忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「WOWOW」の記事一覧

エレメンタリー #2「 あなたが寝てる間に…」 While You Were Speeling

突然知らされた異母兄弟と父親の遺産を分けるなんてとんでもない!と、欲張り双子姉妹の姉さんが、医者を利用して取り分確保に懸命となる、そういう身も蓋もない事件でした。
目撃証言に合致する女性発見→でも昏睡状態→彼女には双子の妹が!→でも二卵性で髪も眼も違う色…と、それか!と思うと否定材料が出てきてひっくり返り、油断ならないエピソードでした。
殺された二人がたまたま遺伝性の目の病気だったことから兄弟だとわかったのも、精子バンクの兄弟かと思ったら、お父様がお盛んな方だったというオチまで。
最後は、ホームズたちのひっかけ小芝居で三人めの相続者をでっちあげ、消しにやって来たところを捕獲と、きれいにまとまりました。
ホームズとワトソンの関係も、友だちにならなくても信頼し合わないと!と少しずつ変化していきそうですね。
最初の期限6週間をすぎる頃、何をきっかけにコンビ継続となるのでしょうか。

特に書くこともなく見ていくつもりでしたが、今回のキーとなった被害者たちの病気「角膜ジストロフィー」に反応してしまいました。
何故なら、亡き愛犬まさくんもこの病気だったのですよ。
左目が濁り出して、10歳で白内障は早いような気がして病院へ行ったらそういう病気だと告げられました。
痛くもないらしいし、片目は健在だったので治療方法を考えているうちに血管肉腫が見つかり、目の病気はそのまま放置してしまいました。
なので、命に係わる血管肉腫は調べたものの、角膜ジストロフィーの方は特に調べたりしませんでした(それどころじゃなかったですから)。
このエピソードで遺伝性の病気ということを知り、少し調べてみたらかかりやすい犬種としてダックスフント、チワワ、ボストンテリアなどと書かれてますが、まさくんは立派な雑種犬なので何の参考にもなりません、捨て子ちゃんだったし。
ただ、まさくんの親犬や、いたのかどうかもわからない兄弟たちも発病したのかな…と少しだけしんみりしてみました。
でも、しんみりするだけではありません。
とりあえずのヒアルロン酸の目薬をする時(代謝がよくなって改善することもあるらしい。そのくらいは聞いた)、けっこうおとなしくされるがままでラクチンだったのも思い出しました。
その後、「ワンコの点眼は後ろから」とうのを聞いてびっくりもしました。
うち、いつも向かい合ってましたから。
ある時など、どうしても眠いらしく起きてくれないので横になって閉じている目をこじ開けて点眼しました。
それでもされるがまま、なんておとなしくてかわいらしくてお利口さんなのでしょう(←かなりバカ)。
そんなことも思い出して、荒んだ心もちょっとにっこりできました。

拍手

PR

新米刑事モース ~オックスフォード事件簿~ #1「華麗なる賭け」 &#2「毒薬と令嬢」。そして「ルイス警部」は…?

「主任警部モース」のモースが刑事としての道を歩み始めた1965年頃のお話。
モース、まだ27話までしか見ていないのですが…でもどんな家庭環境だったのかがわかる「#25 ケルビムとセラフィム」を見られたのはよかったかな、と。

モースが警察を辞めようとするところから話がスタートするとは。
オペラ好き、クロスワード好きと、これまで通りのモースである他、大学を中退した後、軍の暗号兵(?)だったとか、新事実も知ることができました。
これまで通りのモースといえば、事件関係者(女性)への戸別訪問ですが、これも最初っからだったのだとわかってスッキリ!です。
サーズデイ警部補が、見た目の大切さ、まわりとの折り合いをつけることも大切、とモースを導いてくれたのと同時に、ストレンジ巡査までもがモースに助力していた姿にワクワクとホロリが同時にきましたよ。
この時制服警官のストレンジは、周囲との関係を視野に入れて順調に出世していくわけですね。
そしてモースはまわりから助けられながらも、どうしても階級などの捜査や推理とは離れたところが苦手で主任警部、と。
WOWOWは続きを11月に放送してくれるとのことで、たいへんにうれしいです。
同時に、なるべく早くモースを制覇せねば…。

人気シリーズのようなので、これが継続するとなるとやはり「ルイス警部」の立場は…。
まあ、ルイスをいつまでも一線で働かせるのも酷でしょうから仕方ないのかもしれません。
となると、ハサウェイは?
ルイスの退職を機にハサウェイも警察を辞めるような気がします。
そして、flickfreakさんのおっしゃるように、神学の道へ戻ったハサウェイが「修道士ハサウェイ」としてドラマの世界に戻ってくる、これがいいと思います、そうすればルイスが登場したっていいんだし(笑)。
先日、flickfreakさんとお話させていただいたように、ハサウェイの破戒僧ぶりが楽しみでクラクラしますよ。
ああ、実現するといいなあ…。

拍手

私立探偵ヴァルグ 2 #1「愛の誓い」&#2「堕天使」

ノルウェーの人気ドラマ、Varg Veum。
一匹狼の私立探偵ヴァルグが~と紹介してるけど、ハムレと仲良しだよね。
#1のラストとか、やたらと連絡くれたり、きっとヴァルグがこの仕事を始めるに至った過程を知っているからこその関係性では?と睨んでいるのですが。
S2でもそのへんのことはなかったので、放送決定しているS3以降で何か匂わせてくれるかなあと期待しております。


愛の誓い
競馬場強盗と離婚問題が思わぬ形でつながって…
それまでの様子から、あんなにあっさりと出頭するのがわからん。
息子がヴァルグに告白していたのも不自然では?
見えたはずないと思うのだけれど…。
そういえば、一緒に強盗した青年、どうしちゃったのだろうか。

堕天使
メッセージを秘めた連続殺人かと思われた首つり事件、実は最初の娘は本当の自殺で、悲観した父親が娘を追い込んだ4年前の事件当事者への復讐をしていたのでした。
あの…ヴァルグがレベッカの家を撮影した時の写真で、自殺した娘のお父さんだってわかりませんでしたかね…。
あの人じゃないの?と思ってしまった私が歪んでいるのでしょうか。
見せ場は、ヴァルグが学校で犯人を閉じ込めた!と特殊部隊が到着、真犯人(まだそうとは誰も知らないけど)が扉に銃を向けているところですよ。
扉の向こうにいるのは犯人などではないと本人が一番わかっているはずですよね。
被害者の親を装うことで逃れようとしているようには見えず、扉の向こうに犯人がいてくれることを願っているようでしたよ、後で思えば。


で、ヴァルグ、あんたウェンケを5年待つんじゃなかったのかい?
放送の順番が違っているということもなさそうですけど。
人間、いろいろあるさってことですか。
弁護士のお姉さんも、このままヴァルグと付き合っているようなそうでないような、そんな感じで登場し続けると思っていたのでちょっと意外でしたよ。
ヴァルグがモテモテということの象徴ですか。
同時にヴァルグは強そうな女性が好きだということもわかったような気がします。

先にも書きましたが、S3の放送も決定しているようです。
また2話分の放送かしら?
Varg Veum のシリーズは今のところ12話あるようですが、全話放送する気あるかなあ?
ヴァルグがこうなったことを語るような、過去が絡んでくるのを見たいのですけれど、そんなエピソードあるかなあ?
あれやこれやを期待しながら、放送を待ちたいと思います。
東地さん、待ってるよ♪
やっぱり「わからない」って言葉に過剰に反応してしまう…(笑)。



余談
どうでもいいことですけれど、ハムレが「イーサクセン」って部下を呼ぶじゃないですか。
これが「B作戦」と聞こえてしまい、「何の作戦実行中だったのだ?」と本気で考えてしまいました。

拍手

ザ・フォロイング #2「血の第2章」 Chapter Two

前回、ゲイカップルとナニーがキャロルのフォロワーだったというどっきりで終わりました。
今回も、パーカー捜査官の行動が謎です。
彼女、カルト教団絡みの事件を専門に捜査しているそうで、前回主導権をもっていた捜査官は、ハーディがキャロルの指を折る状況を招いたとして外されたため、彼女が呼ばれたみたいですね。
そのパーカー捜査官、キャロルにポー全集を渡した真意は何でしょう?
要求されたものを届けただけ、カルト専門捜査官としての挑戦、ハーディがキライだからキャロルに告げ口、実はフォロワー、いろいろ考えられますが、捜査官としての挑戦だと思いたいです。
だってボルジアさんが悪の仲間であって欲しくないですから。

偽ゲイカップルのジェイコブとポール、ナニーのエマの三人の関係も、なかなかでした。
キャロルを信奉しているのは一緒だけれど、お互いへの感情は複雑。
ジェイコブはエマと付き合っているようですが、恐ろしくはないのでしょうかね。
彼女が実のお母さん殺している現場にいたのに。
そこまで信奉者として同化しているということでしょうか。
ジェイコブもキャロルから、エマと同じようなこと言われてるんだろうな。
欲しているものが同じだから二人は出会った(出会わされた)のだろうし。
「あいつは何考えているかわからない」というポールの方に頷いてしまいます。
っていうか、捜査過程で落とすならポール?(笑)

拍手

パパはスパイ S1(終)

妻と離婚して息子マーカスの親権について協議中のティム。
マーカスや元妻の心証をよくしようと家電販売員の仕事を止めて公務員に転職。
しかし、公務とはMI5職員!
仕事の口外を禁じられているのでマーカスにも褒めてもらえず、そんなジレンマの中で親権の審問会が開かれたのが最終話。

販売員仲間のクリスが弁護士だったなんて!
彼の腕のおかげで審理無効で半年後の再審理となりました。
またマーカスと一緒に暮らせるし、クリスもなにやら自分の道に戻りそうでハッピーエンドなのかしら?
クリスがちゃんとしちゃうのはいやなので、質の悪い販売員はそのままで裏で弁護士くらいにしてほしい。

ティムの人はコメディ向きだと思い見たかったこのドラマ。
私的には見て正解。
元妻の彼氏(マーカスの学校の校長)、MI5の審査官、家族セラピーのポーラ等々、
どうかしすぎている人たちがたんまりで、実に愉快。
MI5の個人識別装置もどうかしていて、S2はどんなバリエーションで来るのか楽しみ。

S1で一番お気に入りだったのは、第1話の職安の人。
ティム「コンピュータ使えます」
職安「じゃあ、自分で検索してみます?(と画面を向ける仕草)」
ティム「(じゃあとばかりに手を伸ばす)」
職安「私以外の人が触っていけないのです!(と怒る)」

職安「F1は?世界中に行けますよ」
ティム「息子がいるのでだめです」
職安「ペントハウスでWEB担当募集してますよ!」
ティム「やります」
職安「息子がいるのにっ?(怒)」

全部自分が振っておいて食いついたティムに怒るという。
オネエ言葉なのもいい雰囲気でした。
公務員だとすすめたのがMI5とか、全部承知だったのではないかという気もする。
ティムが就職しちゃったからもう出番がないのはとても残念。

とうわけでS2放送前のおさらい放送に間に合ってよかった!
次からは1話ずつ楽しめそうです。
ただ、やっぱりコメディで字幕はキツイですね(苦笑)。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]