忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「Super!dramaTV」の記事一覧

イベント #14「返信」 A Message Back & #15「対決」 Face Off

#14「返信」
大統領生意気(笑)。
せっかくスターリングさんが一息入れさせるために「お話でも…」とやってきて差し上げたのに「進展があるまで来るな」とは何事ですか。
この人、決断力と独断をはき違えてるよね。
まだ口元の痣も痛々しいスターリングさんによくもあんなことが言えますよね(笑)。

トーマスが故郷へ送ったメッセージの返信がきました。
内容は「もう1年以内に住めなくなる」という移民を急がせる絶望的なもの。
帰還派だったソフィアもこれではどうすることもできないので、発端は違うながらも仲間のためにトーマスに同調するしかないようですね。
今は故郷の仲間を救うことで一致するでしょうが、
侵略派と共存派でまた揉めるであろうこと必至。

ショーンはビッキーという逞しい仲間を得て、
黒幕富豪デンプシーの悪事を暴くのに協力するよう副大統領を脅迫。
デンプシーはデンプシーで、お付きの女性に次の子どもをご注進。
誘拐しているのはやはり特別な子のようですね。
で、エキスって!不老のクスリとして欲しいだけなの?
なんか小さい気がする(笑)。


#15「対決」
イノストランカで会ったトーマスが、リー係官の血液を検査した病院で検査技師のふりをしていた人であることをスターリングさんが思い出しました。
さすが、スターリングさんだ。
もうお口のまわりの痣がほとんどわからないことなんて気にしないぞ!
大統領とリー係官が、スターリングさんを挟んで会話しているのを、
くるっくるっと頭回して聞いてる姿が今回のツボでしたでしょうか。

というわけで、リー係官とソフィアのやりとりの傍受に成功して、
「私たちを無事に出さないと何するかわからないわよ!」がはったりであったことを知り、
大統領は彼らのバスへ襲撃を許可しましたよ。
はったりであるならスターリングさんが言うように拘束するのが筋じゃないんですかね?
悪夢が影響してたり、ウソばかりつかれてキーッとしている感じなのですかね。
そんな人が自国のトップなんて、嫌だな。

で、ここでドラマがありました。
トーマスはやっぱりお母さんに頭が上がらないようでした。
というか、リーダーであるために頑張ってきたのは確かでも、
どこかで理想とは違っていたことをわかっていたようですね。
今、仲間に必要なリーダーは母であるソフィアと認めたうえで、
「真のリーダーには犠牲も」などとかっこいいセリフをソフィアに遺しました。
あの女がトーマスを焚き付けていたにすぎないわけだな(笑)。

拍手

PR

イベント #13「変容」 Turnabout

大統領、いっぱいいっぱいなんだな。
補佐官や軍のトップから「いざという時の決断ができない人」と意見されるという夢を見て、後の現実の会議ではかなり強気。
補佐官は不思議そうな顔してましたけれど、大統領をそんなふうにしてしまったのはあなたですから。夢でだけど(笑)。
でも補佐官の表情からするとあの夢もそうそう間違ってはいないようだ。
言い換えると大統領も自分の分析がしっかりできていうということか。

いつも冒頭に出る断り書きがかなり身に沁みました。
メルトダウン、半径〇キロ以内、作物動物は…等々、きっと3月以前なら聞き流していたことでしょう。
「チェルノブイリの事故もトーマスのせい」と聞かされてようやく切り離せるかな?といった感じ。
アメリカが困るようなことにはならないはずなのでこれ以上のことはないと思うことにします。

というわけで、トーマスは同胞の来訪に核エネルギーが必要だと奪い取り、
そのために母親ソフィアの行動さえも操り、用が済んだら抹殺命令、
ソフィアもトーマスを止めるには殺すしかないと決断し、お家内騒動はヒートアップです。

前回ひどい目に遭ったスターリングさんは無理矢理退院し、杖をつきながら復帰。
「身体をはって私をかばってくれた女性は、好意をもっていたからではなくソフィア派の“トーマスを止めて”というメッセージと思われます」とソフィアの情報は信じられるという根拠を語る姿が見せ場だったでしょうか。

そうそう、大統領はソフィアとの電話でそれまで「イーリアスだ」と言っていたのに途中から「マルティネス」と名乗ってましたよね。
情報を信じたのにトーマスに待ち伏せされて核燃料を奪われたことで「もう友だちじゃない!」との不信感の表れでしょうが、夢の影響が大きい気がする。
夢で大統領席にいたのはソフィアだものね。

拍手

イベント #12「イノストランカ」 Inostranka

結婚エピソード以来のスターリングさん主役の回でした(笑)。
イノストランカでマヤを尋問中に、トーマスがスターリングさんを襲わせます。
「我々の仲間にしたことが許せない」からだそうです。
監視カメラで奴らが来るとわかり、ベル伍長に「銃を貸せ!」とか、椅子を振り回してガラスを割るなど、とても見た目では想像できないパワーを発揮。
背中を撃たれても応戦する逞しさですよ。
トーマス一団を逃亡させないためにセキュリティコードを変更し、
収監施設に閉じこもるわけですがそうなると捕まっちゃいます。
ということは…そう拷問されるに決まってます。
背中の傷口に手を突っ込まれ絶叫!
それでも口を割らないスターリングさんはさすがCIA長官であります。
一緒にがんばっていたはずのベル伍長が
「長官の入力するのを見ていたから私もセキュリティ解除できます!」と言った時は
「この裏切り者っ!」と思ったけれど、
痛めつけられているスターリングさんを見るのが耐えられなかったからですね。
私がベルさんの立場だったらやっぱり即白状ですね。
ベル伍長によるセキュリティ解除後もアラスカの雪の中をワイシャツ姿で歩かされたりと拷問は続きました。
奪還した収監者たちと同じ輸送機に乗せられちゃいましたが、
襲撃前の尋問で外で何が起きているのかを察したマヤがスターリングさんをこっそり解放してくれました。
逃げ出すスターリングさんと何が起きたのかわからず見送ってるトーマスがすれ違うシーン、よかったです(笑)。
で、撃たれる。
彼の出番もこれでお終いか…と喜んだ涙を流したのも束の間、
なんとマヤがスターリングさんをかばうように飛び出してきて続きの銃弾を受けてくれました。
トーマスたちは交替の軍が来るのを警戒して出発、
スターリングさんはマヤを抱き起し、
「トーマスは危険だけどソフィア派は違うのよ、信じて」というようなメッセージを託されます。
この騒動で、トーマスのクーデターであることくらい察しのついたスターリングさんはマヤの言葉を信じて官邸に持ち帰ることでしょう。
撃たれた時にはもう出番も終わりか?と思ったのに、最後意外と大丈夫そうでしたね。
ワイシャツしか着てなくて寒いから大量出血に至らなかったとか、理由をつけるとすればそんなところでしょうか。

レイラはパパから「ショーンは一緒には行けない」と申し渡されて、
レイラとショーンは一時的に離れるのだそうです。
で、組織の黒幕さんはショーンとまた会うような気がするらしいです。

余談
前回、アラスカ州知事だと思っていた人は議員さんでした。
夫の死亡で職を引き継いだからやりたい放題というキャラらしいです。
納得いきますね。


それにしても…マヤの役、やりたかったなあ。
ええ、大バカですよ(笑)。

拍手

イベント #11「探し求める人々」 And Then There Were More

スターリングさん、ピンチ!
トーマスが軍隊率いて仲間を解放するためにイノストランカにやってきましたよ!
スターリングさんは、まだ幽閉中の地球外生命の人たちから何かしらの情報を聞き出せるのでは?と再訪問中。
人質になっちゃったりするのだろうか。
いじめられるのを期待しているのではなく、見せ場を待っているのですよ。
ガンバレ、CIA長官!

トーマスが故郷に送ったメッセージは、「大勢の人を受け入れる準備ができたよ」的なものらしい。
仲間を呼び寄せてするのが「多くの犠牲者を出す」ことなのかしら?
そんなこと前回彼女と話してましたよね?
で、ヒマラヤの方に着地点を建設してたの?
その後アラスカに飛ぶなんてたいへんだね、トーマス。

リー係官は浮かばれない。
レイラのパパは許されない愛を貫いて子どもを設けていたらしい。
ソフィアは激昂していたので、リー係官は正解なのかもしれないが、
護送車に体当たりしてレイラのパパを奪還するなど、かなり危ない橋を渡ってますよ。
彼の不審な行動に気付かないCIAの人たちも困ったさんですが。
リー係官の身の上を知った時にスターリングさんが落胆するのでは?と心配でなりません。
あ、でもイノストランカの大ピンチな状況を考えると、落胆してもらった方がいいかもしれません(笑)。

アラスカ州知事夫人だったのに夫の死亡で知事になった人の登場とか、ややこしさも増してきました。
彼女がカバンに忍ばせた「重要書類」ってもう笑うしかないよね(笑)。

拍手

イベント #10「全ては変わる」 Everything Will Change

レイラのパパも、アビー(誘拐・監禁されていたけれど脱走成功した少女)のパパも、ソフィア系の人だったらしい。
「逃げた者を連れ戻す」追っ手の持っていた写真がレイラだったということは、彼女も昔に監禁されていたってことですか?
でも老化してないよ…。
その頃の誘拐は今と違う用途だったのかな?
まったく何もされずに脱走したってこともありますね。
パパは利用されているのに、今更「レイラ捕まえろ」というのもよくわからんですが。
一回誘拐してるし。

レイラのママはどうなのでしょう?
ママもソフィア系でないと、大昔に泣く泣く普通の人と別れたリー係官が浮かばれないよ…。
ソフィア系の人たちは、何歳位まで普通に成長するのでしょうか。
集まってる姿見るとなんとなく年齢差あるけど、
リー係官も、ソフィアも、もう何十年と成長(老化?)してないのでしょ?
それに、彼らの一団、人種はどうなっているのでしょうか。
地球人だってアジア系、アフリカ系等々単一でないから「とある星代表」と思えば問題ない。
が、親子だっていうソフィアとトーマスにはちょっと頷けないものがある。
…そうか、お父さんとソフィアの人種が違うんだな!

とういことで、前回トーマスがママに屈したのは見せかけで、
何やら大それたことを計画中みたい。
その手始めが通信衛星打ち上げだったらしい。
この後「大勢犠牲になる」とかトーマスが言っていたことが始まるのでしょうか。

「誰かがミサイル打ち上げる!」と緊迫しているところで、
大統領が「ブレイク、来い!」みたいにスターリングさんを従えた気になってるのが面白くない(笑)。
スターリングさんには、初めの頃のように、大統領を鼻で笑うくらいの立ち位置であって欲しいですよ。
形勢逆転の日が待ち遠しい。
その日まで私は我慢できるのだろうか…(笑)。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]