忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「BONES」の記事一覧

BONES−7「32時間の命」

7年前の殺人事件で32時間後に死刑が執行されるエップス。彼の冤罪を晴らすべく人権派弁護士エイミーがブースのもとへ。ブースはこの事件を担当していた。
現場で発見された陰毛はエップスのものではない、謎の数字の羅列が解明もされず証拠として不採用等、納得できないものを感じたブースはブレナンに再捜査の協力を仰ぐ。

殺人事件1件で、しかも本人否認のまま死刑判決が出るのかなあ?凶器も見つかってないのに。いけませんね、捜査ドラマの見すぎは。

金曜日の17時頃と思われるブレナンのラボ。デートのアンジェラは早々に帰り支度。ジャックとザックは虫を戦わせています。一緒の家なんだから帰ってやれよ、さっさと帰らないから厄介な再捜査を手伝わされるんだぞ。でも家に帰ると虫がいないんだな、きっと。
早く帰ったはずのアンジェラも呼び出されていたのでこのチームの週末はおあずけ。
これでほとんど確信できるのが「FBIはカレンダー通りの週休二日説」。前回のWATでのオフィスの空き具合と、今回のブースの言葉から間違いなさそう。
継続中の事件がなければ週末発生の事件は地元警察にさせるわけだ。で、重要な事件だと横取りしていくんだ。だから地元警察とFBIは仲悪いのか。

遺体の手のX線写真に 骨とは違う影があることを見つけたブレナンが遺体の掘り起こしを要求。手から採取されたのは、発見現場にはなかったはずの砂。砂の成分、殴られた頭骨についていた植物から犯行現場を推測して捜索してみたら、出ました凶器が。おまけにもう二人分の遺体も。
冤罪ではないが死刑は停止。他の遺体の捜査に関わるので一時停止。
エップスはそれが狙いだった。捜査には時間がかかる、それまでには死刑自体が見直されるかもしれない、と。
人権派弁護士を利用しただけ。冤罪を晴らそうと奔走したエイミーが気の毒。でもこの死刑直前の弁護士活動に私は疑問を感じるわけで…
ブースはすっきり死刑に持ち込みたかったんだろうね。
凶器と同時に見つかった遺体を前に一瞬「エップス、このまま死んでしまえ!」といったブースの表情がよかったです。しかし冷静なブレナンの言葉に現実に戻ってしまうのでした。

アンジェラはニュー彼を見せたいのに興味なしのブレナン。頭をつかんでぐいっと回す様はベストシーンだったかも(笑)まさにハスキー犬がこっちを向かされたみたい。
ブレナンは死刑擁護派なんだ。でも生活文化の違うところでの例を挙げたって無意味だぞ。そこらへんがブレナンなところか。

拍手

PR

BONES−6「壁の中の逃走」

アンジェラに誘われてクラブへ出かけたブレナン博士。ここでも宇宙人ぶりを発揮。彼女の発言には全く他意はない。ああいう人だから。何でも学術的な物言い。それが一部のアフリカ系アメリカ人のお客さんの気に触る。からんできた男に回し蹴りをお見舞いし、壁に激突させてしまう。壊れた壁からはミイラ死体が…!
博士、とうとう自分で事件を見つけるの巻。

死体はクラブの人気DJマウントと判明。手だけを水で戻し、皮を剥ぎ手袋状にして博士がそれをはめて指紋を採取。お父さんの言葉ではマウントは優等生だった。でも、指紋がヒットしたの?交通違反か?
手袋指紋もそうだけれど、摘出した目玉を見せたり、ちぎれたへそピアスとか、グロテスクなシーンが連続。

ライバルDJの彼女を盗った、クラブのオーナーの薬を盗った(?)、マウントに移籍の話があった、行方不明の翌日スタジオ工事をした等、状況証拠は出てくるが、肝心の犯罪者への証拠が見つからない。
ブースがあれこれと経験から推理するが博士はそっけない。ジャックにまで捜査には興味ないと言われてしまう。が、前回助けてもらったお返しか推理のお誘いに乗ってあげるジャック、育ちの良さを感じます(ウソ)。

ライバルDJのスタジオのセメントから元彼女の死体が見つかり、マウントと同じ陥没痕が見つかる。
オーナーがブースを杖でつついたことから、これが陥没の元ではと博士の推理。見事的中。
で、「クラブオーナーの事件への関与が浮かび上がってきました」というテレビニュースの映像で事件はお終い。後は警察なり、FBIなりの担当なのでしょうねって、ブースは?あ、休暇だ!窓際だから事件を横取りされたのかと思っちゃいました。心配させないでよ。
いつもは逮捕まで付き合ってた気がするけれど、今回は科学捜査でお手伝いをしただけという、きっと本来の関与の仕方ってとこかな。

ルールズの元彼女とマウントが二人で再出発するために、オーナーの薬を持ち逃げしようとしたけれど殺されちゃった、ということでよろしいのでしょうか。そうすると潜入捜査をしていた側近、この事件蚊帳の外だぞ。

コンクリートを通しても能力を発揮できる遺体捜索犬、本当に存在するのでしょうか。大きい身体に小さい目がキュートでした。

拍手

BONES−5「小さな死体」

「ミイラのような死体がある」との通報を受け、ブースとブレナン博士、ザックがモール裏の空き地へ向かう。
虫や動物に食べられかなり損傷しているが死後せいぜい48時間程度。身元もじきに判明。チャーリー・サンダース。
シングルマザーのマーガレットは「チャーリーは実子。他に里子の兄弟が2人」と言う。しかし、チャーリーの発育が悪いことから遺伝病の可能性がでてくる。マーガレットにそれらしい病気はないので血縁関係が疑問視される…

複数の里親を抱える家庭の事件だと頭から「手当て目的だろ?」と斜に見てしまう。でもマーガレットは本当に子供が欲しかった。実子のはずのチャーリーも強引な里子。働かなくても子供達を養える信託財産もあった。
チャーリーを手元に置くためには法的な手続きをとっていないので誘拐になるだろうが、責める気にはならない。
お金にも心にもゆとりのある、本来あるべき里親の姿かな。
事件は少年性愛の趣味を持つ隣の親父の犯行。口止めされていた里子の弟の方がブレナン博士の語り掛けに応えてくれて解決。

ブレナン博士が里子の経験有りというのは想像できたこと。想像できない生い立ちの持ち主がいましたよ。ジャック、大資産家のご子息でいらっしゃったようだ。
資金集めのパーティーに行きたくないのは親族が彼を見つけて身分がばれちゃうから(笑)
ほとんど同居状態のザックは名前と住環境から推理できなかったのか?しかたないか、ザックだもの。アンジェラはそれを聞いただけで見当つけちゃう。だからブースも彼女を自分派だと思って贔屓しちゃうんだ。
意地でもパーティーに行かないと言い張るジャックに、ブースは偽の仕事を依頼。気が利いてるじゃないの。これですっかり仲間だね(笑)
しかしザックの正装姿はお人形さんだな。

子供の死体を検死するのは特に辛いだろう。動揺を隠せないでいるザックに「私は(検死の時)無理矢理感情を箱に入れてるの」とブレナン博士は語る。でも、普段も箱に入れっぱなしみたいだぞ。

拍手

BONES−4「クマの中に残された証拠」

ブースと博士は出張です。
ブースはドライブ好きなのか、道中とても楽しそうでした。都会を離れられるのがうれしいのかな。
出張の目的は…
森で発見された熊の死体の胃の中から人間の腕が見つかる。その身元の鑑定に博士が呼ばれた。
殺されて切断された腕を熊が食べたらしい。その骨には人間の歯型が!食人趣味のイカレタ犯人か?

現場で見つかった証拠をラボへ送るのだが、ラボではその受け取りをめぐってコントが繰り広げられていた。
ラボのヒゲの人、意外と女性に積極的なのね。ザックはただの対抗意識かな。運送屋のお姉さんが最後アンジェラに受け取りサインを頼んだのは、男二人を体よく断るためだな、きっと。

この前のCSIでもクマが被害にあっていて、何故にクマリンク?と不思議な感じ。
クマってそんなに漢方薬のために狙われちゃうのね。チップを埋めても役に立ってないよ。
余談だけれど、高級食材の熊の手は右手の方が左手よりも高級品というのを聞いたことがある。何故右手かというと蜂蜜をすくうので味がしみている、と。眉唾、眉唾(笑)

純粋な推理ドラマとしてみてないからいいんだけれど(いいのか?)犯人の医者はイカレちゃった食人趣味の持ち主だった、でいいのでしょうか。
保安官の言っていた「毎年一人は行方不明になる」というのも、あの医者の仕業?で、プリオン病。
捜査の進展と解決をよくわかっていませんが、彼らの会話は楽しめました。
パークレンジャーに逃げられたんじゃないことを必死に弁明するブースとか。
ブレナン博士は「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」もご存知ないようで。
彼女はお洒落と研究以外興味なしなのか?

とっても気になった嫌な点。
配送された熊の糞を調べている様子。ゴム手袋は自分の手を汚さないためだけなのか?
糞がついたままのゴム手袋で拡大鏡のアームに触れるんじゃない、そこのヒゲ!
そのアームを掃除する人がかわいそうじゃないか。自分でやるならいいけど。
アンジェラってあんまり仕事してないな。

拍手

BONES−3「木につるされた少年」

厳重に警備された秘密寄宿制学校の敷地で首吊り死体が発見される。
このドラマって骨の調査がメインで、事件も古めのものが対象かと思ったが現在の事件も捜査するのね。
ま、今回の死体は死後1週間から10日くらい、
木に吊るされたままでカラスや虫にかなり食べられちゃったせいかな。
身元判別も難しそうだったが、人工内耳が埋め込まれていたため製造番号からベネズエラ大使の息子ネストールとわかる。

学校側は頑なに自殺を主張。こういう時は絶対何か隠している。
実際隠し事をしていたわけだが、またも恐るべき子供たち、という事件。
部屋を探すとSEXを撮影したDVDがみつかる。
ネストールには本当の恋だったみたいだれど、相手の子に撮影されていたとは知らなかった。
そんなDVDが他にも多数存在した。学内での乱れた交友が明らかに。
外部に対しての警備は厳重ですが、密室となってしまった学内はかえって危険(笑)。
ザックもびっくりの今時の学生たちなのでした。
小遣い稼ぎや強請りに発展するのを懸念したネストールをGFとルームメートが殺しちゃったのかな。
で、首吊りにみせかけた、という事件。せめて偶発的だと思いたいけどね。

一度自殺に傾きかけたが、ザックが言うように首吊り死体の足元に
排泄物がないというのは他の人の手が加わっている証拠(捜査物見過ぎ?)
それを無視して骨折の原因だけで自殺説に傾くのは解せない。
結果としてブース捜査官が大切にしている、自分で集めた証拠や関係者との対話で真相へとたどりつく。
ブースは窓際捜査官だ、と決めてましたが、
ベネズエラ大使の息子の事件を任されているからそんなことないのかな?
ちょっと反省。ごめんね、ブース。

ブレナン博士には遺族へのお悔やみの言葉の、ザックにはGFとの接触の仕方の指導がそれぞれあり、
研究者は世情に疎いのね、と思わせるエピソード。

博士がハスキー犬だと思ったら、
今日はアフガン犬も登場(ネストールの精神科医)。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]