になって、クルーズだけが追われるのは理不尽では?内務が見逃すわけないと思うけど。フィニーがクルーズへの私憤から手錠痕を公表しないのか。ここの対決が気になるところ。
フィニーはスパイにクルーズの落ち度を見つけさせて一気につけ込む作戦。そのスパイ、てっきり新任のミラー警部補かと思っていたのに、モンローだったとは。しかも自分から内務に志願していたなんて(クルーズを見張ります!ということではないようだけど)。
自動車泥棒から強盗殺人に変わってしまった事件、デイヴィスの「不正」に対して厳しい態度だったのは内務に通じていることを強調するためだったのかも。
私生活でのカップルが仕事でもパートナーだと、どちらかで問題発生すると両方とも壊れるからよくないという見本みたいだ。
最後にフェイス、サリー、デイヴィス、警部補、ボスコママが揃ってボスコを見守っているのは殺伐とした中で唯一温かみが感じられるシーンだったかな。
それにしてもボスコの怪我の具合、命はとりとめたものの、元の仕事に戻るのは無理そうだなんて。警察官が天職のボスコには辛すぎる。
「復帰した時に私がパートナーじゃないといけないから刑事の話は断る」というフェイスには「何様?(怒)」って感じを覚える。
今までの彼女を見ていると、ボスコのためではなくていつもの「何もかも自分が関わっていないと気がすまない病」にしか見えない。
結局サリーのすすめ通り、フレッドとの裁判に有利になるよう刑事になるんでしょ?
サリーが言うともっともな話なのに、それが30センチ先のフェイスに届いた途端に不快になるのは何故でしょう?(笑)

ショックだったのは、自動車泥棒娘が撥ねられた時、救急車がきたのに映ったのはそこまでだったこと。カルロスを手当てに向かわせたっていいじゃないの…。

懐かしい顔発見。
フィニー警部のCharles Haid、年とりましたね。「Hill Street Blues」のレンコですよ。彼がまだ警察にいたとは。しかも内務で不正を取り締まる?(笑)許せないのは不正ではなくてクルーズのようなのでまあいいか。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]