忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「バーナビー警部」の記事一覧

バーナビー警部 #60「戦場の遺恨」 Shot at Dawn

軍法会議で任務放棄とされたトミー・ヒックスは、その場で死刑が執行された。
直接トミーを射殺したのはダギー・ハマンド。
以降、ヒックス家とハマンド家の間には90年にもわたって確執が続くことになる。
が、最近になってトミーの名誉が回復され、その式典に他のミッドサマーの人たち同様両家も参列するのだが…。


軍法会議による処刑の遺恨かと思わせて、実は現市長ヒックスが加担している不正土地取引?
ハマンド家の嫁とヒックス市長の長年にわたる不倫のせい?
そのせいで自分たちが実は兄妹では…?と悩んだ両家の子ども?等々、
散々悩ませられて結局はタイトルどおりに「戦場の遺恨」でした。
ライオネル・ヒックスが、父親を殺したハマンド家の人間を許すことができなかったのですね。
そこにはまた、トミーとダギーが異母兄弟だった可能性があったからなおさらです。
ライオネルは異母兄弟だったことを信じていたからこそ、執着していたのです。
ダギーの遺言「ヒックス家に土地を譲る、三代に限ってだけど」は届かなかったのですかね。
悪人しかそれを知りえなかったのは不幸ですね。
でも、いくら車椅子が偽だったとはいえ、力も弱り動きも鈍くなっていたであろうライオネルの工作が誰の目にも止まらなかったとは思えないのですが(笑)。

ヒックス市長とその次男は典型的なおバカでしたね。
市長、警察にまでやってきて警部宅の屋根の手抜き工事を「契約と保証というものがあるのだよ」とか笑い飛ばしているからバチが当たったのです、っていうかそういう人なのです。
ラスト、無償で警部宅の修理をさせていたのは反省したということなのでしょうか。

今回笑ったのは、ハマンド嫁と市長が逢引中に、子ども同士が結婚したがっているけど兄妹かも?と市長が思ってたところ。
嫁は義理の父親とも通じてハマンドの血を守っていたわけですが、そんなこと知らない市長はハマンドの娘は自分の娘だと思っていたようです。
その時の、兄妹であることを否定するハマンド嫁に市長は「ジョニー(ハマンドさん)が兵隊と遊んでる間~(自分と関係してた)」って。
兵隊と遊んでるって(笑)。
字幕翻訳の方のせいでしょうか、何かとても楽しそうな感じが頭から離れませんでした(笑)。

ところで、金曜日の20:00~が初回放送ですよね。
この回を録画したのですが、30分過ぎたあたりで画面が暗くなり、映ったと思ったら画面がデカくなったり上下左右黒帯出現を繰り返したと思ったら、黒帯あり状態で固定されてしまいました。
字幕頼りですから、そんな小さい画面ではツライので録画し直して見ることとなりました。
初回をご覧になった方でなにかしらの電波障害に遭遇した方いらっしゃいますでしょうか?
そういえば今回の放送から字幕の文字が少し大きくなったように思いません?
ここの局は少し文字サイズが小さめでしたからね。
新作REXも大きくなっていることを願います。
 

拍手

PR

バーナビー警部 #55「悲憤の刃」 The Axeman Cometh

バンド「ハイヤード・ガン」が30年ぶりに再結成して野外ロックフェスティバルに出演することが話題となっていた。
当日、ボーカルのミミが歌い出しマイクを握ると高圧電流が流れ死亡する。
リーダー的存在のゲイリーはこの時初めて切り裂かれた豚や鳥を送り付けられる脅迫を受けていたことを告白し、30年前に行方不明になったままのメンバー、ジンジャーの仕業であると決めつけるのだった。
そうしている間に、アックスマンのバイクが爆破され、ニッキーは車ごとプールに沈み、メンバー皆殺しの恐怖感が漂う。


久しぶりのバンド再結成、メンバー一人行方不明、警部がファン…どこかで聞いたようなエピソードだ。
なので父親の後を継いだマネージャーが犯人だと思ったんだけど(笑)。
だって、カリーを呼び出してたじゃないですか、犯人ならアリバイ工作に決まってますよ。
しかし、あちらと違って、金と知名度回復の頼みであるバンド再結成に関わることではなく純粋に復讐を遂げるという物語でした。
執事とお手伝いさんはジンジャーの兄と娘で、
バンドをクビにしたゲイリーを心理的に操ることでもらうものをもらおうと企み、
メンバーの一人アックスマンは、愛した女性の身も心も破滅に導いた他のメンバーに静かな憎しみを抱き、と愛するものへの誓いが強くにじみ出てましたね。
バイク爆破をジョーンズは「アックスマンの自演では…?」と警部に申告していたのですが、かつてファンだったバンドだし、アックスマンの真面目さに警部の目が眩んでしまったという珍しいエピソードでもありましたね。
酒を捨てるのは真面目な人柄とコント的要素のミックスかと思ったら、復讐の根の深さだったとは。

警部のかつての上司の強引な謎解き(カツラを毟り取る!)はちょっと愉快。
退職してからも個人的にジンジャー事件を捜査しかなり真相に近づいたものの、ツメがあまかったですな。
その後、おとなしくなってしまった姿に哀愁さえ感じる。

余談。
執事といえばジーヴスですが(笑)、彼だったらゲイリーの服装をどうしたかね…と思いました。
特にあのパジャマとか、最後に来てた胸の周りの派手な刺繍のアレとか。
高貴な家柄出身のバンドマンという設定も面白かったです。
でも背は低め…(私の見識が間違ってますか?)。

拍手

バーナビー警部 #53「野生の発露」 The Animal Within

母親の代から30年も連絡をとっていなかった伯父レックス・マスターズに会うため、アメリカからフェイス・アレグザンダーがやってきた。
彼女の素性を聞いた庭師マイルズは、「姪一家は飛行機事故で全員死亡した」と聞いていたために複雑な想い。
状況を問い質そうとレックスを探すが遺体となって発見された。
そして、レックスの遺産は誰の手に…?


バーナビー警部にしては珍しく、何故飛行機事故で死んだなどという嘘をついたのか、次々と現れる遺言状、とかなりミステリアスな展開。
レックスは不動産はあるけれど手持ちがないという典型的な昔の金持ち(いいのかな、こんな表現で・笑)で、お隣さん、庭師、家政婦、と遺産をちらつかせて心を弄ぶ様子は悪でしたねえ。
フェイスのお母さんの友人ルシンダを騙したような仕打ちにも反省の色なしだったなあ。
でもいろいろ見てると、今更レックスの悪行を聞いたって誰もなんとも思わないような気もするのにね。
ルシンダの息子のお母さん愛が妬ましかったのかもとさえ思える。
それまでがどんな人だったのかはわからないが、1年前までの10年にわたってフェイスの夫に言われるままに何万ポンドも送金し、それが裏切り行為だったとわかって飛行機事故で死亡という名の縁切りをしてからですものね、遺産のちらつかせは。
この失った数万ポンドがレックスの最後の感覚を狂わせたのかも…と同情心が芽生えないでもない。
ミステリアスな展開も珍しいけれど、ラストの奇妙な友情の誕生もまた珍しいかも。
警部とジョーンズがフェイスの夫を放置して嬉しそうなのも(笑)。
まあ、これくらいのことされても仕方ない人だ。

拍手

バーナビー警部 #52「惑乱の長い髪」 Dance with the Dead

相変わらずみんなが秘めた想いを口にせず、事件がややこしいことになってます。
これでこそバーナビー警部です。
老いも若きも、男も女も、奔放な若い娘に翻弄された、そんな話でした。
勤め先のパブで売り上げをかすめ取り、バイトを二つもしているのに失業保険を申請し、おじいちゃんカメラマンからはモデル代をいただき、とにかく金、金!のイメージが強いローラ。
その一方で金銭的メリットなさそうなサイモンと交際、犬舎でバイトというのは結びつかないなあ。
サイモンには本当の恋愛感情だったの?
でも「養ってもらうあてがある」とそれまでの宿の提供者(同棲?)に宣言してるしなあ。
金銭と恋愛を完全に切り離せるタイプだったのでしょうか。

その同じ村で自分が10歳の頃に行方不明になった戦闘機パイロットのお兄さんの帰還を信じているローズマリーおばあちゃんの話は哀しいけれどやさしい気持ちにもなれるエピソードでした。
毎日着るものと食べ物を飛行場(すでに跡地)に届けてるなんて。
これが生活のはりになっているのでしょうからね。

そして、大事件です!
ジョイスが習い事をしていないうえに事件に関係していません!(笑)
ダンス教室から始まったからジョイスも生徒で、サイモンと顔見知りだったのだな、とまで想像したのに。
これはヒドイ裏切り行為だ(笑)。
でも警部の「ブレンダ式捜査(本当は捜査なのに家族には内緒で「〇〇に行こう」と装うこと。「クローザー」のブレンダが得意とすることから命名)」が健在なのでよしとします。
今回、ようやくカリーが気付いてましたね。
「お父さんの捜査してる事件ってこの村なんじゃないの?」って。

カリーにビールのおかわりを頼んでおいて他の女性と踊り、ダンスパーティーに積極的に参加しているジョーンズは、かなりトロイ臭がしていました。
警部宅で戦闘機のDVD見せられている姿、逃げ出したい雰囲気含めてすっかり家族っぽかったですよね。

拍手

バーナビー警部 #51「呼ばれた殺人者」 Last Year's Model

昨年2月、警部はフランシス殺害事件で親友のアニーを逮捕した。
確たる証拠もなく、アニーも無罪というだけで何も語らないまま、10ヵ月後に裁判が始まる。
共犯者や思いもよらない真実が見つかるかもしれない、と警部はジョーンズに法廷内でアニーと視線を交わす者の動きに注意するよう指示を出す。


とりあえず、シーズンの区切りの最終回。
へんてこりんな人がいないだけでなく、法廷シーンがたくさんという珍しい展開。
終わってびっくり、アニーはフランシスの夫ジョンへの純愛を貫き通し、無実となって解放されると二人の時間を育もうと、新しい愛情のスタートを切るようです。
事件の夜自宅を訪ねた理由を話したら、ジョンにも迷惑がかかる、と沈黙を貫く選択をしたのですね。
「田舎の商人なんて好きじゃない」の言葉にちょっぴり傷ついていたジョンは、アニーの真意を知って表情が明るくなっていくのがよかったです。
お姉ちゃんの反対は辛そうですが、妹ちゃんは応援してくれるはず。

アニーの夫、わかりやすい成金オヤジでした。
有罪になれば離婚に慰謝料払う必要なくなるから、と真実よりも疑いを選ぶという…秘書にまで愛想をつかされる日も近いかも。

残念だったのは、フランシス殺しの真犯人の予想がついちゃったこと。
理論的にとか、推理じゃなくて、この前見たばかりの「ニュー・トリックス」でもこの人犯人だったの(笑)。

ジェイミー犯行説が浮かんでからの証人だったおばあちゃんの行動力はすごかった。ベッドの上なのに(笑)。
見間違いでも何でもない正しい証言だったのに、無実の彼女を追い込んでしまったことに責任を感じ、「殺人の現行犯で捕まえればいいじゃない!」と自ら囮を志願ですもの。
「あなたが(警部を指差して)クローゼットに入ってくだされば」と言ったのに
「このジョーンズが入るクローゼットからは外の様子が見えません」って警部も少し鬼。
「え、ぼく?」というジョーンズの顔もよかったです。
彼、いい表情しますねえ。
刑事補佐から始まり、巡査部長に昇進しましたね、おめでとう。
ジェイミーが決心して再度おばあちゃん宅に向かって、建物外観のみの後のぷぁ~っ!というおもちゃのラッパ音、そしてわらわら走り出す警官たち、何だか面白かったです。

シーズンの区切りなのに、ジョイスは骨折したお母さんのところへ行ったとかで、電話シーンだけ。
しかし、例のシチューとやらを作っていったとかで存在感は残してます。
隣の犬は本当に好物なのか、気になるところ(笑)。←あげちゃいかんと思う。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]