忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「サード・ウォッチ」の記事一覧

サード・ウォッチ6 #120「正義の名のもとに」 Forever Blue&#121「愛する者よ」 The "L"Word

#120「正義の名のもとに」
サリーはデイヴィスのために20年前にすべきだったことをすることを決心。検事から、実行犯モリスからの手紙だけでは不十分、確かな証拠が必要と言われ、事件に立ち会うこととなったかつての防犯課の警官たちをモンローと共に順番に訪ねる。

#121「愛する者よ」
非番のレヴィーンが電話をかけてきた直後に、カフェでの爆発事故で呼び出されたカルロス。交通渋滞に巻き込まれ、レヴィーンの安否にいてもたってもいられなくなり救命道具をかついで走り出すカルロス。

デイヴィスのパパ事件はこの二話が前後編、カフェ爆発事件は次の#122と前後編になるようだ。

警察官だったことを伏せている、退職後ふさぎ込んだ日々を送ったあげくに自殺、酒浸り…とフィニーの部下だった元防犯課の面々はみんな傷を抱えていた。サリーが酒浸りだったのも、タチアナのことだけではなかったのかもしれない。一人一人説得して証言を頼み、一度は断った確たる証拠を持った人物の登場でフィニー警部を起訴できるだけの根拠ができた。
が、逃れられると思っていたフィニー警部はどうしようもないことを悟ると排ガス自殺。追及を逃れるための自殺では心象が悪いので、事故だったことにしたいブレンダン、協力するデイヴィス…どうとらえていいのやらわかりません。
フィニー警部逮捕をブレンダンに自分の口から告げたかったデイヴィスはフェアだったと思う。それはパートナーで、ブレンダンには事件の責任はないから。でも自殺を事故に偽装するのは…パートナーの父親、そして追及している事件の張本人…私は、デイヴィスはその場にいなかったことにしたい(笑)。
検事の部屋で、20年前の彼らが今のフィニー警部を見つめるのなんて、コールドケースみたいだったなあ。

カフェ爆発で、「愛してる」という言葉になおさらこだわるようになったレヴィーン。言葉には出さなくてもカルロスは心配で心配で、一刻も早く駆けつけようと走ったのに。人の心は言葉だけで表せるものではない、との気持ちはレヴィーンに伝わったのだろうか。交際のきっかけはともかく、いつの間にやらカルロスは彼女を強く感じ始めていたのですね。

カフェ爆破事件は、調査員がガス漏れと判断したようだがクルーズが調べた男はテロリストだったらしい。偽名で産業廃棄物会社で働き、放射能爆弾を計画していたかもしれない。しかし、ウランの収支は合っているので決め手にならないと思っていたところ、病院に押し入って捕まった男が放射能汚染されていたことが判明。出所は?警察や病院、関わった人の汚染は?となったところで後編へ続く。

あ、ボスコの退院も近いらしい。試練はこれからだ。

拍手

PR

サード・ウォッチ6 #119「地に堕ちたヒロイン」 Rat Bastard

「モンローは内務監査の人間」とデイヴィスがぶちまけたことでモンローの味方はいなくなる。こうなることも承知なのにフィニー警部は異動の手段を選ばない。これはクルーズを捕まえられなかったことの逆恨みだろうか。こうなるとフィニーとクルーズの間に何があるのか気になる。素行の悪い刑事を調べているだけとは思えない。
モンローが何を調べていたのか不信感でいっぱいのパトロール警官、スワルスキーまでもが厳しいのは少し意外。「お前と組みたがるヤツなんていない」は正論だろうけど。ブレンダンが組めばいいって問題ではないような気がする。
仲間の緊急時に何をおいても駆けつけてきたのに、応援要請を無視する彼らを見るのはツライものがある。でも、「犯人知ってる」と言いながら、スワルスキーにも仕切るクルーズにも何も言わないモンローも問題あり(そういう演出だろうけど)。「ありがとさん、後は行くからデスクにでも」との皮肉の感謝で横取りされてもいいのに(笑)。
犯人との格闘シーンでも、股間を蹴り上げてうずくまらせたのなら、落とした銃を拾うよりもまず手錠だろ(だからそういう演出だって・笑)。ここのシーンは大人であるブレンダンを認めるためだったのかもしれない。

デイヴィスのパパ事件の真相書類をモンローに渡した元内務監査で今探偵の男が殺され、実行犯は刑務所で殺され、急に周囲が慌しい。証言する覚悟を決めたサリーも危ないだろうから、デイヴィスはさせないだろうな。…関係者一人ずつ消すよりも、穿り返している一人を消す方がいいような気がするのは私だけか?(笑)いや、デイヴィス消えろって意味ではなくて、フィニー警部の意図がわからないということですよ。

消防には、役作りの体験としてカーターという俳優がやってくる。やる気満々のようだったが実は崖っぷち。かつての栄光に縋るように、今は酒浸りの生活で飲酒事故を起こしたり、仕事に影響を及ぼしている。再起のために賭けている映画が近未来火星の消防士…。新人君、「酸素がないと火は燃えない」なんて言っちゃダメっ!
いくら体験入隊だといっても現場は命に関わるもの、酒の臭いをさせている男には任せられない!と新人君が決断して報告するかと思ったのに、「近寄らせなければいい」ということを選んだのはちょっとがっかり。
パトロール警官のモンロー無視、体験入隊の俳優、とどちらも命を預けあっている人たちの現場なのになあ…。

拍手

サード・ウォッチ6 #118「臆病者の息吹」 Sins of the Father

アパート前に置かれた封筒から、父の死の背景にフィニー警部をはじめ、特定の警察官が関与していたことを確信したデイヴィスは、母親から困った時には頼るよう言われていたマキナニー本部長を訪ねる。証拠となる資料があるので協力して欲しいと話すと「資料を持ってくるように」と快く了承したかに見えたが、デイヴィスが立ち去るとフィニー警部に連絡をとるのだった。

真相を明らかにしたいデイヴィスと、保身の警察官との闘いのスタートでしょうか。
当時、お父さんと親しかったということは汚職にも殺しにも関わっていたかもしれない、と考えてもみないデイヴィスの正義感が痛々しい。
とはいえ、嗅ぎまわっていることを知ったフィニーに偽交通違反切符のことを持ち出されるくらいには仕事に融通つけるタイプだけど。
フィニー警部は腹いせなのか、モンローが内務の人間だとも知らせてしまう。
ここでの必要性が感じられないから単なる嫌がらせかな。
デイヴィスへの協力者を潰していくつもりというのもあるかもしれない。
関わろうとしなかったサリーが「20年前の事件の真相を今語ったらどうなるか」を探り出したので味方となるのかも。
でも相談した検事に「悪事を20年黙っていたことは不利。年金失うかも」と言われてどうなるやら。

フェイスの担当した事件は、アラブ系の女子高生タリア殺人事件。
タリアが妊娠していたことから、一族の名誉を守るために父親が関与しているのでは…?と疑う。
しかし、真相は恋人のクリストファーが、中絶を認めないタリアと揉め、偶発的に殺してしまったのだった。
被害者家族がアラブ系ということで風習を知ろうとするのはいい。
だが、このフェイスの判断ってキメツケ以外の何物でもない。
これってタリアの両親が語っていたように飛行機に乗る時に必要以上に調べられるのと同じだよね。
弁護士がつけられる民主主義アメリカを正しいとゴリ押しする姿もイヤだった。
結局、タリアを殺したのはその民主主義アメリカ社会だったわけなのに。
事件解決に民族背景を知ろうとする姿勢は必要だけど、人ではなく事件を見ることの方が大切なのです。

そんなフェイスなのに、エミリーはフェイスと暮らすことを望みましたよ。
そんなフェイスだからこそ、大人に差し掛かったエミリーには自分がママのそばにいることの意味を考えたのかもしれない。
エミリーはそうだけど、ボスコまで「(フレッドは離婚するなんて)大バカだ」なんて同調するなんて…、やっと喋ったのにフェイスに同情してるなんて…(泣)。

フィニー警部がお父さんでありながら、ブレンダンはなんてまっすぐな子なの?
デイヴィスやサリーにも、グレイスにも。
何より、カルロスのよくわからんアドバイスまでもを正面から受け止めるなんて(笑)。
それがブレンダンとグレイスの再出発のお手伝いになったのだから、カルロス恐るべし。
誇りに思っていたお父さんとデイヴィスとの闘いを知ったらどうなるのか心配でもあるけど。

拍手

サード・ウォッチ6 #117「青天の霹靂」 Broken

前回目覚めたボスコ周辺エピソードを期待したのに…(笑)。

市会議員がレイプ強盗の被害に遭うものの、屈辱感に耐えかねて犯人確認を拒否するという事件。
「表沙汰にはしない」というクルーズの再三の説得にも応じず、人として壊れた答えを実行しようとするが、最後にはクルーズの説得により自分の頭を撃ち抜くことは回避。
あの奥さんのせいで議員は余計に追い詰められたのではないだろうか。
奥さんの描写少ないのにこんなこと思うのは、言い掛りでしかないけど。

デイヴィスのお父さん事件。
実行犯であるレイモンドが来年には仮出所と知り、真実を話してくれるよう面会に行くデイヴィス。
シマ拡大を条件にフィニー警部が殺害を命じた、殺した男が警官だとは知らなかった、真実を散々訴えてきた、警官のパートナーにも、と次々に出てくるショックな言葉。
検事の前で証言して欲しいと頼んでも「ここから生きて出たいだけ」とスプリーム・アラーだった男としてはひどく弱腰(笑)。
でもこの面会自体が、面会担当官にはよくない兆候で、フィニー警部に連絡をとり、レイモンドは掃除中に刺されて…これでもうデイヴィスへの協力は無理。
しかし、モンローが動き出しデイヴィスパパ事件の「本当のファイル」を持つ人物に接触。
コピーをもらえることになったものの、「こうしている今も彼らは動き出している」と危険な領域であることを仄めかす。
そんな危険なことなのに、サリーとの関係に亀裂が生じ、パートナーはパパ殺しの首謀者の息子、恋人モンローはフィニー警部の一存で危うい立場、とデイヴィスが心配。
大人で頼もしいデイヴィスであり続けて欲しいが、どうだろう?

フェイスのパートは、ママに会いたいチャーリーが黙って学校からいなくなってしまうという切ないお話。
大人がいがみ合っている間に子どもは傷ついているという当たり前のことに、ようやく気付いたでしょうか。
そして…チャーリー、変わったよね?(笑)

さあ、次回こそボスコの話を!

拍手

サード・ウォッチ6 #116「奈落の底」 leap of Faith

ドナルド・マン殺害容疑で逮捕されたクルーズ。刑務所送りにするために、フィニー警部はフェイスに真相を証言するよう言い渡す。フェイスはこの件に関する全ての免責を保証された上で、「手錠で連行されようとしていたドナルド・マンを撃ったのは自分」と証言。
自殺未遂を繰り返すキャシーが飛び降りようとしているところに駆けつけたサリー。応援にやってきたブレンダンと救出をめぐってケンカとなる。キャシー救出後、サリーは「お前の父親は人殺し」と罵る。聞き捨てならないデイヴィスは本当のことを話してくれるようサリーに詰め寄る。

クルーズがフェイスのことを一言も口にしなかったのは、「警官は売らない」という信条からで、恩を着せたとか、借りを作ったとか、そんな感情は一切ないらしい。
ここだけ見るとクルーズはかっこいいけど、死に際の証言をでっちあげるような危ない橋をすすんで渡ってるんだよね。
自分は売らないけど、他の人はご勝手に、ということなのかなあ。
警官のような囚人の敵は、危険回避のために区画を分けられると聞いたけど(OZはそうだったよね)、クルーズが入れられたところは一緒だった。分けるべきだよね。なくてもいい騒動が起きるだけだもの。

フェイスは親権裁判中に内務に逮捕を匂わせるような扱いで連れ出され、エミリーの反応が難しそう。
「刑事になったことでお母さんの時間に都合がつきやすくなったと思いますか?」なんて質問、遅れてきたうえに連れ出されたフェイスを知ったら言葉以上に哀しいよね。免責証言のことも知ったら十分ショックだろうし。

自殺志願のキャシーは、イケメン新人消防士に助けられたいと思ったことでとりあえず落ち着くのでしょうか。
カルロス、悪い人じゃないけれどこういう見えないことに対しての思いやりがないよね。これがボスコだったら…とつい思ってしまう。そしたらナント、目覚めたじゃないですか!おお、ボスコ、待ってたよ!

「売人から賄賂をもらっていた警官が数人いた、その中の一人の黒人警官が報告しようとした前日に殺された、その直後フィニーが栄転した」というサリーの爆弾発言はデイヴィスを変えてしまうのだろうか。
報告しようとして殺されたのがデイヴィスのパパ、賄賂事件を納めるためのスケープゴートに黒人警官だったから調度いいということのようだ。
その筋書きがフィニーのものだとサリーは決め付けているらしい。栄転して今内務のおエライさんならそうとしか思えないかも。
ブレンダンを見守るデイヴィスを頼もしく感じていたので今後変化があったらいやだなあ。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]