忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「その他のドラマ」の記事一覧

ルイス警部とか、いろいろお楽しみドラマ情報♪

月が替わったので、来月とか、先取りとか、そういった情報がいろいろ出てまいりました。

NHK
シャーロック3とダウントン・アビーが放送されるとか。
シャーロックはもちろん待ってました!ですが、ダウントン・アビーも改めて内容紹介見ると興味がわいてきました。
イギリスドラマを見ていると、「貴族の今」がポイントだったりすることもありますからね。
こんな本も読んでしまったくらいだし。

スパドラ
マイケル・J・フォックスの本格復帰連続ドラマが!
そして吹き替えはもちろんの宮川一朗太さん。
吹き替えで見ますよ。

そして特筆すべきなのがAXNミステリー
なんと、ルイス警部ですよっ!(先行放送:3月、本放送:4月)
大きな宣伝もなく、チャンネル銀河で地味に放送されていたルイス警部が登場です。
2月から毎週土曜日にモースを放送、というのはこの伏線だったのでしょうか。
ああ、これでもっとたくさんの方に不良刑事ハサウェイを見ていただけるのですね。
たいへん嬉しいことで御座います。
DVDにしてあるけれど、こっちでも見ようかな。
ディスク出すより面倒臭くないし(笑)。
でも、「AXNミステリーでの放送は12話まで」と書かれているのは穏やかじゃないですな。

今はスカスカな週間カレンダーですが、4月以降が埋まるという…。
ちなみに今月は、エレメンタリーに、ブラックリスト、クリスティのフレンチミステリ、が増えるくらいです。
アメリカ版キリングは、宣伝写真でホールダーがネクタイしていたのが気になるのでとりあえず見ます。
でも継続するかは不明。

拍手

PR

主任警部モース #29「森を抜ける道」 The Way Through the Woods 

久しぶりに見たモース。
WOWOWで若いモース見てしまうと、ストレンジとの関係に味が増しました。
これまではただの上司で、組織の決定事項を伝える人だったのに、そこにいろいろ見えてしまうから不思議。
モースを信じているけれど、上の決定には逆らえない、森の一斉捜索だってストレンジだから許可してくれたようなもの。
「何も出なかったら笑いものだぞ」のやりとりにもにじみ出るものがあります。
ただ、字幕でモースはストレンジに対して敬語ですよね。
若い二人のドラマは、「主任警部モース」先にありきで作られたのでしょうから仕方ありませんが、字幕の言葉をタメ口に書き換えながら見ている自分に驚いてみたり(笑)。

と、ワタクシ的に視点が変化して終盤に来て新鮮味が増したシリーズでありますが、このエピソードはさらにルイスがモースに対して爆発するというこれまた珍しいところも。
ジョンソンに、モースとのコンビを下っ端仕事と評され続けたことも一因でしょうが。
お互いに声を荒げるのは遅かったくらい。
ルイスはおっとりしているからジョンソンの横槍がなければ、こんなことは起こらなかったかも。
お互いに認め合っていることは事実だし、ウィンブルドンの碑に書かれた言葉についてがモースの言う適材適所の証明だなあ、と。

事件は…そうでしたか。
遺体が見つかっていないのはここに結びついていたのですね(殺されちゃった気の毒な夫、バーナビー警部の従兄弟のバーナビー警部じゃないですか)。

そうそう、ドクター・ホブソンの初登場でもありました。
「マウス警部は?」と、限りなく失礼な初対面だったのに嫌われてはいないようです。
そう若くもない女性だからでしょうか(いや、若いですね)。
そういえばモースはまたやらかしてましたね。
出会いは偶然だったとはいえ、事件関係者とつながりのあることがわかってからですよね、食事に誘ったのって。
この悪いクセは最後まで続くのでしょうか、楽しみです。

拍手

ハウス・オブ・カード&アンダー・ザ・ドーム、最終回

ハウス・オブ・カード
フランクの復讐計画が実現するわけですが、とりあえずといった感じでの最終回。
記事の恩恵を受けていたゾーイがルッソ死亡にまつわる周辺を嗅ぎ出し、味方が敵に回った予感。
逮捕記録なしに保釈させたり、知事選に担ぎ出したのも、ルッソが自滅するまでが作戦というこの疑惑、正解ですよね。
あの、フランク宅でのバスルーム事件は、励ましでも何でもなく本気だったのでしょうね。
あそこで持ち直しちゃった分、自らの手で息の根を止めなければならなくなったことに舌打ちしているような気がします。
フランクの嫁、クレアもわからん人です、ジリアン解雇後に子どもを産みたくなるとか。
彼女にあって自分にないものが急に気になりだしたとしか思えない。
でも、「いなくなったら」とも言っているのでやはり自分たちの子どもが欲しくなったのか…いや、やっぱり慈しむ対象としてではなく自分たちを継ぐ者としてのような気がする。
とにかく、アンダーウッド夫妻の関係はわかりやすいようでいて難しい。
ダグの忠誠心がどこまでなのかも楽しみだったりする。
そして続きでもやっぱりフランクは私たちに語りかけてくれるのでしょ?


アンダー・ザ・ドーム

数話前まで、ビッグ・ジムがそこまでワルには思えなかったのは、「Breaking Bad」の役のせいだったようです。
親分マックスにいいように使われるものの、町にクスリは持ち込ませないよう食い止める立場にあったのだと思ってたのに。
それは警察署長が担っていたのですね。
遅かれ早かれ、署長もビッグ・ジムの手によって命を落としていたかも。
あとは素直すぎる臨時警察官ジュニアに賭けるしかないのか?(笑)
どうしてこうなったのか?を描くつもりがないという「Walking Dead」とは違い、ドームの意志みたいなものも重要なようですね。
しかし、無線で聞こえたバービーが詳しいってどいうことなのだか。
本人知らないみたいだけど、演技かしら?
S2放送されたらとりあえず見るだろうけれど、あまり好きでないクリフハンガーであったことは確か(笑)。
余裕が出来たら原作の方を読んでみたいという気にさせるくらいに。

拍手

一挙放送の第1話だけ見た、刑事マードックの捜査ファイル S1

先日の23日土曜日、、AXNミステリーで「刑事マードックの捜査ファイル S1」の一挙放送前半(1~6話)をしていましたね(後半7~13話は30日)。
週一放送が終わった後や、放送中に追いついてもらうためのキャッチアップな一挙放送なら歓迎です。
初お目見えが一挙放送というのが好きではないのです。
お試しにしてはHDD占拠しすぎだし。
それに一挙放送後の週一放送になると、再放送が少ない。
ひとつの局だけ見ているならそれでもいいけれど、海外ドラマファンとなると複数局で数多のドラマを見ているわけで、そうなるとやりくりがたいへんですよ。
でも「トップ・オブ・ザ・レイク」はその頃に見ているものが少なかったせいもあり、一挙放送を録画しました。
このドラマの性質もあり、どんどん見られてよかったのですが、あまり私好みではなかったというのが問題…。

まあいいです、マードックです。
チャンネル銀河で日本初放送となるS3をたいへん楽しく見終えたばかりというグッドタイミングなので、第1話はどんな感じだったのか見てみました。
これは吹き替えで見たいドラマだと思っていたのに、字幕に慣れてしまうと早々に違和感が…人間って勝手ですね♪
S3最終話にも出てきたニコラ・テスラ博士は、第1話で登場していたのですね。
「知ってるの?」と聞いてくるジュリアに「僕のヒーローだ!」とマードック。
そうか、ヒーローだったのか。
この後に披露されるマードックの科学捜査的秘密兵器は、ニコラ・テスラ博士への憧れが生み出していたのか。
この第1話もS3最終話も一緒に取り組めて幸せだったろうな。
ジュリアとのことであんな妄想してたのも、この幸せの延長だったのかもしれない。

吹き替えに違和感持ちながら見始めたのに、見ていくうちに警部やジョージは吹き替えの方がキャラクターいいよな…と。
そうそう、ジョージはバイオレットちゃんをどうしたのかしら?
S3では「犬は好きです」と言ってただけだったけれど、たまには署に連れてきてもらいたいものですね。
マードックも誠実な感じがたいへんよろしくて、やっぱりこれは吹き替えドラマだな!と(
益々勝手…)。
今思えば、局の性格からはずれていたかもしれないけれど、LaLaはいいものを買って作ってくれましたよね。
続かなかったのはやはり局のカラーと違いすぎるからでしょうか。
当時では珍しい女医、しかも検死医として活躍するジュリア主役と勘違いなんてことはないと思いますが(笑)。

拍手

刑事マードックの捜査ファイル3 (終)

ホームズに対してのモリアーティーみたいな存在か?と思われたジェームズ・ペンドリック。
実は嫁サリーに利用されていただけだったとは。
私も彼女を怪しまなかったわけではないですよ。
12話の爆発事故なんて、命を狙われているとのアピール臭がぷんぷんしてましたもの。
でも、サリーを怪しいいと思ってもあくまでも夫とグルでってこと。
サリーの方が筋金入りの詐欺師で、ジェームズはただの頭がよい人だったとまでは見抜けませんでしたよ。
しかも、頭がいいだけではなく、もう少しで絞首刑になるところだったのにマードックの誤認捜査をいとも簡単に許してくれましたよ。
いい人じゃないですかっ!ちょっと吉田栄作入ってるし(意味不明)。
とりあえず、詐欺師サリーは姿を消し、ペンドリックは「また会おう」の言葉を残してかっこよく立ち去りました。
今後も数話登場するようなので、今度は疑わしき相手ではなく、アドバイザーとしてかもしれませんね。

今シーズン、マードックの科学捜査発明はおとなしかったですが、今に結びつくような話が多くておもしろかった!という印象。
12話では、マジックミラーが強請の小道具として登場。
「これを取調室におけば、犯人の様子が観察できる!」とジョージ。
13話では、マイクロ波が殺人に使われた話。
体内から焼かれたということから、「いもが料理できる!」とジョージ。
とにかくジョージが冴えてました。
「今」ありきで、発想が飛躍しすぎている気がしないでもないけど、もしかしたらこの着眼点で後々ジョージは刑事へと出世するのかも?と思ってみたり。
それにしても、マイクロ波というか電子レンジ、怖いよねって、レンジで温めたおやつを食べながら見てたんだけど。

事件とジョージを見ていけば、おもしろかった!で終わるのですが、マードックとジュリアに思わぬ展開。
事件の悲惨さからドクターになった自分へ疑問を持ち始めたジュリアは、バッファローに新しくできる小児外科のトップの話を受けることに。
第1話で行方不明だったマードックを迎えた姿に、みんなも公認、自分たちもお互いの存在を確認したように見えたのに特に変わりないなあ…と思っていたら大間違い。
警部の息子誘拐事件で、マードックと自分とが一緒に生きていくためには避けて通れない話題にジュリアはずっと苦しんでいたのね。
プロポーズを決意し、これから二人で交わされるであろうことを妄想しているマードックには、ジュリアの本当の心の傷まではわからなかった、ということでしょうか。
バッファローがトロントとは「週末に行き来できる」くらいの距離とのこと。
遠距離恋愛となるのか、プロポーズ成功となるのか、そんなS4へのクリフハンガー。
今、こんななんでもない時期に日本初となるS3を放送したということは、S4以降も放送してくれるのだと思えるのですが…?
早く続きが見たいものです。
チャンネル銀河さん、よろしくお願いします。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]