忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「OZ」の記事一覧

OZ−51「夜曲」

死人ゲストはドビンズ。ずっとチェロ弾いてました。

ビーチャー、とうとう仮出所
シリル、電気治療
独房の汚染の事実の公表
レディング、テレマーケティングに燃える
サイード、ヒルの書き残したものの出版のため製本会社を興す


精神に障害があるものの死刑だから異論がある、とする知事派。
シリルに電気治療を施し、正常な成人にして死刑執行へと目論む。
悪父ちゃんの同意済み。
シリルは知能が足りないだけだと思っていたのに、精神の病気なの?
寂しさを紛らわせるためのエリコが、別人格を作り始めてたけど。
「極端な抑鬱状態が別人格を」とシスターが言うからそうなんでしょうけどね。
治療を受けたシリルはすごく頭が痛くて気持ち悪そう。
かわいそうだよ…
でもCSIに登場したような犯罪者用精神病院じゃ、もっと早く壊れちゃってたかもしれないし。

サイードが製本会社を立ち上げた途端、変な面会者に銃で撃たれる。
「復讐はするな」と言い残して…死亡ですね。
会社を作ったばかりなのに。今後のアリフが不憫でならない。
前半のサイードはお笑いでしかなかったけれど、最近はかなり指導者として落ち着いてたなあ。
アデビシ事件以降なのかな。死んでしまっても影響力の強いアデビシってすごいなと再認識。

屈辱のシリンガー。
同族に対してあそこまで感情を昂らせるのも珍しい。
一応OZ内を仕切ってたのに(支部長?)役立たず呼ばわり。
デブリン知事が手を回さなかったらシリンガーが殺ってたな。

カークのママでさえも息子を愛せなかった。
罪状忘れてたけれど、自分の子供をゴミ箱に捨てたって。
感情というものがわからなかったんだろうね。
カークも脳を調べてみればよかったのに。
ママの告白を心から理解できただろうね、ムカダは。

ビーチャーは仮出所で薄味でしたが、これもそう続かないからな。
お父さん殺しの犯人を聞いたら復讐を実行してOZに残ってもよかった気がしてくるから不思議。

10月2日追記
書き忘れちゃったよ〜、ショッキングなシーン。
OZの良心ともいえる看守のマーフィーが、悪事に手を貸してしまうという…
「プロバスケ選手の夢を打ち砕いた首謀者がわかった!」
というブラス看守の言葉に反応し、モラレスを独房へ引っ立て
ブラス、クレアと一緒に彼を押さえつけ、ブラスの個人的復讐に加担する。
ブラスが切られたアキレス腱は片足、モラレスは両足を切られる。
これを黙って見ているどころか、積極的に参加してしまうマーフィーに激しいショックを感じたなあ。
ショックが強すぎて忘れちゃったのかな。
それにこの情報、ブラスがそう言ってるだけで裏が取れてないんだよね。
そのあたりがマーフィーらしくないというか。

拍手

PR

OZ−50「五感」

死人ゲストはシャーリー・ベリンジャー。

元市長が黒人少女殺害事件に関与していたとしてOZの保護監房に収監
死刑囚監房撮影会
独房で化学物質中毒
ロブソン、シスターに教えを請う
ビーチャー、仮釈放
シリンガー、後ろ頭に目が付く


元市長はシリンガーの恩人。同じ思想の持ち主なんだ。
なら、きっと有罪でいいんだな。
同じ監房のビーチャーがシリンガー派の元市長に手出しをすると勘繰ったが思い過ごし。
逆に食べ物を喉に詰まらせたのを率先して助ける。
このことに感銘したシリンガーはシスターを通してビーチャーに面会を申し出「仮釈放の邪魔はしない」と宣言。
シリンガーはグループ内の人情に非常に篤いので、彼を助けた人を痛めつけるわけにはいかない。
シリンガー一派が手出しをしないのなら、仮釈放審査は気が抜けるほどとんとん拍子。
ビーチャー仮釈放の報をロプレスティーは多少歪めてケラーに告げる。
このロプレスティーの言葉が後々響いたのだろうか。会いに来るからそんなことないか。
しかし自分の弁護士が亡くなったことも知らされないとは。

ケラーさんのいる死刑囚監房では、死刑囚をモデルにした撮影会。
ステキな服に身を包み、プロのカメラマンに写真を撮られる。
見てるほうには目の保養ですが、この企画はよくわからん。
だいたい集合写真は無茶でしょ。ホイットがカークを狙ってることはみんなが知ってるもの。
カークは今度こそ命を落とし、言われなき性的虐待の罪を着せられかけていたムカダ神父は解放される。
祈りが通じた割には浮かない表情と思ったら「カークが死ぬように祈った」と告白。人間ムカダとしては無理もないけど。
しかしカークは本当に悪魔のような子だったな。

仲間には見捨てられ、イタリア系からは命を狙われ八方塞のロブソン。
珍しくシスターのもとを訪れ、生きるべきか死ぬべきかとうかがいを立てる。
シスターは死んでいいなんて言う筈ない。
この言葉からのロブソンの選択は…同房者のペットになり見返りとして身を守ってもらうこと。あのロブソンが…

パンカーモなんかそう恐いことないのに。
ライアンの嘘も見抜けず、むきになってシベッタを始末しちゃうくらいだもの。
あれはライアンの中でも最低ランクの策だろう。策士の名が泣くよってパンカーモだからこの程度でOKってことか。
殺されちゃってなんですが、シベッタは精神が壊れたのが回復できなかったんだろうね。急に奥さんに会いたくなった理由が、呪いをかける手伝いなんだから。

ヒルの遺した原稿をサイードは知り合いの編集を通して本にすることを検討中。
それを後から知らされるマクマナスって。しかも不快に思っていないみたいだ。いいのかそれで?

拍手

OZ−49「死者」

とうとう最終シーズン。前回からは6ヶ月経過の設定。
このシーズン、以前にOZで死刑になったり殺された人がゲストで登場。
今回はジェファソン・キーン。
彼、囚人だった頃はいつも思いつめたような表情だったけれど、解き放たれたせいなのか、いい顔してた。そして歌声も。

Garotoさんにいただいたコメントで思い出しましたが、これからは死刑囚監房がなぜかクローズアップ。
今あそこの人口密度高いし(笑)
それにしてもカークは恐い。
ムカダにすがってみせるかと思えば、偽の訴えを起こしてみたり。
突き放された仕返しだろうけどね。ってことはあれは演技でいいのかな?
カークに対してはどうしても神父でいられなくなってしまうムカダも好きなんだけど。
地獄で焼かれろ!と言い放ったのが頭から離れません。
火傷から復帰したとばかりなのにカークの訴えで調査中は謹慎。
神父の怒りは静まらない。

シリルが寂しくないように、とシスターが作ってあげた手袋人形のエリコ。
寂しさのあまり固執してしまい、何かが誕生してしまった様子。
お向かいのケラーさん、ちょっとびびってます。

ライアンが心を開きかけた途端、ミーハン神父は帰らぬ人に。
力になってくれたことへの感謝の証に神父の遺体を清めるのを志願。
ライアン、正しいことを選んでもそこにはいつも「遅すぎた」がつきまとう。
そこにたどり着く心のほうが大切だけれどね。

独房から出たシリンガーにウィンスロップはペットからの脱出にビーチャーとシリンガーの確執を利用。
ケラーの弁護士として接見に来たビーチャーのお父さんを刺す。
これで化粧をおとすことを許される。
何の恨みも関わりもないのに、こんなことに巻き込まれたお父さんは気の毒。
ケラーの弁護士だって気が進まなかったのに。

その他の出来事
ヒルの書きためていたものがサイードに披露される
バラエティ・ショーを進化させ、マクベス上演の計画
ホワイト、具合悪そう
マクマナス、迷路を作る

拍手

OZ−48「不能」

シーズン最終回ですからいろいろ起こります。いつも起こってるけれど。

ミゲルの仮釈放委員会
ホワイト、あやうく人殺し
ケラー、死刑判決
リバドー、孫の見舞い&葬式
ブラス看守、今頃もどる
シリル、死刑囚監房
ヒル、レディングをかばって刺される


マクマナス嫌いを決定付けた回だったように思う。
ミゲルは更生の方向にあるけれど、刑務所内外での悪人ぶり、さらに不安定な上に、ついこの前は脱走。
犬の訓練で更生の道が開けただけ。今は見守る時期。それなのにぬか喜びさせて。
委員の前で暴れ取り押さえられたミゲルを見るマクマナスの目は「がっかりさせるヤツだ」と言っているよう。そっくりそのままお前に返してやりたいよ!
ホワイトのことも殺人未遂を名乗り出たことを褒めろとは言わないが、頭ごなしに否定するか?相手はホワイトだぞ。
直前、ホワイトの更生を自分の手柄のように喜んでいたけれど、ホワイトを助けたのはサイードですから。
独房の囚人のことを失敗作みたいに言うのもどうだろう。
責任者としてのマクマナスに×印をつけた想い出のエピソードかな(笑)

シリルを楽にしてやりたい、と死刑に肯定的だったライアンが意見を変える。「シリルを失いたくない」と。同監房の神父の影響は大きい。
家族会議の後に助けを遮断せずにいたら…と思わずにいられない。

サイードの制止も振り切り、ケラーとの再会を果たすビーチャー。一言も発しないケラーさんがまた…!
束の間の幸福ですが、アダムとウィンスロップのことを話してしまったのでシリンガーの出方が心配なところ。

残り8話。もうそんなに見ちゃったんだ…
ヒルは刺されたけど出続けるからいいや。

拍手

OZ−47「善意」

本日の出来事
ヒル、意識が戻る
ケラー、OZ内の病棟に戻るが左耳の聴力を失う
シリル、有罪決定
ミゲル、犬の訓練終了
ロブソン、仲間ハズレ決定
マクマナス、リバドーの孫のドナー候補を囚人から探す
アダム、感電死


ミゲルみたいな人を更生がうかがえるっていうんだろうな。親子三代(わかっているだけで)で囚人の家系。子供の頃から犯罪が身近だったと想像できる。自身も刑務所でいろいろ悪いこともしてきたが、これは更生といっていいんだろうな。独房から出ても悪い仲間とつるむことなく、与えられたことを黙々とこなす。失明させた元看守に自分が訓練した犬を渡せたことも心理的な影響は大きい。彼、不安定だから。
これで好感度アップ(誰に?)。この頃のミゲルはとても好きって最初からお気に入りだったくせに。

シスターのプログラムを始めた頃のシリンガーには歩み寄りが見えたのに、もう完全に逆戻り。
突けば真相を吐きそうなお坊ちゃまアダムを脱走させてやると騙す。塀を乗り越えようとして感電死。殺人じゃないけれど殺してるよね。
改めてここの恐ろしさを感じるウィンスロップちゃんなのでした。
さらには腹心だったロブソンも歯茎のドナーが黒人かもしれないということで「仲間ではない」と宣言。
おかしいのはシリンガーも白人優位組織のOZ支部長なところ。あんな敬語、聞いたことないぞ。黙っていればわからないのに、幹部がわざわざ指示をしに面会に来たということはシリンガーが報告したってことでしょ。ロブソンが大切なら報告しなければよかったのに。組織には逆らえなかった、まるで中間管理職なシリンガー(笑)

リバドーの孫の複雑な血のつながりに近い囚人がOZにいるという、何たる偶然!
しかし彼は刑務所内で黒人として生活している。違う人種の血が混ざっているなんて知れたら…と思っただけでドナー拒否。人種が身を守る手段でもある刑務所ならではの難しさ。マクマナス、そのくらい想像しろよ!

ケラーは看守にぼこ殴りされ、他の傷は癒えそうだが左耳の聴力の回復は望めない。こんなエピソード、忘れてた。
郵便配達の仕事を続けさせられるビーチャー。サイードの教えでケラーに会わないと心に決めたため、病棟のベッドにいる姿だけを拝んで帰るのでした。元気な姿が見られればそれでいい、そんな表情。
しかしアダムは死んでしまったわけで、このまま償い続けるのでしょうか。

ライアンはシリルのために一生懸命だけれど、ちょいと履き違え。相変わらず血の復讐。自分で殴りにいくあたり、シリルのためだからか。
シリルの運命に責任を感じ、何かが変わってきている。でも更生じゃないんだよね。

失念されている刑務所内仕事。
厨房、病棟、郵便、シスターの秘書くらいしかお目にかかりませんが他にもちゃんとありましたね。女性用ドレス工場(笑)仕事のシーンはほとんどないからなんだか新鮮。実体見てないのに。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]