忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「Super!dramaTV」の記事一覧

キリング #20「終焉」(最終回)

え、捻らないの?(笑)
ここまでひっきりなしに容疑者を引っ張り出してきていたから、もう一回あると思ったのに。
一度容疑が晴れた人の中からの再登場だからもう捻り済みってことかしら?
学校関係者に知り合いがいるとか、先生犯人説へ誘導したりと、今思うとうなずけるものもありますね。

タイスを連れ出してのヴァウンの罵りや告白は、殺してもらうためでしょ?
結局、偶然にタクシーにナナを載せたレオンがナナの駆け落ちをタイスに知らせようとしたけれど、先に聞きつけたヴァウンが引き留めようとしたら生意気な口をきいたから…なわけですね。
議員アパートが血で汚れるほど殴って、タイスの引っ越し先の地下室で監禁してさらに暴行、
ここで殺しちゃったのではなく、林に連れて行って逃がしたって何ですか?
逃げられたのですか?狩りですか?
酷いことはできても殺せないから車ごと沈めたってわかりません。
ただ、タイスの新居の改装に積極的だった理由は納得できました。
ナナを殺したのも、タイスに自分を殺させたのも、タイスへの忠誠心という筋の通った男だったのでしょうか。
でもそうなると、メッテ事件は?となりますが。
とにかく、ペニレは子どもたちとワンコを大切にしてタイスを待って欲しいと思います。
ただ、ワンコをくれたのがアイツだと思うとやり切れない気もします。
ワンコに罪はないのは承知でも、精神的にはキツイです。

マイヤが撃たれる間際に驚いた顔をしたのはわかりましたよ。
レオンじゃなくて、お前か!ってことだったのでしょう。
それなのに、最期の言葉が「サラエボ 48」って!「ヴァウン」って言おうよ!
チームを指揮できると思ったら前任者がなかなかどいてくれず、折り合い付けて協力できるようになったら殺されてしまった、気の毒な人でしたが、これはちょっと…(笑)。

停職中なのに、タイスの新居を同僚使って破壊、拘束されても銃を横取りして仲間から車を乗っ取り、ルンドは最後まで自分の考えを押し通す、24時間闘い続ける彼のような人でした。
そう考えると、あの副局長はできた人ですね、というか同情します。
ルンドを拘束しても、検事局と対立しても捜査を続ける必要性はわかってくれたわけですから。
市庁舎との関連や同僚の監視、過去の事件との関連性はなかった、この条件を彼女は呑むのでしょうかね。
強情だからなあ…(笑)。

そして、市長選。
現職は卒中のせいで退陣を余儀なくされ、選挙はハートマン有利みたい。
しかしこのハートマン、自分のところのスタッフにもぶれまくり。
恋人でもあるリーと仲直りしたと思ったら、やっぱり解雇。
殺人事件の情報を隠したり、自分を疑った人とは一緒にやっていけないということらしいです。
病床の市長の告白に間違いだったと気付いてももう遅い。
残ったのは、それこそアパートの惨状と自殺未遂から自分を犯人と疑った盟友ウェーバー。
ウェーバー、これまでのおどおどしたところが消え去り、ハートマンを操ってるようでしたね。
ナナとハートマンが一緒に写っている写真を市長側から入手できたり、現職市長陣営とつながっていたのは彼だったのかも…と意外な策士ぶりを拝ませていただきました。
一度クビにされて荒れていたのは、ハートマンをつかって市政を握る野望を絶たれたからだったのでしょうかね。
結局、ハートマンもウェーバーはクビにしないのですから、するつもりだった警察への情報提供も口をつぐむことになるのでしょう。
警察も内部のごたごたを収めるのに必死なので聞く気もなさそうだし。
ぶれぶれ市長の誕生にコペンハーゲンの未来はあるのか?(笑)

ちょっと消化不良な気がしないでもないですが、毎回のようにクリフハンガーでしめるほとんどCMなしの60分×20回、楽しませていただきました。

拍手

PR

キリング #19「最期の言葉」

コペンハーゲンには「ルンド病」が流行の兆しを見せているようです。
人の話を聞かず、自分の言いたいことだけで会話してるつもりになってます。
罹患しているのはルンドとトロールスですけど。
ペニレは治ったようですね。
検事局の男二人に聴取されてるルンドがおかしかったです。
検事局Aがマイヤが撃たれた状況を質問すると、ルンドは検事局Bに病室でのマイヤのことを質問。
Bが答えてあげるとAがすかさず次の質問を、でもルンドはまた無視。
本当はマイヤを撃ったのがルンドで隠したいからというだんまりではないのがすごい。
自分のお母さんや婚約者に対してもそうであるという、彼女の一貫性は見事。
婚約者にウソの診断書書かせて、彼のキャリアはどうするつもりなのでしょうか。
検事局も、レオンが離れたガソリンスタンドにいたとかの調べは早いのに、ルンドの硝煙反応は調べないの?言っちゃいけないことかしら(笑)。

奥さんが聞いたというマイヤの最期の言葉、「サラ…48…」の意味がラストで明らかに!
ルンドの「つながったぜ!」という表情が怖いですよ、何やらかすかって(笑)。
でもまだ油断はなりませんよ。
だって、彼が犯人だとすると撃たれる前のマイヤの表情の意味するところがわかりませんから。
彼だったらあんなに驚いた表情するかしら?
あ、でもレオンだと思ってたのに違ってたからかもしれませんね。
いやいや、それだったら「サラエボ 48」とか謎めいたこと言わずにそのものズバリの名前言うでしょ。
覆面してたのかしら?
それなら驚かないだろうし…と推理は堂々巡りです(笑)。

しかし、二転三転、四転五転、とめまぐるしいですね。
ナナ事件に限れば、一旦外れると戻ったりしないので(学校関係者とか)安心と言うか不安と言うか…。
なので再度容疑者になったアイツはこのまま真犯人で正解なのかも(笑)。
ペニレ(もしかしたらタイス?)を悲しませるようなことをするナナを許せず、昔の血が騒いでしまったということなのでしょうか?

トロールス陣営も大混迷ですね。
こっちから耳打ちされればそれが気になり、あっちから耳打ちされればまたそちらが、というトロールスさんは市長にならない方がみんなのためのような気がします。
こんなにふらふらした人に市政を任せられるでしょうか?(笑)
私が対立候補ならその点を討論会に持ち出すぞ。
ここの陣営の内通者もはっきりさせてもらえることを祈りますよ。

拍手

キリング ~#18「倉庫」

高校生ナナを拷問し続けた挙句に殺したのは誰?というデンマークのドラマ。
全20話ということで佳境に入ってまいりました。
オリジナルを先に見たかったのでリメイク版は見ておりません。
噂によるとリメイクは途中までで犯人わからないらしいので見てもよかったかしら?

#18で、ナナがいなくなった日のヴァウンの行動を告げ口したレオンに惑わされたり、警察がそのヴァウンを連行したりで関係がぎくしゃくしてしまったことについて
「警察はひっきりなしに容疑者をつかまえて~」とタイスが言ってましたよね。
本当にそういうドラマ。
元彼、国語教師、市長候補、離婚歴アリの党代表、ヴァウン…
捕まえては解放しの繰り返しで、ドラマとしては可能性のないところをつぶして新展開で面白いのですが、警察、ヒドイ…(容疑者たちの口の堅さも罪ですが・笑)。
タイスにぼこ殴りにされた教師の「ずっと貸していた本を家にまで返しに来た」というのを聞いて、ナナはどこかに行くつもりだったのだと思わないですかね?
駆け落ち相手が出てくるまでひとつも疑わなかったなんてお粗末ですわ。
政界絡みの圧力をかけてくる上司と対決しながらの捜査なのでたいへんなのもわかりますが。
それにしてもルンドは人の話を聞かないし、話さないですよね。
だからマイヤも困っちゃいます。
そう、マイヤですよ。
手術は成功したと言っておきながらいきなり死んだって…。
彼も自分のチームが持てると思ってやってきたら、前のチームリーダー・ルンドがいつまでも居座るし、おまけに意思を疎通させようという気が見られず、苦労してようやく二人のペースを見つけかけたらこんなことに。
マイヤ、ぶっきらぼうな男だと思ったけれど、異動があると胃を悪くするという奥さんの言葉や、いったんは解決したところに迎えに来た家族に見せた気遣いからかなり印象変わりましたよ。
「とにかく帰りたい」というマイヤにあからさまにがっかりして見せる子どもたち(笑)。
それを見て即「じゃあ外食にするか!」じゃなくて
「家に何がある?それはだめだな、じゃあ食べていくか!」って子どもたちを喜ばせていく姿は感動ものでしたよ。
しかし直後「今から水路を見に行きたい」とルンドが地獄の発言で台無しですよ。
ルンドの家庭があんな風なのがよくわかるというものです。

あと2話。
真犯人は、警察が追っているタクシー運転手レオンで決まりだな!と思ったのですが…
何故泣きながら「殺してない」と警察に電話してくる?
それにマイヤは撃たれる時に「お、お前?」というように驚いた顔してましたよね。
レオンだとそんな顔しないと思うので少なくともマイヤ銃撃犯はレオンではないなと思いますけど。
「私が犯人でした」と知らない人がいきなり出てくるなんてことはないと信じたいですが(もしそうだったらちゃぶ台ひっくり返します!)、では今まで見てきた人たちがどこに屈折した想いを抱えていたのかと考えると恐ろしいですわ。
弟君が新居で見つけた血みどろのナナのパスポートなんて、もうどうとらえていいやらわかりませんよ!

ナナを殺した犯人、ハートマン陣営に潜んだスパイ、リーの本性とか、本当にあと2話ですべてすっきりさせてくれるのでしょうね?
ルンドの私生活までは無理でしょうけれど(笑)。

拍手

イベント(終)

ソフィアのウィルス拡散作戦は失敗、しかし彼らの母星はやってきた,
そして…でお終い。
最後に来て「我々の方が前からこの星にいた」とかサイモンが思わせぶりなことを言いだし、
ショーンがデンプシーに授けられた巻物にそのへんのことが書いてあるらしいがそれも不明。
最大の謎、「イベントとは?」がまったく解明されずに終わってしましましたよ。
作り手の意志とは別に終了しなければならない寂しさですね。
ゼルさん(スターリングCIA長官)がいなかったら確かに見なかっただろうな。
副大統領に長官職をクビにされても国のピンチに立ち向かう姿はかっこよかったです。
頭脳明晰な役はぴったりですね♪
それだけでなく拷問にあったり、ソフィアの同胞に命を救われたことに心を動かされたり、
はたまた昔の結婚エピソードなども盛り込まれ、
宣伝写真のバージョンによって写ってたり写ってなかったりの微妙なポジションのわりには見せ場が多かったような気がしますよ。
お父さんとよそよそしかった理由とか、S2もあったら見られたのかしら?
なのでドラマ自体には消化不良ですが、
ゼルさんファンとしてはまずまずといったところでしょうか。
さあ、次にゼルさんに会えるのはどんなドラマかな?

拍手

混乱、L&O(笑)

L&O本家を途中から日本語吹き替え版に変更しました。
捜査部分はともかく、裁判シーンは畳み掛けるようなセリフが多いので私には吹き替えの方がわかりやすいです。

昨日はL&Oの2本立てとなりました。


L&O:LA #6「パサデナ」 Pasadena
下院議員の地位や名誉を守るために、親友がとりあえず父親のふりしてたってことですよね。
奥さんには不倫の末に妊娠させたと信じさせて。
議員は、妻の癌再発に孤独感を覚えて他所の女に手を出して妊娠させ、一度は堕胎を進めたものの、「私は妻に先立たれてしまうのだ」という想いが手伝って、生まれてくる子どもと家族契約を結んだ、と。
それに怒った議員の妻が浮気相手を車で撥ねさせた、と。
しかも被害者の別れた夫に!
妻の仕業だと悟った議員は、証拠の車を処分し、裁判で有罪となっても「妻を愛している」と。
ちょっと心理的にはわからないことだらけでした。
しかしモラレスさんには議員の心情が理解できるようでした。

途中でキャストが変わったと思ったら、また戻ってきたりと不思議なことになっているという噂を聞き、楽しみにしていたのですが日本独自の放送順となっているようで、この楽しみは感じられそうもない(笑)。



L&O15 #12「強欲」 MAMMON
殺された金持ちの嫁を見て、彼女が犯人だと確信しました。
だって、「レスキュー・ミー」のジャネットだもの(笑)。
彼女はこういう悪い女がぴったりですね。
おまけに実行犯は同じく「レスキュー~」のフランコ。
二人は不倫の関係だけど、金持ち生活から抜け出す気はないジャネットがフランコに夫を殺させたようですが
ジャネットは刑期短縮のために「彼が勝手にやったこと」と証言しようとしていたためにフランコに殺されてしまいましたとさ。
このフランコの恋人が「コールドケース」のミラー。
かわいいワンコを連れていました(笑)。

防犯装置の一番上にフランコの指紋がそのままというのはびっくりですよ。
素手のうえに拭かないの?
あそこはウィーンなの?(笑)
CSIが全米視聴率ナンバーワンなんていうのはウソなの?(笑)



で、タイトルの「混乱、L&O」です。
先に見たLAで孤独になりたくない議員を演じた人が、
直後に見た本家ではフランコの弁護士でした。
ため込んでいる本家と正規放送のLAに同じ俳優が出ているという偶然がちょっとショック。
この俳優さん、本家ではスター弁護士役で数話出演しているようですね。
あの事件をきっかけに議員の職を辞した彼が新しい生活を始めたというサイドストーリーが浮かんできて困りました(時系列的には逆だけれど、私の見た順番ですから)。
おまけにジャネット、フランコ、ミラーですよ。
何のドラマを見ているのか、完全に見失ったというお話でした(笑)。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]