忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「ER」の記事一覧

ER14 #10(300)「300人の患者」 300 Patients

秋スタートだと、クリスマスエピソードが暑苦しくないのがいいですね。
モリスの患者数300人に対する情熱、切羽詰った状況でのフランクへの仕打ちは見事としか言いようがない。ゲイツが後ろで口あんぐりしているのもよし、だ。

自動車事故で運ばれてきた女性の家庭の話もクリスマスならでは。
夫婦共に遅い結婚で授かった命はダウン症の息子。相談の末、息子を施設に預けるが妻は夫に内緒で毎週木曜日に施設に会いに行っていたようだ。いつからなのかは不明だけど、一緒に住みたいと思ったのは、肺の手術をして人生の淵を見た頃なのかもしれない。一緒に暮らすため迎えに行った際の事故というのはなんとも皮肉だけど、最後の最後に本来あるべき形になれたのにはしんみり。夫、息子が生まれてからもう少し一緒にいる時間があったら絶対手離さなかったと思う。

人の親切に臨戦態勢でしか応えられないアビーは困ったさん。牧師様のお言葉にも反発心丸出し。でも、さすがに手離してはいけないのが誰なのかはわかってはいるようで、牧師様の言葉どおり、ルカに助けを求める。お父さんの死に向かう今というのは悪いタイミングですが、こういうのは思い立った時でないと挫けるだけなのだろうから、それを含めて受け止めてくれるのがルカなのだ、と信じることにしましょう。
でも…アビーが「私が悪いの」と言えば言うほど、居なかった、連絡をくれなかったルカを責めているように聞こえてしまう。私の耳のせい?(笑)

このクリスマスエピソードで一番好きだったシーンを発表いたします(笑)。それは…ラクダに噛まれてぐったりドゥベンコ♪王冠かぶってるとか扮装のせいかな。声の出演のところのストップモーションにも使われてましたね。

拍手

PR

ER14 #9(299)「不法滞在」 Skye's the Limit

工場で機械に腕を巻き込まれた男性が運ばれてきた話。
切断しないと命が危険にさらされる可能性が、と言われても家族(息子)は拒否。父親の危機を、事故の原因は清掃係の女性のせいだ!と憎むことにすり替えて暴れる。この緊急時にセカンドオピニオンなどと言い出し、変わらぬ診断を下したアンスポーの言葉を聞き息子はダッシュ。どこで暴れるかと思ったら、清掃係の女性宅へ押しかけ、法科に通う自慢の息子の頭をバットで強打。治療の甲斐なく彼は死亡。大怪我父さんの息子は連行される。ここで救いだったのは大ケガしたお父さんが、人として正しい心を持っていたこと。彼女は法を犯しているが命の恩人である、と素直に認められる人。息子は目の前の大ケガで心の余裕が持てなかったのだ、と弁護士は言うと思う。
不法滞在者が子どもを学校に入れられるというのはいつ聞いても不思議な気がする。全て承知で仕事を与え、教育を与え、何か特別なことがあった時だけ「不法滞在者!」。よりよい暮らしを求めて来たのに、神経は磨り減ってしまう。

前回慌てて息子のもとへと出発したモレッティ、このままER部長を続けるのは不可能らしい。次の人が正式に決まるまで、新人のスカイさんが部長職を任される。アンスポー、プラットの「私がやります」を聞いてるくせに意地悪だよね。本当に2年後に予定しているからか?(笑)
スカイさん、そう悪い人でもないみたいでプラットの気持ちを酌んで協力をお願いしたりしてます。しかし、上司らしくすれば威張っていると言われ、一歩引けば能無しと言われ、対処に苦戦中。とりあえずドーナツで心をつなぎとめようとしております。フランク、食いつくの早すぎだ。
彼女は、一つのところに長居するタイプではないようなので、次こそプラットか。

ゲイツは顔面裂傷の子どもの扱いは見事だったけど(こっそり麻酔作戦)、サラには操られている。「勝手をさせてくれるのは祖父母ではなくゲイツ」と目論んでいるような気がしてならない。ゲイツを応援するのか?私が。

そして絶対に応援できない人、アビー。とうとう自分が酒に逃げていることに理由をつけちゃいましたよ。キッチンの空のビール瓶を指して「よくも私の前でっ」って。あんた、ルカが戻ってくる前から飲んでますから!ニーラの家で隠れて飲んでからの言葉だけになおさらムキーッ!ニコちゃん、ガンバレ。

最近、ERとホワイトハウスを続けてみることが多い。アンスポーの人がホワイトハウスにも出ていて不思議な感じ。両方とも「黒幕さん」という感じだし(笑)。

拍手

ER14 #8「もう戻れない」 Coming Home

梯子から落ちた少年をとりあえずアビーが担当するけど、彼女に患者を任せたくない(笑)。車椅子のお父さんの「あんた、集中してない」は、外部からみれば一目瞭然ってことだと思う。依存症は病気である、まわりのフォローが欠かせないとは思っても、子どもの寝顔を見ながらコーラの缶に入れ替えた酒を飲む神経はわからん。大切なもののために頑張ってる人だっていると思うと、絶対手を出してはいけないものに手を出しながら大切な人を見ているという図式がキライ。ツライ時期にルカがいなかったことがかなりの負担だったのはわかるが、産科の先生の立場は?
モレッティとのことなんて口にするのもイヤ(笑)。最近、ゲイツに一目置くし、アビーとは酔った勢いとはいえああだし、ER内苦手キャラがグループとしてまとまっていくことに頭を抱えてましたよ(笑)。
ルカが戻り(痩せてませんでした?やつれた?)、アビーの変化に気付かないわけはないと思うので…揉めますね(笑)。モレッティがどうのこうのというのは予告からするとなくなりそうなので問題はアルコールだな。
そういえば、何故ルカは弟(ニコちゃん♪)連れてきたの?「アメリカに来たことないから」って、お父さんが深刻な状態の今?一応落ち着いて退院したからいいのか?(←私も白々しい。予告見ちゃったくせに・笑)

数話前の感想と混ざります。
今シーズンは二人の天才児が登場してますが、IQは高くても人としての経験値が必要とされることにはどうなのだろう?と疑問。年齢重ねてればいいって問題でもないですが。命の長さを自分で決めてしまったジョシュア君の言い分を受け止めてしまったゲイツがわからんです。ジョシュア君のための苦労は苦労ではないというママの心を無視してもいいのだろうか。してあげたかったことができなかった、とママは苦しむよ。でもママの気持ちを考えて耐えろ、とは言えない。最期の時を決めたのはジョシュアだ、ってゲイツの態度の変化を見ればママだってわかっただろうな…。

もう一人の天才君、19歳で外科インターンのハロルド。彼もお勉強はできるのだろうが、医者は人との関わりだって重要。ERなんて特に生活や仕事の環境を知らないとお互い納得のいく治療はできないのではないか、と。それを言えばニーラだって空気読めない治療を続けていたし、アビーは今だってそうなので、ティーチングホスピタルならではともいえるのか?しかし今回ハロルドを見直した。梯子から落ちた少年の急変への対処はお見事だけど後で怒られるかも~♪と思うが、ずっと気にかけて、プロムの衣装を着ても「容態を見てから♪」って処置室へ行くんですよ。これが命を救うことになったし、手術になったらなったで終わるまで付き添う。覚悟とか義務じゃなくて、お父さんに付き添ってるんですよ。「骨が動脈を傷つけて大出血、身体中の血が~」ニーラだったらここでストップ(笑)。でもハロルドは「ラスゴートラ先生なら大丈夫です」と言えて、お父さんの手をそっと握るんですよ。へんてこりんな子だけど人としての温か味を感じた。勝手だな、私(笑)。

メグの娘サラが祖父母の家では飽き足りず冒険をした結果、ゲイツに助けを求め、おばあちゃんはサラの養育に限界を感じ、サラとゲイツが一緒に暮らすことに。本当の親と死別してしまうと、子どもがどこで暮らすのかをそんなに簡単に移せるのか?と「愛しき者はすべて去りゆく」でのライオネルの痛みが甦る。
ところで、サラのおばあちゃん、「SFU」のルースでしたね。

ぐだぐだ書いてしまったので、最後はモリスのファインプレーを。
チーズ祭りで誰が優勝したのかもめてる彼らに「区別がつかないから二人とも優勝!チーズを半分にして!」と裁定。それを聞いた一人が「じゃあ俺はいい。神聖なチーズを切るなんてできない」と。これこそがモリスの待っていた言葉(多分思いつき・笑)、チーズのために自分は辞退する彼こそが本当の勝者だ、と。大岡裁きですな(笑)。

拍手

ER14 #4「重大問題」 Gravity

息子を助けてもらった御礼に、スタッフにご奉仕したい御婦人が登場。
サムもアビーも彼女が誰か思い出せないようだったが、この設定は全てラストのブギーマン・モリスのためだったと思われる(笑)。
夜な夜な現れる緑色のブギーマンに怯え、授業中に居眠りしてしまう少年を助けようと、モリスは緑のチョコレート(m&m'sか?)を偽薬として処方。
m&m'sだと表面のmの刻印でチョコレートだとばれるのでは?と心配したが、そこはmで始まる薬名を語り無難にクリア(少年、気にしてなかったけど)。
しかし、勤務明けデートに備えてエステのご奉仕を受けている最中に急患がやって来て、パックも落とさず処置にあたる。
隣のベッドには件に少年が…案の定、絶叫して3ヶ月分の薬を貪り食うという(笑)。
家では眠れないから休ませてあげたことがあだになったようだ。
仕事熱心さとモリスっぽさがブレンドされた素敵なシーンでした。

それに引き換えアビーは。
息子ジョーが公園で頭に怪我をしたとの連絡を受けると、みんなにぶつかりながら、声をかけられても出入り口に突進。
どうして「ジョーが怪我してやって来るの!」と言えないのかなあ。
診察でも「治療の邪魔ですから下がっていてください」と言われる親そのまま。
医師であるから何をしているのかわかる分、質が悪いとも言える。
検査でも「麻酔はだめ」と譲らないし。
それでもスタッフのみなさん、彼女に親切だよね。
ジョーがなんともなかったのはよかったけれど、ルカと連絡つかないアビーは車を運転中にまたもやルカに電話。
動揺収まらない上に運転中の電話では何が起こるか想像つく。
これが取り乱しまくってジョーの心配をした親なのかと思うと、優しくしてくれたスタッフに密告してやりたくなる。
さらには、ジョーの怪我の前に見た患者の6cmはある腎臓の腫瘍(?)を見つけられてません。インターンまでもが「これを見逃す?」という大きさらしい。
早く家族みんなで暮らせるといいですね(笑)。

股関節が磨り減って歩くのも苦痛な元フットボール選手。
しかし人工関節にする資金もなく、痛み止めで誤魔化し無料手術の順番を待つ日々。
有名選手だったのに保険も年金もなく、手術が受けられないとは意外。
今59歳とのこと、スポーツエージェントが登場して年棒が高騰する前の時代だったのかも。

その他
ニーラの復帰早なあ、そうか設定では1週間より経っているのだな、と自分を納得させたのに、ラストでモレッティが1週間の出張から戻ってきたなんて(笑)。結局、ニーラは回復が早いんだ!
レイのことで、ケイティの怒りは筋違いだけど、ああいう態度をとりたくなる気持ちはわかる。レイをああしたのはニーラですからね。
ゲイツはジョシュア君のために野球観戦をプレゼント。そんなコネが?と思わないでもないが、ジョシュア君が喜べばそれでよし。しかしママと…ってのはねえ。
新人受付係は、チュニーたちとネイルやお肌、噂話で盛り上がっている。ちなみに男性。プラットの弟がフリーなのかどうかが気になる様子。

拍手

ER14 #3「市民警官」 Officer Down

モレッティ、何でいないんでしたっけ?(笑)
彼がいないとスムーズに見えるのは気のせいかしら?
ニーラが居候しているアビーのところも、ルカのパパが化学療法を受けるとかで半年は戻ってこられないらしい。
妻子を呼び寄せればいいのに(笑)。

市民警官とは、自警団よりも公的なものということでしょうか。
でも銃も防弾ベストもなし。仕事の種類が違うと信じたいが、二人が負傷、内一人死亡では差はなしか。
#1でのゲイツのとったような嫌なシーンが繰り返されるところだったが、サムのお友だちの警察官のおかげでストップ。
彼が仲間の行過ぎた行動も身を挺して止めることができる正しいおまわりさんでよかった。

治療中、モリスの様子がずっとへん。患者が来る前に従兄弟からの電話を受けてから変だった。
家族に何かがあったのだと推測はできたが、パパが死んでしまったとは。
それでも帰ろうとせず仕事を続けたのは、最後の最後でアビーに語った確執のせいだったのか。
モリスの家庭環境の記憶がないのですが、「お前に医者は無理」は、優秀一家の落ちこぼれのせいなのか、中流家庭で何を夢見てる?という意味なのか、どうなのでしょうね。
専門医になって見返してやるつもりだったのにもうできない!というのは、パパに認めてもらいたかった心の裏返しか。
そんな不安定な気持ちでERでの診察なんて危険だけど、「言ってくれればカバーしてあげたのに」というアビーの言葉はムカつく。
「~カバーしたのに」でいいじゃない。日本語スタッフもアビーという人をわかっての訳だろうか(笑)。
アビーついでに言うと、インターンのクレイディーが「(アビーのそばだと)緊張する」とおどおどして、気付いたことも満足に言えないのを見て「わかるよ、その気持ち。妙な威圧感あるものね(=偉そう)」と好感持ってたのに、「デートして下さい!」だと?好みのタイプだからドキドキしちゃってただけなの?…すっごく裏切られた気分。
脱線しましたが、モリスですね。
彼にそんなエピソード望んでないんだけど…でも、あのモリスだから効いてくるのだともいえますね。

難病のジョシュア君が治験に参加できることになったり(あんまり乗り気でなかったのは気になりますね。「ママは医学部志望」は、病気のことを熱心に調べてるのをちょっぴり皮肉ったのかな?)、摂食障害の高校生男子のエピソードなどもありましたが、本日最も衝撃だったのはドゥベンコの私服姿。
あ、あんなカジュアル?しかもカバンをタスキがけ?ヨガをやっているというのは彼らしいと納得できるが、あのカジュアルさは意外。
きっと自転車で通勤しているのだろう。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]