忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「ER」の記事一覧

ER14 #16(306)「誤解が招くもの」 Truth Will Out

韓国人留学生のしこりをめぐってのことで、ニーラはブレナー(アンスポーの甥っ子だったとは!)を激しく糾弾してましたが、昔彼女は同じ事をしてましたよね?だから私、彼女が嫌いなのですけど(笑)。
詳しい病名は忘れてしまったが、「○○の患者がいると聞いたので見に来ました」と処置室に入って来たのですよ。突然の告知に患者パニックですよ。
今回のブレナーとどこが違うのでしょうか。同じ失敗をした人は人を糾弾する資格なしというわけではないですが、ニーラは自分のしたことを忘れちゃってるように見える。当時、記憶を消す薬をスタッフに投与されたのかしら?(笑)
告知は正しい手順をふんでされるべきですけど、薬でやり直すというのはどうなのだろうか。薬のリスクを承知というのはニーラじゃなくて、留学生の子が承知かどうかではないのかな。

そんなニーラは前回診た、四人の子どもを抱えた大学生シェリルの術後感染の告知には慎重。ある意味筋は通っているけど、留学生の子には無神経という気がしてならない。
シェリルは「あんな大きな手術で命が助かったのだから今度も大丈夫」と逆にニーラを励ますような人なだけに何だか解せない。
前回、「シェリルはソプラノズのジャニス」と夢野さんに教えていただいたので確認できましたが、それがなければ今回こんなにはっきり顔が見えても「こんな前向きで人を気遣える人はジャニスではない」と脳がシャットダウンしていたかも。だって、ジャニスは移動遊園地の手抜きを訴えようとした人、術後感染なんて聞いたら病院を訴えないわけありません。

アビーとルカのところは、新しい仕事と部屋を探すルカ、カウンティでのスタッフドクターに意欲を見せるアビー、と完全にすれ違い。元はクロアチアで依存症以外の秘密を曝け出したからのようなので、ルカにしてみれば当然のことなのか。これが冷却期間なのか離婚前提なのかはまだ不明。ジョーのことが一言も出てこないのは夫婦としてどうかね。

ドゥベンコがヤキモチ焼いてスカイに捨てられてしまうとかはどうでもいいや。私の好きなドゥベンコにはそういう方面入ってないみたい(笑)。

拍手

PR

ER14 #15(305)「進むべき道」 …As the Day She Was Born

たいてい毎週月曜日は日本テレビの「世界まる見え!テレビ特捜部」を見る。
今週ベストのコーナーで働く犬たちを紹介していたのだが、そのラストに癌発見のトレーニングをしている犬が登場した。
警察犬訓練で、ターゲットの臭いを関係ないものと並べて発見させるというあの方式で、普通の人の息と癌患者の息を並べて判別するというのをやっていた。訓練士の人は「呼気なら8割くらい、便汁ならもっと高確率」で判別できると言っていた。
これを癌の早期発見に役立てたい、というのを言葉通りに受け取った私は、4~5人の検査希望者が並んでいる前をワンコが通り、対象者の前でぴたりと止まり、ワンコ褒められ、止まられた人落胆、「俺の前で止まらなかったよ~」と胸をなでおろしたところに「まだ続きがあるよ」とばかりに歩き出すワンコ、人パニック…そんな風景を想像して「なんてデリカシーのない!」と驚愕した。
しかし話にはまだ続きがあった。
犬が反応するということは癌細胞に独特な臭いがあるということなので、犬の鼻に近付けたセンサーを開発したいというものでした(笑)。忙しくて検診に行けないけれど、センサー付きトイレで反応されちゃったら腹を括って病院へ行くか、という利用法を考えているようだ。デリカシーがないのは私の方でありました。
でも開発のためにワンコちゃんは呼気はともかく、便汁を嗅ぎ続けているのだと思うと…。人間が感じるようなクサイという観念ではなくて、臭いの種類を細かく嗅ぎ分けられる能力なのだと思わないとツライものもある。
ついでに思い出したけれど、うちのまさくんは子犬時代、私が高熱を出した時、くんくんと嗅いで、ぴぃ~っ!と泣いたのですよ。訓練すれば探知犬になれたかもしれない。

何故ERなのに「世界まる見え!~」のワンコかというと、コレの直後にERを見たら、ハロルドがニーラに「息を嗅げば足りない栄養素がわかるかも」などとほざいていたので、お前はさっきのワンコかっ!とつっこんでしまったからなのでした。
それだけのことに随分と費やしてしまいました。

骨折しすぎのお父さん。
高校生くらいの息子と二人暮らしで、息子の家庭内暴力が疑われた。しかし真相は、お父さんはホルモン異常で骨折しやすくなっていたというものでした。サムのキメツケは恐かった。お父さんの症状も気になるけど、自分が預けられることのほうがもっと心配という息子の挙動が不審で暴力息子かと勘違い。心配の矛先が少し間違っている分、サムの勘も全部間違っているとは言えない気がする。きっと、プラットの酌量と毎日会っての誠意で変わってくれると思う。

サラのおじいちゃん。
サラの祖父母はメグがああなった原因がニーラとゲイツであるとは知らないのだろうか。手術をするかしないかをめぐって、ゲイツを否定するおばあちゃんに彼への本心を見た気がした。サラを預けているのは彼女の希望だからでゲイツを評価してのことではない、と。それを思うとニーラに御礼を言えたサラは大人になってました。おばあちゃんの信頼を裏切らないことがゲイツの評価につながるのだろうな。

さて、本日はニーラの誕生日だったらしい。夜勤明けで帰るつもりが手違いで外科のローテーションに突入。四人の子どもを育てながら大学へ通う患者を診て、ハロルドの外科に対する想いを聞いて、激務だけの自分を悲しんでましたが、ひとりひとり違う人生なのだ、君は人の命をを助けられる人なのだ(大意)と、ステキな上司ドゥベンコのプレゼントがありました。これでもう裸で彷徨うことはないでしょう。オープニング、夢だとは思ったけれど、あそこで、ニーラなら、ありそうな気がしたのも事実(笑)。

プラットはドクターとして成長の道を歩み始めたけれど、ベティナからは「私の病気は受け入れられない」とぴしっと言われてました。家を見に行った後、「彼に背負わせるようで…」と電話で誰かと話して泣いていたのはこういうことだったのですね。大腸癌の家系でそれはもうベティナの身体にも始まっている、何でもない状態での同居も躊躇ったプラットには背負わせられないと決心したようです。手伝わせてくれと言うプラットは、同情じゃなくて最近連絡つかないことで想いを再確認したのかもよ。職員同士の揉め事(フランク、子どもだよね・笑)、患者との接し方、とERの良心としての台頭著しいプラットを支持せずにはいられないのだが…。

拍手

ER14 #13(303)「命のつぐない」 Atonement

湖に落ちた少年とそれを助けようとした老人トルーマンの話。
トルーマンは前立腺癌が転移していて残された人生は少ない。その少ない時間をかつて自分が命を奪った人の家族に捧げようとしている。彼は殺人者ではなく、刑務所のドクターであった。死刑執行の際、薬物を注入して死亡を確認することも仕事のひとつだった。
ある日、カテーテルのミスでなかなか執行に至れなかった男がいた。半年以上経ってから冤罪であることが判明し、カテーテル事故が死ぬべきではないという神の啓示だったのに気付かなかった自分を責めてきたようだ。
これは伝えてはいけない。執行を決めるのは彼の仕事ではないのだから。
薬物よる処刑は、死刑囚には苦痛が少ないのかもしれないが、逆に執行する側には自分が命を奪うのだという事実がつきつけられることとなる。それが冤罪だったと聞かされれば…。
トルーマンが助けようとした少年の父親も死刑囚。少年の命は助かり、事実を漏れ聞いた母親はお礼は言うものの「絶対に許さない」と。これはお門違いだ。老人は仕事をしただけ、できないと言えば他の医者がやってくるだけのことだろう。
この前の「クリミナル・マインド」でも、連続殺人犯が薬物注射でなかなか死ななかったという話を見たばかり。彼は本当の殺人犯だったのだから、スムーズにいかない執行が必ずしも冤罪の啓示ではないとトルーマンに教えてあげたい。
彼と牧師ジュリアとのやりとりは、前回の「信仰」と前後編のような感じだ。神はそれぞれの心の中にいて、同じではないのだ、と思う。そうなるとジュリアの存在する理由ってわからなくなるのかも。もちろん、最期に牧師の口から神の赦しを聞くことを望む人もいる。でも導く人であっても代理ではない、そんなことわかっているけれども。
前回、いつの間にか息を引き取っていたおばあちゃんのことを幸せだったはずというジュリアにゲイツは疑問符だったんだな、と今日の彼にそう感じる。それでサムが気になってしょうがないのか、というとイラっとくる(笑)。

トルーマンに、少年を助けられる機会に立ち会えたのだと、その意味の大切さを語るプラットは立派になったなと思う。それなのに、ベティナには男としては未熟だと思われて捨てられてしまうわけだ。

整形だけでなく、今日は外科も暇だったのですか。ホッケーの試合は整形VS外科。新しい研修プロジェクトでERからモリスがたまたま外科に出向中だったので(ウソ・笑)その妙技を披露。彼は歌手でもあるし、ホッケーもこなし、多彩な人なのですね、モリスなのに(笑)。
リハビリ室でのスカイとドゥベンコとか、それを見ても何もつっこまない整形&外科ドクターたちとか…もういいです。

拍手

ER14 #12(302)「信仰」 Believe the Unseen

アパート火災で怪我したケイラちゃん、珍しい遺伝性の目の病気だったが「里親に嫌われる」と具合が悪いのを隠していた。どんくさい、のろまなのはそのせいだったのね…と反省して謝れるお姉ちゃん。ここのうち、「里子が五人」というのを聞いて一人当たりいくらの金目当ての親かと思った。けれどお母さんはお姉ちゃんに謝罪を促せるし、お姉ちゃんも謝れるし、ケイラちゃんもお兄ちゃんが好きって言えるし、そう荒んだおうちではないようだ。
ケイラちゃんの病気を見つけたのがアビーというのは…。だって彼女、何人か続けて見落としてたよね。アルコールが入っていなければ優秀と言いたいのかしら。
そのアビー、病院の会議でアルコール依存症施設で自ら進んで治療を受けたことが加味され、即日復帰が認められるが、家族と過ごす時間が必要と明日からの休暇を得るが、今日だけは手伝うとERに現れ、みんなはクロアチアから随分早く戻ったな、と憶測が渦巻いてます。サムなど「離婚なのかも」と親身に声をかけてますよ。それなのにアビーからの告白は「依存症でリハビリ施設にいました。クロアチアへは明日から行きます」。咄嗟にサムは「仕事中にも飲んでたの?」とキツイ言葉に変身。チュニーやヘレエは優しく迎えてたけど。アビーの誤診を見聞きしていたらサムのキツイ言葉の理由もわかる。かえってヘレエの優しさのほうが私にはわからない(笑)。
ところで、アビーの去就を決める会議にクローザーのテイラー警視いましたね。やっぱりカウンティの人だったんだ(笑)。よその病院(ロス・笑)からプラットをスカウトに来たのだと思っていたけどようやく納得。プラットはER部長ではなく、仕事の改善策をまとめあげるような部門に取り組むことにしたのですね。

死んだ夫が話しかけてきて眠れないおばあちゃんは、精神科を待っている間に静かに息を引き取る。ゲイツは何かを見落としたと考え込むが、話し相手になってくれていた牧師のジュリアは静かに逝けて幸せよ、と。病院としては見落としを疑って当然だけど、魂の平穏を考えればジュリアのいうとおり苦しまなかった(と思われる)おばあちゃんは幸せだったのかも。でもだからといってゲイツにお咎めなしとはいかないのが医療の現場。フランクは喜びすぎだけど。

DV受けてる女性を担ぎこんだ男性、彼女が目覚める前に帰りたがっているから、てっきり本当は加害者なのだと思ってしまった。以前に火傷の痕を見られて叫びだされたということがあったから知られたくなかったからなのですね。それでも彼女を助けたかったという純粋な心の持ち主でした。その気持ちは彼女にも伝わったらしく、お礼を言える人でした(アルコールが抜けてきたからかも)。こんなまっすぐな気持ちの彼が気にかける人だもの、根は悪くないのだろうな。

最悪な中にある一点の灯り、そういうものを感じるエピソードだったような気がします。タイトルから無理矢理そう思ってる?(笑)

最大の疑問、整形って暇なの?

拍手

ER14 #11(301)「決意も新たに」 Status Quo

頭に怪我したカルロス君のお母さんとして、 ジェニー登場。
一時意識を失ったとのことで頭部CTを撮ると打ったのとは別の病巣が発見され、HIVが発症したかもしれないことに動揺を隠せないジェニー。必要なことだけを伝えようとするジェニーに対し、別れた夫は「君が電話で何を話しているかカルロスはわかっている」と正直であることを促す。すべては脳の細胞検査の結果次第、家族の祈りが通じることを願うばかり。
夫とは別れ、病気に対する偏見と発病の恐怖を自らも抱えながら、クリニックで若い患者の相談に乗る、そんな日々がうかがえるような年の重ね方に見えた。…そうか、もうジェニーがここにいたことを知るドクターはいないのか。
しかし…医療関係者が患者側にいるとやりにくそうだ。でもジョーの時のアビーほど鬱陶しく思わなかったのは何故?(笑)

足首を痛めた女性を連れてきた軍人カップルの件は、スタッフの気配り足りないよ~。別々の駐留地だって言ってるんだからまず女性に確認とらないと。ゲイツの「守ってあげろ」が彼氏の心を動かしたというのは意外かも。いや、彼氏の心はゲイツに言われるまでもなく決まっていたのだ。「中絶はしない、妊娠していれば駐留しなくていいから」という彼女の手を握る彼を信じたい。不利なことを言うヤツを守ってやらないようなところには戻りたくないだろうが、彼氏は戻るんだよね。

ヘレエは去った人とも連絡を取っているのですね。その設定、なんとなくわかるような気がする。でもそしたら何故ジェニーとは?という気もする。近くにいるからあえて、ということなのかも。
プラットはER部長になれないのなら、自分を必要としてくれるところに行く、と宣言。最後の電話はスカウトの人によい返事をしたということですよね。彼もこの病院を去ってしまうのか…(ちょっと私、白々しいですね・笑)。

今回、脳内に別ストーリーができあがりそうなくらい、他ドラマでの役が錯綜。
プラットをスカウトしてたのは、「クローザー」のテイラー警視。プラットと交際しているベティーナは「クローザー」のダニエルズ。もうプラットはロスに行くしかないような気がしてくる。ついでにゾンビと闘えばいいのに(笑)。
ジェニーの元夫は「PB」では殺し屋で、マホーンに復讐されるのですが、マホーンの人とスカイは「Invasion」で夫婦だったんだよなあ。
ジェニーはウィーバーを頼っていたけれど、もう一人前の夫は「サード・ウォッチ」では、「ER」でウィーバーのパートナーだった人に捨てられて心が壊れてしまったのになあ…等余計なことばかり浮かんできて困りました。←いろんなもの見すぎだ。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]