忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「その他のドラマ」の記事一覧

私立探偵 ジャクソン・ブロディ(終)

イマジカのitvコレクションのひとつ、「私立探偵 ジャクソン・ブロディ」全6話をようやく見終えました。
もう、イマジカではエピソード紹介のページにたどりつけないくらい寝かせてしまっていたようです。

ジャクソン・ブロディは、かつて警察官だったがいろいろあって今は私立探偵。
元同僚モンロー刑事に無理矢理協力させて、持ちかけられる事件に向き合っていくのでした、といったものです。

持ちかけられる事件に、自分のお姉さんやお兄さんのこととか、不本意な別の事件のフラッシュバックがきたりと穏やかではないです。
でも基本、彼は真面目でいい人なので任せておけば安心です。
「ここに来てよかったね」と依頼者に言ってあげたくなったりもしました。
犬を痛めつけている男をぶん殴ったのが、彼をひじょうによく表現していると思います。
だって、犬を痛めつけていた男、ただの通りすがりですよ。
そりゃ、ワンコちゃんもついて行っちゃいますよ。
余談ですけど、このワンコちゃん、達者でしたね~。
でも、ジャクソン・ブロディと初めて行ったお宅のドア前で何か食ってました(笑)。
そこにいさせるためだったのかなあ?と微笑ましかったです。

随分と間をあけてしまったので、お姉さんやお兄さんのこと忘れてました(#1&2を見た時のもので思い出しました)。
そうなると、最終話、次の仕事依頼の電話を受けて終わった感じでしたけど、お兄さんのところにいってほしかったなあと思います。
仕事の依頼者については希望の持てるものでしたけれど、彼はある仕事のためにモンローと素直に向き合えなくなってしまい、自分の子どもを授かったかもしれないのに「手伝ってくれたただの友人」だし、大金は持ち逃げされるし、デボラは他所に行ってしまうし、最終話に娘は出て来ないし…と、ジャクソン・ブロディはジャクソン・ブロディであるだけというおしまいは、少しさみしくも感じました。
でも、ああ、そうだよな…という気持ちの方が大きいとも言えますけれど。
キャラクターは好きなので、もっと見たい気もしますけれど、このラストを見ると続いて欲しくないですね。
特に、やっと気持ちが通じたモンローには近づいてはいけなくなった切なさは、心の中にしまっておきたいほどです。

原作も読んでみたいですけれど…(笑)。

拍手

PR

続々・私は好き。

スーパーナチュラル、見てみました(笑)。
やっぱり私には、いつもの東地さんでした。
もしかして、俳優さんと声優さんの組み合わせ表記が間違っているのでは?(これも、サム役の声優さんに失礼な話ですけど)と最後の望みを持って、エンディングまで見ましたが、それもありませんでした。
なので、耳の相性も確かにあるということがわかりました。
以上、研究レポートを終わります。

拍手

続・私は好き。

昨日の続きです。
私はまったくそのようには思っていないけれども、否定的なことだったのでお名前を書きませんでしたが、掲示板には東地さんとズバリ書かれておりました。
再度言いますが、「プリズン・ブレイク」のマイケルは、いつもささやいてました。
でも、「なんだって?」と聞き返したり(巻き戻すとも言う)した覚えはありません。
「それ、正気か?」という意味で聞き返したくなったことは、たくさんありましたけど。
それ以外の「フォロイング」でのキャロル、「セルフリッジ」のセルフリッジさんも、快活でどちらかというと聞き取りやすい方だと思っていたので、信じられない気持ちでいっぱいです。
先にちょっと書いた「ポワロ」の「ひらいたトランプ」では声を聴いた瞬間に「東地さんだ!ラッキー!」となったくらいですから。

で、昨日書いた後、いろいろと考えてみたのですよ。
そして思いつきました!
この話がAXNミステリーの掲示板であるということは、現在吹き替え放送中のドラマに東地さんがいるということですよね。
そしたら「スーパーナチュラル」があるじゃないですか!
これ、確かS1は俳優さんとお笑いさんがされていて、それこそ「聞き取りにくい」と評判がよろしくなくて、以降声優さんに変わったのではありませんでしたっけ?(これは、プロの方ではないという意味ですよ。「焼き飯完全食説」を聞いてから井上さんのファンですし)
そこで、この方の中ではDVDや他局での後の声優さんの名前がインプットされているものの、放送されているのは一番最初のヤツということではないのか?と、思い至りました。
で、HPで調べてみたら…吹き替えのお名前はしっかり東地さんでした…。
まあ、HPで確認するまでもなく、ドラマ終わりに声の出演出てるでしょうから、間違えようないのですけどね(笑)。

というわけで、やはり声と耳の相性というものもあるのだという結論に至りました。
マイケルの言葉が聴きたくて私の耳が鍛えられたということかもしれませんしね。
まさにPB病。

拍手

私は好き。

AXNミステリーの掲示板を見ていたら、ある声優さんに苦言を呈されている方がいらっしゃいました。
声が聞き取りにくく、何を言っているのかわからない、と。
私は逆で、ささやいてる声もわかりやすいと感じているのですけども。
「PB」のマイケル、しょっちゅうささやいてましたけど、聞き取りにくいと思ったことはなかったなあ…。
マイケルが何を言うのか、神経集中(=わくわくしすぎ)していたのかしら?(笑)
先日見た「ポワロ」の「ひらいたトランプ」でも、へんてこりんな資産家の声を聞いたとたんに、ああ、ラッキーだ!と思ってしまったくらいです。
好みはいろいろあって当然ですが、聞こえ具合となると…。
あの声に出会ったら、「聞き逃すまい!」と入れ込み過ぎているのでしょうか、私。

拍手

最近見たあれこれ、とか。

リッパー・ストリート2、見始めました(笑)。
間に入るCMによると、録画したのは昨年の10月頃だそうです。
1&2話は先行放送で見たので、3話からです。
自分からふったくせに、ドレイクがベラと結婚したことがちょっとおもしろくない風のローズはやっぱりドレイクファンの敵でしょうか。
ロング・スーザンの店の常連客が事件に関係しているとわかり、彼が贔屓にしていたのがローズとベラと姿を消した新人というわけで、特定するために話を聞かなければ、となった時、「奥方に話を聞きたいのだが」とドレイクに対して礼儀正しく断りを入れるリード警部補、よかったですねえ。
嫁や孤児たちの世話をしている彼女とのことがない警部補は、ひじょうに正しい警察官であり、紳士であり、安心できます。
ローズとベラが同席している時、何も悪いことしてないのにちょっと困った顔でいるドレイクは、ファンのチェックポイントだったと思います。
あとは、ロング・スーザンの心に宿った何かが、大尉との関係を危うくしそうな、そんなところも見所になるのでしょうか。
続けて見るつもりだけれど、録画失敗した「シェトランド」のオンデマンド放送が23日までというのを知ってしまった…来月の再放送を待った方がいいかな?

ツィートで知りましたが、「ルイス警部」のS9が作られることが正式に発表されたようです。
大怪我したハサウェイの部下も健在のようです。
でも、新しいボスが来てルイスが衝突~みたいなことがあって、イノセントがいなくなるの?
彼女あってのチームだと思うのだけど…彼女の名前もS9の#1にはあるのだけれど…イノセントもルイスみたいにパートタイムで出るのでしょうか。
ハサウェイも過去と向き合うことになる~とかあるので、やはりシリーズ的にそろそろ…な匂いが強くなってきたなあと思われます。
とりあえず、AXNミステリーがなるべく早く放送してくれることを祈ります。
だって、BBC FIRST とかいうものを始めるのですよね?
itvのライバルじゃないですか(笑)。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]