忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「HEROES」の記事一覧

HEROES2 #24~28

毎回見ておりましたが感想はキャッチアップで(笑)。
S2初っ端から新しい力の人が現れて微妙に食傷気味。
マイカの預けられた先のオネエチャン(従姉妹?)の特殊能力にはちょっとわくわくしたけど。
新たな特殊能力さんの登場よりも、あの日から「4ヵ月後」の間に何がどうなったのかを知りたい。
普通の生活(普通?・笑)をなさっているみなさんは何となく想像つきますがネイサンとピーターの二人ですよ。
飛んでった先で何があって、キッチリスーツで横分けネイサンがヒゲもじゃで飲んだくれて家庭を失った経緯とか、どうしてピーターは記憶を失くしてアイルランドに出没したのか、とか。
具体的なことを要求しちゃうのは無粋なのかしら?
でもネイサンのことを知りたいだけなのよ(笑)。
ヒロと一緒じゃないからコントシーンも期待できないもの、そうとなれば彼の周辺の出来事を見るしかないじゃないですか。
いつ飛ぶかとか、マットを抱えて飛んだのか?とか(笑)。
あの明らかに期待しているマットの眼はいかがなものだろう(笑)。
そのマットの父ちゃんは今のところ最も質悪い。
行き先はおそらくあいつのところ、さあ、飛んで追いかけろ!
そしてまだまだは続いているようで、ピーターを捕獲しにエルという娘が登場するが、任務を遂行しなくていいとお父さんに言われて落胆。
お父さんって誰だ?キースですか、ジェイクですか?(違っ)
そんなこんなでまたつっこみながら見ております。

拍手

PR

ヒロ、来日

全然知らなかったんですけど、ヒロのマシ・オカさんが来日してたのですね。
「笑っていいとも」に出演したものの、客席の反応が鈍かったと知人に聞いたのですが。
拍手もパラパラ、キメ台詞のはずの「ヤッター!」にも反応薄かったとか。
マシ・オカさんって私の中ではすごい有名人なんですけど世間ではそうではないのですか。TV.Brosの表紙を飾ったこともあるのに。
そうか、ネイサンがセットじゃないからだな!
タカトシさんのトシさんに「欧米か!」とつっこんでもらうために自分だけ楽しんでたとか、望みどおり「欧米か!」とつっこまれれば「欧米です」と返しのギャグを披露していたとか聞かされたのですが本当のことですか?
いつぞや「めざましテレビ」にスーツ姿で登場し、そのことに触れられると「一応人前ですので」と言っていたのよりも随分とくだけてますけど。

ところで今回の来日って日本テレビで放送開始されることの宣伝?それなのにフジテレビ?

拍手

HEROES#23「世界を救え!」

あの5年後は回避された、ということですね。どうやってオチつけるんだか心配でしたが美しい愛情物語として終止符が打てたんじゃないでしょうか。
でも命の危険からは逃れられたアンドウくんには銃刀法違反容疑が待っている…(笑)。アメリカでは平気みたいだったけど。
ペトレリママはピーターが心理的な責めを負うことも承知でリーダーにネイサンを選ぶがネイサンはそこまでの決心はできてない。どちらかというと弟の方が大切。ここに今までの心配の理由が集約されていたのでした。
ピーターが読んだ「爆発は止められない」という心は積極的に思っていたわけではなく諦めの感情に近かったのかも。ただ一つの方法を知っているからこその迷いか?
ヒロが大きな声で秘密の会話をしてくることを知りながらも声をかけてしまう人柄のよさも本物だった、ということがわかり満足。飛んだしね。
ピーターは一人でも飛べるんじゃ…?なんて思ってはいけません。爆発モードで他の全ての力がシャットされているのですからネイサンが付き添わなければならなかったのです。←一瞬、自分がそう思ったことがバレバレだ。
大勢が犠牲になることを防ぎ、助かるか不明だがマットもモリーのヒーローであれたし、ヒロもサイラーを刺しぬいたし(でも吹っ飛ばされた)大団円のはず。
マンホールへと続く血筋に「え、まさか!」とサイラーの恐怖を感じさせて全て終わりになった方がよかったんじゃないのかな?後の評判を聞くと(笑)。
一章が終わったと思ったらそのまま二章が始まって、吹っ飛ばされたヒロは戦乱の日本。しかもあまり決戦の場にふさわしくない。「戦国自衛隊」ですか。1549の方じゃないことを祈る。
瞬間移動のコントロールができるようになってきたからすぐ戻れるはずだけど、吹っ飛ばされたショックで何か狂ってしまったかも♪
ヒロが現れたら突然の皆既日食、神に祀り上げられるというのもありそう。
と、S2への期待と不安は高まるのでした。

拍手

HEROES#22「運命の日」

JITTESU ARMS(笑)。
ヒロのタケゾウを治すのもパパ次第。ヒロがヒーローにふさわしい男になるのを待っていたというパパ。むむむ?付け焼刃の剣術指導でサイラーに勝てるのか疑問だ。
それにヒーローたるもの心配りも忘れてはいけない。長時間放置され放しだったアンドウくんは一人で闘う決心をしちゃったじゃないですか。「彼は死ぬ」ってパパも無責任なことを(笑)。
しかしヒロも闘う準備は整ったようなので仲良し二人が組めば希望が見えてくるかも♪
それにしてもアンドウくんは、ニキに会いに行く、ちゃっかり警備員、今度はひとりで地図見て闘いに行く覚悟だし、行動力は尊敬に値する(無鉄砲か)。
ネイサンはヒロに声かけられるのを待ってるんじゃないだろうか。制するのも遮って会話しておいてお約束の「しーっ!」だもの(笑)。
「未来で悪い人になってたからそうならないために爆発を止めようよ」という会話が普通に成立してるのがよろしいですね。
でもリンダーマンに魂を売ったネイサンの答えは「誰にも止められない」。しかしマイカのおかげで議員に当選したネイサンはリンダーマンの居所を売りましたよ。
どうでもいいけど、コンピュータに細工したといっても劣勢だった数分後に圧倒的得票数で当選というのは不自然極まりないぞ。
さて、次回はいよいよシーズンファイナル。
ヒロパパはリンダーマン派と分裂したということでいいのかしら?
5年後に生き残ってた人とそうでなかった人は何が違っていたのか、楽しみであります。

前回の、ピーターが放射能さんの能力を伝染させたのはひょっとして作戦だったのかもしれないと思おうとしたが、やっぱり迂闊なだけだったようだ。
透明人間さんのスパルタ教育のおかげで取得したばかりの能力もコントロールできるようになっていたので安心ですが。でも爆発するんでしょ?
それに…渋滞にひっかかってるんじゃない!飛べ!(怒)

ネイサンの奥さんがリンダーマンのプレゼントで歩けるようになってましたが…。
選挙当選と車椅子の人の足が動くで「ボブ・ロバーツ」を思い出してしまいました。
あちらは当選者本人&同情票のための嘘だったけど。

そうそう、マイク・ジャデーロの人が出てたんだっけ。

拍手

HEROES#21「ニューヨークへ」

爆発まであと2日らしいので、とりあえずみなさんNYへ集結。
ピーターは自分が他人の特殊能力が伝染する体質だと知っているはず。そしてクレアから放射能さんの情報を聞いている。
それなのに迂闊だろ!近寄ったらそうなるってわかってるくせにクレアの「パパ~!」を見守ってちゃだめだ。
ベネットさん見て、マット見て、そして「誰だ?こいつは?…もしかして…!」じゃ遅い!気付いた時にはもう伝染開始だ。
爆弾男の準備も整ってあとは当日を迎えるだけとなりました。
ヒロはどうしてもアイザックさんの死亡前にたどり着けない。
それどころかサイラーの悲しい家庭を見てしまうし、他に気が向くとと特殊能力を使い続けられない弱点も発見。
何か策を練らなければならないのに次回はヒロも知らない顔を持ったパパが登場するようでややこしくなること必至。
あとは以前にマットが助け出したモリーの能力を使えるかどうかが鍵なのかしら?ということはモヒンダー、ガンバレ(笑)。
今回お勉強になったのは特殊能力を手に入れても実力はその人の範疇ってこと。
アイザックさんの能力を手に入れたサイラーが描く絵は別人のタッチですからね。
それなら始まった頃にピーターの描く絵が落書き程度だったのも納得。
今は能力をコントロールする術を身につけたせいか、今回の絵はかなり上達してました(たぶん・笑)。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]