忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「OZ」の記事一覧

OZ−31「取引」

エムシティに戻ったらライアンに殺されると訴えるスタニスロフスキー。
クアーンズはそれを受けてライアンに「エムシティで彼が死んだらお前の責任だ」と釘を刺す。
このエムシティでというのがポイント。
そんなこと言うから、ライアンは看守のクレアを利用して戻ってくる前に始末しちゃいました。
この時期のライアン、クレアとつるんでいるから嫌です。利用するためだけってわかっているけれど。

ケラーに謝罪を受け入れてもらえないうえに、子供達の誘拐の実行犯ハンク・シリンガーが逮捕時の不手際のため罰せられないと聞き、ビーチャーはまた荒れている。
この時のシスターに食いつく様、いつかシスターが自分のことを分析していたそのままの言葉。
サイードに咎められても「ほっとけよ!」って感じ。その足でパンカーモにハンクの殺害を依頼する。
娘との面会で思い直すも後の祭り。早々に入金してしまったので実行も早かった。あーあ…。

エムシティ内はいよいよ酷い有様。看守も囚人も黒人ばかり。
アデビシはやりたい放題で監房にカーテンをつけ、中ではパーティー状態。
アラーから脅され、自分では手に負えないとアリフはサイードに泣きつく。
サイード、復権。
そして策を練りアデビシの懐へ入ることにする。仲間になったふりをして…。
この件、サイードはマクマナスに伝えてある。
いくら自分の担当部署でないといっても囚人に諭されるマクマナスって。
見当違いの進言だったけれどシリンガーにまで意見されていたし。権威も何もあったもんじゃない。

知事のニュー防弾チョッキのお披露目会見中、元看守ヒューズが乗り込み知事を銃撃。
懲罰房から戻ったリバドーは激しい頭痛を訴え倒れる。なんと脳腫瘍。
リバドーって死刑執行中の停電に始まり、いろいろと酷い目にあっているのですね。

拍手

PR

OZ−30「悔恨」

クアーンズの指示でエムシティは看守も囚人も黒人が多くなる。
アデビシの言いなりなのか自らの企みなのか。
いくら選挙があるといってもこの頃の所長は責任者として問題あり。
クアーンズの申し出を検討しているようには思えない。
まあ、しっぺ返しがくるんですけどね。

ナッパを殺して死刑囚になったギンズバーグ。体調が悪化する。
刑の執行を早めてくれるよう進言し、それが認められる。
あくまでも死刑囚は死刑囚。彼はそれなりの犯罪を認めている。
となると、これは彼を救うことになるのではないだろうか。
シスターは死刑反対の立場だから彼の望みを利きたいと思う気持ちはわかる。
知事の判断は「死刑制度の復活」を自身の選挙運動に利用していることを考えると頷けない。
人情と制度は別物。
願いが受け入れられたにも関わらず、ギンズバーグは執行の迎えの前に監房で息をひきとる。

ライアンは自らの手でネイサン先生を暴行した男、キーナンを殺す。
あの自分の手は汚さない男がですよ。
ということはやはり電話での指示はこの事件とは無関係。
ネイサン先生に対しては純愛のライアン。物理的にそうなんだけれどね。

そしてビーチャー&ケラー。
ビーチャーの娘が無事に帰ってくる。
犯人は解放するところを捕まった、ハンク・シリンガー。
ケラーは無関係であることがわかる。
殺す勢いで襲ったことを悔やみ、謝罪するビーチャー。
でも今度はケラーがそれを受け入れない。シリンガーの思う壺。
監房も(ようやく)別々になる。
このことが影響してか、ケラーは昔関係をもった男を殺してきたことを神父に懺悔する。
ここで救いが欲しいと。
捜査官が調べている事件ですよね。
しかし神父は自白することを勧める。
それはケラーの願いではないので神父とは決裂。
一度死にかけて考えが変わったとみられたけれど、
これで神に受け入れられないと心が閉じてしまいそう。

で、なんといっても冒頭の懲罰房内での放尿シーン。
Garotoさんの情報でフェイクではない、実際にしているということを聞いていたので
おー、これか!と感慨も深い(笑)。
懲罰房のシーンがあるのでオールヌードのシーンがとても多い。
今回リバドーまでも!殺人衝動がとまらないのですね。

マクマナスはカウンセリングが良い方向に向かっているらしく、
理不尽な責め立てをしたことをマーフィーに謝ったり、
他の看守の不満の声に耳を傾けたりするのでした。
クアーンズの悪人っぷりのおかげでマクマナスは得してます(笑)。

拍手

OZ−29「悪魔」

ビーチャーの誘拐された子供の行方はわからない。
切断された手が送られてきてからというもの、起きていれば放心状態、
夜になれば悪夢にうなされる、とどうしていいやらわからない状態。
そんなビーチャーにシスターは手をさしのべられないという。ケラーがらみで。
そんな中、息子が遺体で見つかる。その事実を前にもうビーチャーは泣くことができない。
妙に落ち着いてしまっていることが、余計に哀しい。
みかねたムカダ神父はシリンガーに、ビーチャーがハンクを捜し出した理由を説明する。
エンディングで、娘は生きて返すように電話で指示を出していた。
神父の言葉が届いたのだろうか。
子供に対してこれ以上の酷い行いは止めたようだが、ビーチャーに向けての復讐はやまない。
ちょっとスティーブン・キング似の囚人から、ケラーがこの誘拐の首謀者だとビーチャーに告げさせる。
もちろん不安定なビーチャーは信じたくもあり、信じられなくもある。
信じられない部分の方が多いのか、ケラーに攻撃する。
仲直りしたばかりなのに。ケラーは心配してたのに。
この二人の愛憎ドラマはホント、激しい。

ネイサン先生を暴行した男がオズにやってくるけど、
被害者と加害者が顔を合わせる危険をわざわざつくらなくても…。
カークはどこまで知っているのか、ライアンに彼を紹介する。
再放送を見返してよかった。カークのあちこちで火種を撒いて歩く姿が見られて。
終盤の印象しかなかったけれど、ポイントで結構活躍していたのね。

ベリンジャーを妊娠させた男のヒント、雨の日も雪の日も
やはり神父には想像ついていた。郵便配達を意味するのですね。
ということは本人は否定していたけれども、シリンガーなのかな。

とても活動的になってしまった、リバドー。
いじめられっ子の逆襲のようだけれど、ちょっと違う。
シスターに死が恐くないと告白したり、パンカーモにもっと殺しの仕事を要求したり。
人格が変わったようですよね、仕方ないけれど。
早くネイサン先生のところへ!と言いたくなります。

クアーンズのエムシティの改革が始まる。
今までのどの人種も一緒に仲良く方式はとらないと宣言。
エムシティの黒人の割合が増えていく。アデビシと通じて、何かが起こる前兆。
マクマナスもイヤだけれど、クアーンズだとマクマナスに戻って来て欲しくなる。
B区画で荒れてたなあ。マーフィーにも筋違いな怒りをぶつけてたし。
まだ反省できていないようなので(笑)、もう少ししてから戻ってきてね。

拍手

OZ−28「慈悲」

マクマナスの後任としてゴアクアーンズがエムシティにやってくる。
所長は「何でも好きにやっていい」と保証してしまう。
ここから混乱してくると思うと、所長の責任は大きい。
混乱してるのはいつもでしたね。

誘拐されたビーチャーの子供はまだ見つからない。
それどころかビーチャー宛の小包に、子供の手首が送られてくる。
なんとも痛ましい。泣き崩れるビーチャー。
捜査線上に浮かんできたのがケラーとは皮肉なもの。
まず、シリンガーの周辺を徹底捜査だと思うけれど。
いくらケラーが恋人であっても
普通でない精神状態だと過去の裏切り行為が頭をよぎるだろうな。
このエピソードは残酷だ。

27話「権利」ライアンは電話で仲間にネイサン先生を襲わせたと書いたけれど、どうも?
ネイサン先生との対面では認めたけれど、その後ムカダ神父に懺悔をする。
彼女が望んだことだから、やってもいないことをやったと言ってしまった、と。
このシーンのことを失念していた。
このシーンがなければライアン好きでいられるとは思えないけれど。
でもライアン、信用できないし。
その一方で「シリルは悪くない」って言ってあげるし
シリルの「懺悔をすれば許される」を受けて懺悔するし…。
事件の結末がどうだったのか未だに思い出せない。

また思い出せない謎の部分が出現。
ベリンジャーを妊娠させたのは誰だったのか?
前回、あの看守(ロプレスキー?)で正解かと思ったが
その頃まだ彼はここにいなかったようだ。
となると誰なんだ?ムカダ神父に与えていたヒントではわからない。
「雨の日も風の日も」でしたっけ?
神父にはわかったのだろうか。

そしてショッキングなベリンジャーの死刑執行。
これまで監房内で、自分のことなのにどこか他人事のようだった。
それが執行目前でのあの暴れ方。
何故自分が死刑囚なのか理解していなかったのではないだろうか。
死刑になることの意味をわからないものに刑を科しても意味がない。
シリルにしても。

拍手

OZ−27「権利」

所長は記者会見でブスマリスとミゲルの脱獄を攻め立てられる。
さらにマクマナスの後任を有色人種にしたらどうかと進言される。そうすれば選挙の応援もつきますよ、と。
所長も確約はしないが、有色人種を考えていますというが、本心か選挙のためのポーズなのか私には不明。
この頃の所長って勝手だったなあ、という印象しかない。

暴動の裁判は囚人側の勝利。実質代表をビーチャーに引き継いだサイードはあまり喜んではいない様子。
今度はゲイであることが判決に影響したかもしれない囚人の代理人に力を入れている。
力にはもう魅力を感じないってなことを言っていたけれど、やはりサイードは自分の力が示されなければ心が安定しないのではないか。
この裁判も再審されることになったけど、表情はイマイチ。
トリシアとも完全に離れることになったし。生き生きしていると鬱陶しいが、元気がないのもイライラさせる不思議な男だ。

ネイサン先生と旦那さんの両親と、ライアン&シリルの対話プログラムの初対面。
悪意のないシリルは礼儀だと思って握手したがるが、怯えられてガッカリ。
シスターにどんなに釘を刺されても、ネイサン先生を愛していると言ってしまう。このプログラム、ぶち壊し。
ネイサン先生からも「自分のことだけしか考えていない」と詰られる。
そのせいか、外の仲間に電話してこともあろうにネイサン先生を襲わせる。可愛さあまって何とやらでしょうか。
でも愛している、と。

カークはやはり悪い子だ。
シリンガーの息子ハンクを探し出し、金まで払って面会に来させたのはビーチャーだと、密告する。
何も接触がないというか、避けているのにそんなことをしていると聞かされれば、今までの関係を踏まえると裏があるとしか思えないよ、そりゃ。
で、すぐに行動を起こすのが、シリンガーだ。真意もわからないうちから先制攻撃とばかりに、ビーチャーの娘と息子をハンクに誘拐させる。
仕事の依頼だ、と父親に金を要求するハンクを見て何も思わないのか。
この騒動、ムカダ神父が迂闊。囚人に聞こえるようなところで話しちゃダメでしょう。
今思うとこれが、神父とカークの因縁の始まりだったのかも。

モラレスが入ってきたことで、ヘルナンデスは消される運命に。しかも実行をリバドーに依頼する。正当防衛の道を作ってあげるのだった。
でもこれがリバドーの今後を揺るがすんだよなあ。

マクマナスの後任が決定するまでマーフィーが代理なのですが、モラレスの進言を受けてリバドーをヘルナンデスの監房へ移したり、やってることはマクマナスと一緒だった。うーん。
ずっとラフな格好だった人が見せる、スーツやネクタイ姿に私は弱いようだ。何割か増してよく見えてしまう。

女死刑囚、ベリンジャーを妊娠させたのはあの看守で正解でしょうか。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]